読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

「16世紀のフランス宮廷の姿がわかる小説。他人がうっかり落とした恋文を回し読みする貴族たち」 読書ノート ラファイエット夫人『クレーヴの奥方』(永田千奈訳)229日目~230日目

f:id:kodairaponta:20170525152147j:plain

ラファイエット夫人著『クレーヴの奥方』(永田千奈訳 光文社古典新訳文庫)

この本を読めば、16世紀のフランス宮廷がどんなところだったかわかる。みんなヒマだから、他人のウワサ話ばかりだ。誰かがポケットから恋文を落としたら、「この手紙は××公のポケットから落ちたものですのよ!」とみんなで回し読み。「誰からもらったのかしら、筆跡に覚えはない?」と王太子妃まで一緒になって大騒ぎしてしまう。当時、他人の手紙を勝手に回し読みすることは恥でも何でもなかったらしい。

それに男も女もびっくりするほどおしゃべりだ。結婚していても愛人を持つことは普通だったらしい。それを、黙っていればいいのに、他人に話したがる。そして無用なトラブルを招く。

また、フランス王家の人間関係も伺い知ることができて面白い。アンリ2世の妃カトリーヌ・ド・メディシスはイタリアの名家メディチ家出身だ。「彼女は王妃で、しかもイタリア人ですよ。猜疑心が強く、嫉妬深く、気位が高い」(P168)などと陰口をたたかれ、しかも夫であるアンリ2世は愛人のヴァランチノワ侯爵夫人に夢中だ。息子の嫁であるメアリ・スチュアートとも仲が悪い。孤独でかわいそうな人なのだ。

アンリ2世の愛人ヴァランチノワ侯爵夫人は、なんとアンリ2世の父親であるフランソワ1世の愛人でもあった。どうして父王の愛人が息子の愛人でもあるのか?いきさつはこうだ。

王位を継ぐはずだったご長男がトゥルノンで亡くなると王は深い悲しみに沈みました。毒殺されたという噂もあったのです。現王のアンリ様に対し、先王はご長男に示したような愛情も親密さも、おもちではありませんでした。勇敢さに欠け、軟弱なところがあると思われていたようです。ある日、先王がヴァランチノワ様に、アンリ様について愚痴を言ったところ、ヴァランチノワ様は、それなら私が王太子を誘惑してみましょうとおっしゃいました。恋をすればアンリ様も少しは前向きで愛想の良い性格になると思われたのでしょう。(P62-63)

「息子が軟弱でどうしようもないんだ」という男の愚痴に、「じゃあ、私があなたの息子を男にしてあげましょう」と答える愛人。どういう会話なんだろう?しかもフランソワ1世は、自分の愛人が息子の愛人になってしまったことに嫉妬や憎しみを感じていたというから、もうわけがわからない。 

さて、主人公のクレーヴ夫人に話を移す。この本は、恋を知らずに人妻となった彼女と、宮廷の貴公子ヌムール公とのプラトニックな恋愛の物語だ。クレーブ夫人は王太子妃メアリ・スチュワートの親友でもあり、美貌と気品にあふれ、彼女一筋の優しい夫を持ち、大金持ちでもあり、何から何まで手にしている最強の女性に見える。

彼女の唯一の弱点は、他人の嫉妬心がわからない点にある。ヌムール公に恋心を抱くクレーヴ夫人。妻がヌムール公に惹かれているのではないかと怪しむ夫。ある日、夫に「あなたは誰かほかに好きな人がいるんじゃないか」と問い詰められ、クレーヴ夫人は本当のことを告白してしまうのである。でも、なんとなく相思相愛気分を味わっているだけで、ふたりきりで会ったことはない。「私の感情のせいであなたが不快な思いをなさるのなら、何度でもお詫び申し上げます。でも、私の行為のせいであなたを苦しめることだけはないはずです」(P191)とはいうものの、こんな理屈を夫が受け入れられると彼女は思ったのだろうか。おそらくクレーヴ夫人は「いい人」すぎて、他人に嫉妬しないタイプなのだろう。自分が嫉妬しないから、他人の嫉妬心がわからない。最後に「あなたのせいで嫉妬という感情を知りました」とヌムール公に言っているが、本当だろうかと疑ってしまう。

