こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

「矛盾にじっと耐える力」/荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険ー第5部 黄金の風』

◎2019年11月14日(木)晴れ。

f:id:kodairaponta:20191114123318j:plain

荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険ーPARTE5 黄金の風』(集英社文庫/全10巻)

 

Kindle Oasisの使い心地が快適だ。軽い、早い、防水加工がなされているので風呂でも読める。

Kindleでは以前から読みたかった『ジョジョの奇妙な冒険黄金の風』(全10巻)をまとめ買いした。「黄金の風」は『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第5部だ。第4部「ダイヤモンドは砕けない」が大好きな私は、第5部の「イタリアのギャングの話」にどうしても入って行けず、そのうち『ジョジョ』シリーズから遠ざかってしまった。

ところが先日、CSで『ジョジョ』シリーズのアニメ(再放送)をたまたま見た。アニメのクオリティーが高かったこともあるが、あまり期待していなかった第5部が面白くてぐいぐい引き込まれていった。同時に原作が気になった。今まで「読まず嫌い」で遠ざけていたが、これはもう読まずにはいられない。

第5部「黄金の風」の登場人物たちは、主人公のジョルノ・ジョバァーナをはじめとして「失うものが何もない」という過酷な状況の中で生きている。家族に虐待されて帰る場所がなかったり、正当防衛で殺人をしてしまったり、友人の裏切りで刑務所に入れられたり、まっとうな社会からはじき出され、闇の世界でしか生きることができなくなってしまった登場人物ばかりだ。そこが今までの『ジョジョ』作品とは圧倒的に違う。

第1巻の荒木先生による「あとがき」は衝撃的だった。

人間は生まれる環境によって最初から幸せな人もいるし、もし最悪な状況の場所に生まれて来たらそういう人は、いったいどうすればいいのだろう?

第5部「黄金の風」の登場人物たちはみな、理由があって社会から外にはじき出され、そこでしか生きていけない状況におかれてしまっています。しかし、そこは完全に弱肉強食の世界で、「悪」によって包囲されていたとしたら、彼らはその場所で「正義」を貫けるのだろうか?(第1巻P311)

 本物の「悪」は実在する。本物の「悪」にリアリティーをもたせるためには、かなりグロテスクなものも描かなければならない。荒木先生は「悪」のリアリティーを表現に果敢に挑戦した。

ところがここに「週刊少年ジャンプ」編集部の「待った」がかかる。「そのページ直せ」「あそこのセリフを変更しろ」「絵を修正しろ」といった注文がものすごく多くなったというのだ。いわゆる「自主規制」によるブレーキなのだが、その圧力が半端なかったらしい。

しかもなぜダメなのかだのの説明があまりなく、中には納得いく理由がハッキリしていないのに、「とにかく規則みたいなものだから、〆切も近いし、そういう最近の出版状況なの、さっさと直してよ、後は自分で考えてね」的な態度で指導があるのだ。(P312)

そして、荒木先生は「黄金の風」のテーマ性を表現するのに大きな危機を感じ、漫画としての芸術的な発展がもうないのではないだろうかと思い悩んだという。

もちろん当時の「週刊少年ジャンプ」編集部にも言い分はあるだろうから一方的な判断はできないが、荒木先生のすごいところは、その「週刊少年ジャンプ」で「黄金の風」を完結させてしまったところだ。納得いかない思いを抱えながらも、じっと耐えて表現し続ける。これはかなりの胆力が必要だ。

そして、個人的なツイッターで不満をぶちまけるような恥ずかしい真似はせず、集英社文庫から出した『ジョジョの奇妙な冒険黄金の風』のあとがきで正々堂々と語っているところがかっこいい。

こういった姿勢には私も実に勇気づけられた。納得いかないことなんかこの世にはたくさんあるし、自分の価値観とは相いれない行動や発言をする人もたくさんいる。そんなときは「矛盾にじっと耐える力」が必要になってくる。地味で目立たない力だけど、こうした力のある人には心から敬意を表する。

先にも言った通り、「黄金の風」には、さまざまな事情から闇の世界でしか生きていけない人間ばかりが登場する。彼らも矛盾に耐えながら生きていく。しかしそんな彼らに光が当たっている。読後感はものすごくさわやかだ。第5部は重厚感のある素晴らしい作品だった。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