夫は妻の告白にものすごく苦しむ。苦しんで、結局は死んでしまう。悲しみに暮れるクレーヴ夫人のところにヌムール公が恋の告白にやってくる。そこで、相思相愛だったことが初めて二人の間で確認されるわけだが、クレーヴ夫人は夫に対する贖罪の気持ちが大きすぎて、ヌムール公の愛に応えることができない。彼女はヌムール公には二度と会おうとせず、宮廷にも戻らず、一年間の半分を修道院で暮らし、残りの半分を自邸に引きこもって暮らす。

こうした彼女の姿を「稀に見る貞女の鑑」だと小説は締めくくっているが、おそらく彼女は夫を愛していたことに気が付いたのではないかと思う。自分のことを誰よりも大切にしてくれたクレーヴ公への愛情が、ヌムール公への恋心に勝ったのではないか。

優れた小説は、さまざまな読み方が可能になる。

 

今回で50作品中、3作品目のレビューを挙げた。まだまだ先は長い。 

kodairaponta.hatenadiary.jp

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

あの名作もこの名作も絶版なのか!?残念すぎる。+225日目~228日目(数学Ⅱ、日本史、化学)

f:id:kodairaponta:20170523174857j:plain

前の記事にあげた「近代小説50選」を制覇しようと思い、まずはフランス文学から手を付け始めた。『マノン・レスコー』は面白かった。『赤と黒』は面白すぎて、この後これを超える小説に出会えなかったらどうしようと不安になるほどだった。『クレーヴの奥方』も読み終えたので、次の「読書ノート」に書くつもりだ。

ところが、名作ぞろいの「近代小説50選」の中に、絶版で本屋さんでは手に入らないものがある。フランス文学だけでも、ルソー『告白』(小説ではないけれど、面白いということで桑原先生が特別にリストに入れた)、アンドレ・ジイド『贋金つくり』、マルロー『人間の条件』。バルザックの『従妹ベット』も文庫本は絶版らしい。どんなに売れなくても、名作は本屋から消えることはないと思っていただけに、ショックだ。

なかでもルソーの『告白』は、『赤と黒』の作中に名前がでてきたこともあって、絶対に読みたい。岩波文庫が復刊するか、光文社古典新訳文庫あたりが新訳を出さないだろうか?

新訳といえば、『パンセ』の塩川徹也訳が出たときに誤訳だなんだと騒いでいる人がいた。『赤と黒』の野崎歓訳にも文句をつける人がいた。新訳が出ると「誤訳だ!」と言いたがる人たちがいることを最近知った。なんだか悲しくなってしまう。私のように、フランス語も読めずフランス文学にも詳しくない一般読者は、誤訳かどうかなんてわからない。それよりも、一般読者にとっては読みやすさの方が大事だ。

他人の翻訳にあれこれ言う人たちにお願いがある。それほどフランス語やフランス文学に造詣が深いなら、ルソー『告白』の新訳を出してもらえないだろうか。一般読者は誤訳にそれほどうるさくない。むしろ、人間がやることだから多少誤訳があっても構わないくらいに思っている。ただし、塩川先生の『パンセ』のように、詳しい注釈はつけてほしい。復刊であれ新訳であれ、名作を読みたいと思っている人たちは少なからずいるはずだ。

 

◎勉強日記

<数学Ⅱ>

*「初めから始める数学Ⅱ」11th day「弧度法、sin(θ+π)等の変形、グラフ」の解説を読み、練習問題を解く。解説中の例題も解く。

*「基礎問題精講 数学ⅡB」53「弧度法」の例題のみ解く。

三角関数が面白い。あっという間に終わってしまった。円周率の定義を何も知らなかった自分自身に驚愕する。円周率とは、半径rの円の半円周lと、半径rの比のことだ。これって常識なのか?まずい。覚えておこう。

 

<日本史>

*「石川の日本史B実況中継③」第41回「列強の接近」の赤字部分に気を付けながら、流れをつかむことを心がけて読む。必要ならばノートに写す。

*「教科書よりやさしい日本史ノート」51「列強の接近」の穴埋め問題をやる。

蛮社の獄」で高野長英渡辺崋山を処罰したのは、日本にとって大損害だったのではなかろうか。去年、宇和島にある高野長英の隠れ家を訪ねたことを思い出す。

 

<化学>

*「化学基礎の必修整理ノート」P20-P27。これで第1章の「物質の成り立ち」は終わりだ。すでに理論化学の参考書は1冊やっているので、簡単な問題集は一気に終わらせたい。

*「宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)」Chapter2「水素と希ガス」を一気に終わらせる。(2-1「水素の性質」~2-3「希ガスの性質」)巻末の確認問題も解く。

無機化学とは、元素の性質をひとつひとつ覚える学問らしい。周期表と仲良くなるのは面白いかもしれない。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

「ジュリヤン=ソレルが『ほんとうのもの』を見出すまでの物語」 読書ノート スタンダール著『赤と黒(上・下)』(野崎歓訳)222日目~224日目

f:id:kodairaponta:20170518154425j:plain

f:id:kodairaponta:20170518154438j:plain

スタンダール著『赤と黒(上・下)』(野崎歓訳 光文社古典新訳文庫)

 

『赤と黒』は素晴らしい小説だった。主人公ジュリヤン=ソレルとの別れがつらくてなけてきた。ナポレオンに憧れ、自分を特別な何かだと信じ、心のままに突っ走っていくジュリヤン=ソレル。これが単なる立身出世をめざす男の野心を描いた物語だったら、話は単純だったろう。ところがジュリヤンは「ほんとうのもの」を目の前にすると、震えるほど感激してしまう魂を持っている。ブレ=ル=オー修道院の聖クレマンの美しい彫像を見たとき。レナール夫人の前で自らを偽らずにいられることの喜びを知ったとき。ジュリヤンは野心も駆け引きも忘れてしまう。

ピラール神父の誠実な人柄に心をうたれ、神父が神学校辞職に追い込まれたときは、神父に貯えがないことを心配して、自分のわずかな貯えをすべて投げ出すことで考えてしまう男なのだ。とんでもなく傲慢で自尊心が高くて、金や地位を手に入れたいと思っているのに、心の底では金持ちを見下している。本当に欲しいものが何なのかわからず、いつも怒りを抱えている。そして、ジュリヤンの探し求めた「本当に欲しいもの」は、最後の最後になって感動的な形で立ち現れてくる。

 

金も地位もマチルダという高貴で美しい女も、何もかもを手に入れる寸前で、ジュリヤンは殺人未遂事件を犯し、地下牢へと送られてしまう。そこで、ジュリヤンは、はじめて自分自身の気持ちと向き合うのだ。

真実はどこにあるのか?

宗教のなかにだろうか?だが、権力争いに一生懸命な神父たちの姿をジュリヤンは嫌というほど見てきた。彼らがさんざん乱用してきた神様なんて信じられない。聖書の中に書かれている神様も残忍で復讐に燃えていて好きになれない。

ジュリヤンは神など信じていなかった。ところが最後になって、大いなる何かに向かって救いを求めるのだ。

 

死の間際になって、自分相手に話しているときでさえ、ぼくは相変わらず偽善者のままなんだ・・・。ああ、十九世紀よ!(中略)

第一に、ぼくは誰か聞いている者がいるみたいに、自分を偽っている。

第二に、あと何日も生きていられないくせに、生きて愛することを忘れている・・・。残念ながら、レナール夫人はいない。きっと夫はもう、あの人がブザンソンに戻ってきてさらに名誉を汚すようなことを許さないだろう。

そのせいでぼくは孤立しているんだ。別に、公正で善良で万能なる神様、意地悪ではなく復讐など望まない神様がいないからではない・・・。

ああ!そんな神様がもしいるならば・・・きっと、その足元に身を投げるのだが。ぼくは当然の報いで死んでいきます、と神様にいうだろう。でもどうか、偉大なる、善良な、寛大な神様、愛するあの人を、ぼくに返してください。(P578-579)

 

『赤と黒』は、貧しい家に生まれ育ったジュリヤン=ソレルが、自分の魂を見極めるまでの物語だ。彼は司祭見習いとなり、ヴェリエール町長である貴族のレナール氏に雇われて家庭教師になる。だが当初ジュリヤンにできることといったら、聖書をラテン語で暗唱することくらいだったのだ。自分でも知識や経験がないことがわかっているから、劣等感をひた隠しにして、笑いものにならないよう注意深く振舞う。

結局、レナール邸で多くの本を読む機会があったことや、恋人となったレナール夫人にこまごまとした疑問に答えてもらうことで、ジュリヤンの世界は大きく開ける。「何よりも嬉しいことに、目を覆っていたベールが落ち、ヴェリエールで何が起こっているのかをついに理解できるようになった」(上巻P185)。レナール夫人はジュリヤンに愛を教えてくれたひとだ。