大学入学共通テスト/FC東京、首位奪還!/Kindle Oasis購入

◎2019年11月8日(金)晴れ。

f:id:kodairaponta:20191110103220j:plain

英語民間試験導入中止でてんやわんやの「大学入学共通テスト」だが、今度は国語や数学の記述試験も中止になるかもしれないとのこと。自己採点が難しくて、どこの大学に出願すべきか学生が迷ってしまうからというのが理由のひとつだそうだ。

かつて「大学入学共通テスト(仮称)記述式問題のモデル問題例」を解いてみたが、かなり頭を使う面白い問題だった。20字以内の短い記述にも部分点をくれるところがいい。わかりやすい採点基準だとも思ったのだが、やはり自己採点ともなるとかなり厳しめにつけてしまうんだろうか。

しかし採点基準がはっきりしているとはいえ、大量の解答用紙を採点しているうちに採点がだんだんブレてきそうだ。はじめは厳しめに採点していたのに、だんだん「これもマルでいいか」なんて甘めになってきたりというのは当然あり得ることだと思う。そちらの方が気になる。

 

◎2019年11月9日(土)晴れ。

ジュビロ磐田vsFC東京をDAZN観戦する。これがアウェイ8連戦の最後の試合となる。磐田にかなり押し込まれるシーンもあり、まさしく辛勝といった勝ち方だった。永井が最後の最後まで走りまくって守備をしているのには感激した。すごいぞ、永井。

裏では1位の鹿島が川崎に負けたため、東京は単独首位に返り咲くことができた。あとは3試合。他のチームが勝とうが負けようが関係ない。残りの3試合、勝ち続ければ優勝できる。最終節の横浜Fマリノス戦ですべてが決まりそうだ。この日は日産スタジアムに行くつもりだ。何度でも言う、今年こそどうしても優勝したいんだ!

 

◎2019年11月10日(日)晴れ。

前から気になっていたKindle Oasisをついに買った。紙の本が増え過ぎてしまったので(これでもかなり整理したのだが)、電子書籍に切り替えられるものは切り替えたい。実はAmazonで買い物をするのは初めて。(もはやそんな人、周囲にはいないのだが)活字本はもとより漫画をたくさん読みたいので、奮発して広告なし32GBのものを買った。

昨日注文したものが今日届いてしまったのには驚いた。どきどきしながら包みを開けた。軽い!嬉しくて嬉しくてたまらない。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

FC東京2位キープ/ラグビーワールドカップ日本大会閉幕/開成中学・高校学長「入試は大学のポリシーにあった多様なものにしていくべきだ」という話

◎2019年11月2日(土)晴れ。

f:id:kodairaponta:20191103222211j:plain

8時半起床。家事を片付けたあと、しばし世界史と数学ⅠAの勉強に没頭する。朝から勉強をするのは久しぶりだ。

15時から大分トリニータvsFC東京をテレビ観戦する。残り5試合。首位鹿島に勝ち点で並び、得失点差で2位のFC東京。3位は勝ち点1差で横浜Fマリノスが迫っている。優勝するには1試合も落とせない。選手が受けるプレッシャーは大変なものだろう。

徹底的につなぐサッカーをする大分に対して、前半からハイプレスを仕掛ける東京。これがハマってわずか前半7分で2点をあげることができた。これで楽勝か?と思ったが、世の中そんなに甘くない。後半は大分のターンが続き、いつ失点してもおかしくない展開になってしまった。前半飛ばし過ぎか?心臓に良くない後半だったが、なんとか0-2で乗り切り勝ち点3を手に入れた。次の試合もその次も、負けたらすぐに脱落だ。

18時からラグビーワールドカップ決勝・イングランドvs南アフリカをテレビ観戦する。南アフリカのフィジカルは圧巻の強さだった。いくらアタックされてもびくともしない壁やスクラムの強さは驚きだ。イングランドはプロップが前半早々怪我で交代してしまったのが痛かったのかもしれない。それにしても南アフリカは強かった。優勝おめでとう。

ラグビーワールドカップの日本開催が決まったときは、それほど日本代表も強くなかったから「大丈夫かな?お客さん来るんだろうか」と不安だった。数年前、森喜朗氏が「日本代表がエリスカップ(優勝トロフィー)を手にすることは未来永劫ないだろう」とついうっかり本音を言ってしまい総スカンを食らったが、「そんなのわかっているけど、それを言っちゃおしまいよ」とみんな思っていたに違いない。(ちなみに、森氏は秩父宮ラグビー場によく足を運んでいた。ラグビーを愛するひとりであることは間違いない。)そんな日本が4年前に南アフリカに勝った。そして今年はベスト8に進出。まるで夢のようだ。

残念だったのは釜石の試合が台風で1試合流れてしまったこと。しかし、中止になったナミビアvsカナダのドリームマッチを釜石でやるという計画もあるそうだ。その時は絶対に見に行きたい。どうか実現しますように。

 

*勉強日記

<世界史>

『一問一答世界史B ターゲット4000』(P66~P75)。『詳説世界史』で流れを再確認しながら、語句を完全に覚えることを目標にした。時間がかかる。

<数学ⅠA>

『数学ⅠA 基礎問題精講』(P184~P189)

久々の数学ⅠA。順列組合せをきれいさっぱり忘れているんじゃないかと不安だったが、なんとか覚えていた。よかった。

 

◎2019年11月3日(日)くもり。

8時30分起床。家事を片付け、スポーツクラブに行く。自宅に帰ってから、父親の見舞いに行く。病院まで片道1時間半はかかるので、電車の中ではなるべく本を開こうとするが・・・いつの間にか寝てしまう。いつもながら時間の使い方が下手くそすぎる。

今日の朝日新聞の朝刊に載っていた開成中学・高校学長の柳沢幸雄氏の話が面白かった。柳沢氏がハーバード大学院で教えていた時の話だ。1991年のソ連崩壊後に、リトアニアの学生から願書と手紙が届いた。TOEFLを受けたいが、リトアニアの平均月収の倍以上の受験料がかかるので受けられない。手紙の英語力で判断してもらえないか、という内容だった。教授陣で話し合い、なんと学生の入学を認めたのだという。(しっかり結果を残した学生しか卒業できないシステムだからこそできるのだろう。)

「入試ももっとそれぞれの大学のポリシーにあった、緩やかで多様なものにしていいのではないか」と柳沢氏はいう。英語民間試験を使いたい大学は使えばいいし、使いたくないなら使わなければいい。何でも一律に厳格にやろうとする必要はない、という内容だった。それにしてもリトアニア人の学生に、手紙の内容でハーバードの入学を決めたという柔軟さは素晴らしい。こういう話があるから、やはりアメリカってすごいんだなと思ってしまう。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

英語民間試験の導入延期/世界史・読書ノート

◎2019年11月1日(金)晴れ。

9時起床。洗濯やら掃除やらをバタバタとやり、久々にパソコンを開く。

2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の英語民間試験の導入が延期されたそうだ。不公平感満載の制度だっただけに、この決定は良かったと思う。

www3.nhk.or.jp

文科相のの失言が引き金になったと言われているが、もともと「民間試験導入は公平性が担保できないんじゃないかな」と思っていた人が多かったのかもしれない。

ところで、英語民間試験は「読む力」「聞く力」に加え、「話す力」と「書く力」が必要だということで導入が決定されたそうだ。でも、入試に「話す力」って必要だろうか。読む力と書く力だけではどうしてダメなんだろうか。日本語なんかもそうだと思うのだが、「読み書き」ができないのに「話す聞く」だけは素晴らしい、なんて人はいないような気がする。読解力や記述力だけで英語の学力は十分測れるんじゃないかと素人考えでは思ってしまうのだけど。

 

<世界史>

最近はあまり勉強をする時間が取れていないが、せっかくやった世界史の通史を忘れてしまうのはもったいないので、『一問一答世界史B ターゲット4000』(旺文社)と『詳説世界史』で少しずつ確認している。数日前から初めて、P65まで進めた。通史でやったはずなのに、絶望的なほど忘れてしまっている。がっかりだが、気を取り直して頑張ろう。

<読書ノート>

f:id:kodairaponta:20191101122739j:plain

ディケンズ著『デイヴィッド・コパフィールド』(中野好夫訳)第1巻読了。

母親の再婚相手とその姉に散々な目にあわされる主人公のデイヴィッド。連載漫画だったら読者が離れていきそうな展開だが、最後にやっと救いの手が差し伸べられる。いったいどうなるんだろう。わくわくしながら第2巻へ進む。

 

今日はラグビーワールドカップ3位決定戦。楽しみだ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

過去の記事の整理/読書ノート メルヴィル著『白鯨』(八木敏雄訳/岩波文庫)

◎2019年10月26日(土)晴れ。

昨日、2016年に書いた記事の整理をして「倉庫」に放り込んだ。「基礎学力勉強」にはみっちりと取り組んでいて、よくこれだけの時間が取れたなと我ながら感心する。

スポーツ観戦の記事も懐かしい。FC東京はダメダメでどんなサッカーがしたいのかぼやけているチームだったし、夫が応援する清水エスパルスはJ2で奮戦していた。ブラジルのプロサッカーチーム「シャペコエンセ」の選手・スタッフが乗った飛行機が墜落した事件もあった。ラグビー日本代表テストマッチ秩父宮に見に行っている。この時はアルゼンチンに20-54の大差で敗れている。今ならいい勝負ができるだろうに。