後に、ジュリヤンはパリの貴族ラ・モール侯爵の秘書となり、侯爵令嬢マチルダと恋に落ちる。だが、マチルダの自己陶酔癖の強さは強烈だ。恋の駆け引きでマチルダの心を虜にしたものの、結局ジュリヤンはマチルダのことを愛せなくなってしまう。本当に愛したのはレナール夫人ひとりだけだ。生まれ育った家では暴力を受け、愛することも愛されることも知らなかったジュリヤンが、紆余曲折を経て本当の愛を知るに至るラストはとても切ない。

 

恋愛小説というだけではなく、19世紀のフランスの雰囲気もわかって面白かった。ナポレオンが失脚し、王政復古となったものの、いつまた革命が起きて世の中がひっくり返るかわからない。「また革命が起こったら、貴族は皆殺しになるでしょう」(上巻P309)というレナール夫人の台詞にもある通り、革命が起きるということは貴族たちにとって、自分たちの生命がかかった一大事だったことがわかる。

そして、またここでもイエズス会が登場する。世俗権力と結託して謀略をめぐらし、世界征服をめざしている集団だとみなされていたことは、『パンセ』を読んでいても理解できた。実際とんでもない集団だったのか、フランス限定で大暴れしてしまったのか、この辺は詳しくないのでわからない。

 

『赤と黒』は様々な読み方ができる小説だ。誰が読んでも同じ感想しか抱かないような内容だったら、とっくに消え去っていただろう。多角的な読み方ができる小説こそ、優れているのだろうと思う。

 

桑原武夫が選んだ教養ある日本人のための必読書「世界近代小説50選」 

kodairaponta.hatenadiary.jp

  

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村 

完敗。くやしい!FC東京vs柏レイソル(J1第11節 ●1-2)+218日目~221日目(化学、世界史)

f:id:kodairaponta:20170516181009j:plain

母の日の試合は、FC東京の完敗だった。悔しいが、柏レイソルは強かった。鹿児島で清水エスパルスとの練習試合を見たときはそうでもなかったのに。すべての選手の動きが連動していて、次から次へと選手が顔を出す厄介なチームになっていた。前線からのプレスが激しかったので、こんなの後半まで続かないだろうと高を括っていたのだが・・・そうは問屋が卸さないという結果になってしまった。

東京のスタメンはこう。

FW     前田

MF  東 大久保嘉 河野

     高萩 梶山

DF 太田 丸山 森重 徳永

GK      林

 

東京だって、まったく決定機がなかったわけではない。だが柏のGK中村航輔が当たっていた。いくつかあった決定機のうち、ひとつでも決まっていたら、東京にもリズムが出てきていただろうに。柏の前線からのプレッシャーも強かった。それでも前半はうまく相手のプレスをかいくぐっていたし、丸山の裏を狙うフィードも冴えていた。逆に高萩のパスが相手に引っかかるシーンが多かったような気がする。

前半33分。柏・手塚のゴールはすごかった。無回転か?林も油断していたのだろうか?長い距離のミドルをずどんと決められ、唖然とした。0-1。柏に先制される。

これだけならまだ良かった。ところが後半が始まって1分もたたないうちに、東京はまたしても失点してしまう。右スローイングからのパスを奪われ、うまくつながれ、最後は伊東に走りこまれる。太田がカバーしていたが、伊東の足に当たったボールはそのままゴールへ。最悪の後半立ち上がりになってしまった。0-2。

ここで篠田監督は次々と交代カードを切ってくる。後半51分前田→ウタカ、後半56分河野→中島、後半61分梶山→田邉。

あとで知ったのだが、東京の中島翔哉と柏の小池龍太は従兄弟なのだそうだ。スポーツ万能の家系なんだろうな。

田邉草民はリズムを変える役割を担って出てきたようで、それなりの存在感は見せてくれた。ただ、後半になっても、柏の足が全く止まらない。ウタカは戻りオフサイドばかり取られるし、なかなか東京のペースで試合ができない。

ようやく東京に点が入ったのは、終了間際、ロスタイムに入ってからだ。

後半90分+AT3分。丸山のフィードから田邉のヘディングがドンピシャと決まった。1-2。ため息がもれた。遅い。遅すぎた。この1点がもっと早くに出ていたら、ゲームの流れは全く違ったものになっただろうに。くやしい。

まもなく試合終了の笛が鳴った。完敗。緊張感のある面白い試合だったが、負ければくやしい。それでも東京はまだ、まさかの5位だ。首位の鹿島が負けたこともあり、勝ち点差が詰まっている。次はアウェイ神戸だ。現地には行けないけれど、なんとか優勝争いに踏みとどまってくれ。

 

◎勉強日記

<化学>

*問題集「化学基礎の必修整理ノート」2「物質の成分」から3「物質の三態」(P14-19)の問題を解く。一度やったものの不正解が多かったので、「宇宙一」の無機化学編をやったあと、もう一度解きなおす。覚えることが大事だ。

*「宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)」1-7「塩基性酸化物」から1-11「酸化作用のある酸と金属との反応」を読み、練習問題もやる。これで第一章は終わりだ。

 

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継③」第41回「産業革命産業革命下のイギリスー」。流れをつかむよう心掛けて読む。

*問題集「ツインズ・マスター」39「産業革命」の穴埋め問題を終わらせる。

短いがとても面白かった。特に労働者の定義が興味深い。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

久々の勉強日記や富岡製糸場のことなど。+217日目(化学、世界史、数学Ⅱ、日本史)

f:id:kodairaponta:20170512145528j:plain

先週、群馬県富岡市に行ってきた。富岡製糸場が目当てだったが、上州富岡駅前で町歩きスタンプラリーの台紙を配っていたので、それにのっかってあちこちめぐることに。このスタンプラリーがなければ、小さな路地裏まで富岡のまちを歩くことはなかった。とてもいい企画だったと思う。昭和の雰囲気もよかったし、出会ったお店もみんなよかった。

富岡製糸場は思っていたより見ごたえがあった。ガイドツアーがあるのだが、それを含めて2時間以上はいただろうか。工女たちは劣悪な環境の中で働かされていたのかと思いきや、全然そんなことはなかったようだ。一日8時間弱の労働時間。宿舎も食費も医療費もタダ。自分たちの仕事が国を支えているという誇りもあった。工女(和田英)の手記が文庫本で売っていたのだが、買おうかどうしようか迷って、結局買わなかった。今はとても後悔している。

f:id:kodairaponta:20170512145553j:plain

そして、妙義神社。境内にたどり着くまでの石段が急すぎて大変だった。でもここも行ってよかった。

 

◎勉強日記

久々の勉強日記だ。とりあえず何をやったか列挙しておく。

<化学>

*問題集「化学基礎の必修整理ノート」序章「人間生活と化学」、1章「物質の成り立ち」(P6-13)

*「宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)」Chapter1「周期表」の1-1「周期表(その1)」~1-6「金属元素非金属元素(その2)」。巻末の練習問題も解く。

時間が空き過ぎて、以前何をやったか忘れてしまった。前回やったところをもう一度やるはめに。だが「壁塗り作戦」で覚えることはできた。

 

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継②」第40回「17・18世紀のヨーロッパ文化ー哲学・政治・経済思想・自然科学・文学・美術」

*問題集「ツインズ・マスター」38「17~18世紀ヨーロッパの文化と社会」の穴埋め問題をやる。

文化史はあまり好きではないのだが、今回は面白かった。興味を持って読んでいる本がシンクロしているからだ。「青木の世界史B」は、やっと第3巻に入る。

 

<数学Ⅱ>

*「初めから始める数学Ⅱ」10th day「一般角、三角関数の定義」

*「基礎問題精講 数学ⅡB」52「一般角」の例題のみ。

「数学Ⅰ」で三角比を学んでから、sinθ、cosθ、tanθを怖いと思わなくなった。むしろ好きかもしれない。

 

<日本史>

*「石川の日本史B実況中継③」第40回「化政文化」

*問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」53「化政文化1」~54「化政文化2」の穴埋め問題。

文化史はどうも好きになれない。しかし、尊敬する人物が出てくると突然テンションがあがる。今回の範囲では、伊能忠敬シーボルトが登場した。

誰かが評価してくれるからとか、お金になるからとか、そんなのじゃなくて、「ほんとうのことが知りたい」という気持ちに突き動かされている人に出会うと、心から尊敬の念を表さずにはいられない。こういう人々に出会うことができるから歴史は面白い。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村