意外と過去の記事を見直すのは面白い。今あれこれ用事が増えてしまい、なかなか机に落ち着いて向かうことができていないが、それでも勉強したことや気づいたことなどをちょこちょこ書き綴っていきたい。今は関心を広げすぎて取っ散らかっている印象があるので、2~3科目を集中的にやることも考えている。

 

もう一週間以上前になるが、メルヴィル著『白鯨』を読了した。

メルヴィル著『白鯨』(上・中・下)(八木敏雄訳/岩波文庫

f:id:kodairaponta:20191026111458j:plain

頭のおかしなエイハブ船長が、自分の足を食いちぎった白鯨「モーヴィー・ディック」に偏執狂的な復讐心を抱いてどこまでも追いかけていくというストーリーだが、鯨の博物学的な話が延々と続いたり、捕鯨船同士がすれ違うときのしきたりについて書かれていたり、劇中劇のような体裁になったり、かなり読みにくい。おまけに最後の最後にならないと、肝心のモーヴィー・ディックが姿を現さない。

「ピークオッド号」には白人だけでなく、東洋人だの黒人だのインディアンだのさまざまな人種が乗っている。そして、たった一人を残して、みんな海の藻屑と消えてしまう。白人だけが白鯨にやられるなら「白人至上主義への批判」というまことにわかりやすいテーマとして納得できたのだが、ほぼ全員がやられてしまうとはどういうことなのだろう。白鯨とは何者なのだろう。もう少し時間をおいて再読したい。

なお「スターバックスコーヒー」の名前の元になったというスターバック一等航海士は、なかなか理性のある人として登場する。しかし彼がコーヒーが好きだという記述はこれっぽっちもない。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

自分がいいと思う、好きなものに忠実であれ。荒木飛呂彦著『荒木飛呂彦の漫画術』(集英社新書)

◎2019年10月12日(土)台風。大雨。

ここのところずっと仕事をしているか、実家の父親の入院先の病院に行くかの生活をしていたので、家でのんびり過ごすのは久しぶりだ。病院でお世話になっている看護師さんたちには本当に頭が下がる。台風でも安心して家族を任せられるってどんなにありがたいことか。

昨日は本屋さんに行って『サピエンス全史』の続編『ホモ・デウス』(上・下)を買ってきた。どこにも出かける予定はないから、ゆっくり読もう。楽しみだ。

 

「最近読んだ本」の続き。

荒木飛呂彦著『荒木飛呂彦の漫画術』(集英社新書

f:id:kodairaponta:20191012144551j:plain

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の作者である荒木飛呂彦氏が「漫画の描き方」の秘密を惜しげもなく明かしてくれる。だが、本書は漫画家志望でない読者にとっても実に面白い。荒木氏の解説は、小説や映画を読み解くときにも十分応用できるからだ。

漫画で重要な基本構造は4つ。重要な順にあげていくとこうなる。

1.キャラクター 2.ストーリー 3.世界観 4.テーマ

時代を超えて読み継がれる王道漫画は、この4つのバランスがとてもいい。どれかひとつが突出している作品は何かしらの限界があるという。

特に興味深いのがキャラクター作りだ。「キャラクターを作れ」と言われたら、普通は「性格を考えなくちゃ」と考えがちだが、性格よりも大切なことがある。それは「何をしたい人なのか」ということだ。家族や恋人や友人を守りたいのか、犯罪の証拠隠しをしたいのか、好奇心を満足させたいのか、それがはっきりしていることが一番大切なのだそうだ。

キャラクターを作る時に荒木氏は「身上調査書」なるものを作るそうだが、その項目は60項目以上に及ぶ。家族関係だとか、何に恐怖を覚えるかとか、将来の夢だとか、尊敬する人は誰かとか、ものすごく細かい。「いったいこの人、どういう人なの?」と読者に質問されるようなぼんやりしたキャラクターではダメだ。たとえ謎めいたところがあっても、作者だけは頭ではっきりとキャラクターを理解している必要がある。『ジョジョ』第三部の主人公・空条承太郎のモデルはクリント・イーストウッドだとか。荒木氏のイーストウッド熱はそこかしこに出ていて、どれだけ好きなんだろうとニヤニヤしてしまう。

それにしても驚くのは荒木氏が本をよく読み、映画をよく観ているということだ。名作といわれる漫画もよく読んでいる。そして、それらの作品のどこがいいのか(または悪いのか)をはっきり言語化できる。何が好きで何が嫌いなのかもはっきりしている。だから言葉がぼんやりしていない。とてもわかりやすい。

読者のために描く作品は読まれない。読者に読んでもらいたかったら、読者のために描くのではなく、自分のために描く作品でなければならない。逆説的なようだが、この辺も荒木氏が強調している部分だ。

「テーマ」を決めるときに絶対やってはいけないのは、自分ではたいして興味がないのに、世間に合わせて「テーマ」を設定するやり方でです。(中略)

自分が興味を持っていて、自分の心の深いところや人生に関わるものであれば、それが仮に暗いテーマで売れそうにないと思えたとしても、やはりそれを描こうと決意すべきだと考えます。ヒットするかどうかに重要なのは、必ずしも売れそうな「テーマ」ではありません。自分が「これだ」と思うテーマならどんな「テーマ」であっても、作者自身の心を打つ「キャラクター」や「ストーリー」にのせていけば、絶対におもしろい作品となって、読者に受け入れられるはずです。「漫画家になりたい」という人は、自分がよいと思うものを信じ、漫画の王道に向かって、ひたすらに歩んでいってほしいのです。(P223-224)

 もちろん最低限の絵のテクニックも重要だ。新人漫画家の作品審査をするとき、ガンマンが出てくる作品なのに銃が変だったりすると「嫌だなあ」と思ってしまうそうだ。モデルガンを、外から見るだけではわからないので「実際に分解して内部を見るといい」とのこと。漫画家は探究心の塊だ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

読書ノート ユヴァル・ノア・ハラリ著『サピエンス全史』(上・下)(柴田裕之訳/河出書房新社)

◎2019年10月6日(日)雨→くもり。肌寒い。

我が家で使っていたルーターが壊れてしまい、インターネットが使えない状態が数日間続いたため、ここに書くのも久しぶりだ。ルーターはどうみても交換してもらうしかないのだが、担当者になかなか電話が通じず、本当に難儀した。

FC東京サガン鳥栖に敗れ、首位を鹿島アントラーズに明け渡した。ラグビー日本代表サモアに快勝し(前半は危なかったが)、ベスト8まであと一歩というところまで近づいた。

 

そんな中、読んだ本が最高に面白かった。

ユヴァル・ノア・ハラリ著『サピエンス全史ー文明の構造と人類の幸福ー』(上・下)(柴田裕之訳/河出書房新社

f:id:kodairaponta:20191006211107j:plain

絶えず捕食者を恐れて暮らし、大きな獲物を狩ることは稀で、主に植物を集め、昆虫を捕まえ、小さな動物を追い求め、他のもっと強力な肉食獣が後に残した死肉を食らっていた人類は地球上でも取るに足らない存在だった。その人類のいくつかの種のひとつ、ホモ・サピエンスはなぜあっという間に食物連鎖の頂点に達することができたのか?という問いに対する考察から本書は進んでいく。

ホモ・サピエンス食物連鎖の頂点に立ったのは「直立二足歩行で脳が大きくなったから」ではないのだろうか。かつて私はそのように教わった。しかし大きな脳は、体に大きな消耗を強いるし持ち歩くのも大変だ。こんなものがサバンナでの生き残り戦略に本当に必要だろうか?言われてみればその通りだ。

この本には「なぜこの選択でなければならなかったか」という問いかけがちりばめられている。当然だと思っていたことを改めて問いかけられると「あれ?そういえばどうしてなんだろう」と首をひねることは意外と多いものだ。

歴史を学ぶ意義について、筆者はこのように言う。

歴史を研究するのは、未来を知るためではなく、視野を拡げ、現在の私たちの状況は自然なものでも必然的なものでもなく、したがって私たちの前には、想像しているよりもずっと多くの可能性があることを理解するためなのだ。(下巻・P48)

「文明は人間を幸福にしたのか」という問いかけに対する考察も圧巻だ。衛生状態が良くてモノがあふれている現在は中世と比べて幸福ではないのだろうか。しかし、それももしかすると私たちの勝手な思い込みかもしれないのだ。まだ読んでいない人はぜひ手に取って、第19章だけでも読んでほしい。ぐいぐい引き込まれるはずだ。

 

他にも読んだ本があるが、それは後日。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村