こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

芸術家の基礎体力と『ジャン・クリストフ』

◎1月18日(木)晴れ。あたたかい。

カリフォルニア・ドールズ」の映画レビューをリライトして『こだいらぽんたの読書日記』に載せた。この映画は地方巡業を行っているふたりの女子プロレスラーと老マネージャーの3人の絆がキモなのに、そんなのそっちのけで、つい彼女たちの「基礎体力」の高さに気持ちが向かってしまった。ショービジネスの不健全さに立ち向かうにはそれに負けないだけの体力が必要だな、と。

 

「基礎体力」のことが頭から離れなかったのは、ロマン・ローラン著『ジャン・クリストフ』のことをどこかで考えていたからだ。ジャン・クリストフはドイツ生まれの作曲家だ。傑出した才能があるにもかかわらず、彼の性格にクセがあり、周囲の空気が読めない。自分にとっての「ほんとうのこと」以外には興味がなく、思ったこと感じたことを遠慮なく口に出してしまう。かなり怒りっぽいので、周囲の人間と衝突してばかりだ。いかにも生きづらそうな性格なのだ。

ところがクリストフは天寿を全うするまで作曲を続ける。続けることができる。周囲からの悪意にさらされたり、分かり合えた友人とや恋人と死別したり、多くの困難が彼を襲ったが、彼は生き続けることができた。頑健な肉体があったからだ。実際、小説では何度もクリストフの頑丈な肉体について言及している。辛くて悲しくて死んでしまいたいと思っても、身体が丈夫なので簡単に倒れたりしないのだ。感情な肉体に支えられ、才能も枯れることはない。クリストフは死ぬまで作曲をし続けることになる。

 

自分の奥底をみつめて創作活動を続ける芸術家の仕事は、とてもしんどいと思う。とても不健全な仕事だとも思う。自分の毒素にあてられて、自殺したくなったり、麻薬に逃げたくなったりするかもしれない。『ジャン・クリストフ』でも、才能があるにも関わらず生命力がないために、作品が書けなくなってしまう詩人が出てくる。創作活動は命がけの作業なので、文字通りの「基礎体力」がないとかなりツラい。

ロックミュージシャンでも小説家でも、年齢を重ねても長く創作活動を続けられる人は、それなりの頑強な肉体の持ち主なのではないか。『ジャン・クリストフ』を読んだ感想としてそんなふうに考えてみた。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

見ておいて損はない名作映画100選の1作目。映画:「カリフォルニア・ドールズ」

◎1月16日(火)晴れ。暖かい。

「見ておいて損はない名作映画100選」

今年は読書のみならず、映画も見たい。そこで映画を年に200本以上、しかも映画館に足を運んで見ている夫に「見ておいて損はない名作映画100」を選んでもらうことにした。100本しか選べないのはかなりしんどいと思うが、よろしくお願いします。

 

ということで、1作目。

素晴らしい映画を紹介してもらった。まさかの女子プロレスの物語だ。DVDレンタルで観たが、劇場で観れば観客との一体感を味わえただろう。ユーモアたっぷりで笑える。そして、泣ける。女子プロレスの映画で泣けるとは夢にも思わなかった。

f:id:kodairaponta:20180116184344j:plain

カリフォルニア・ドールズ

(1981)

THE CALIFORNIA DOLLS/...ALL THE MARBLES

監督:ロバート・アルドリッチ

出演:ピーター・フォークヴィッキー・フレデリックローレン・ランドン

 

本作は、ふたりの美女プロレスラー(アイリスとモリー)のタッグチーム「カリフォルニア・ドールズ」と、ピーター・フォーク扮するマネージャー(ハリー)がファイトマネーを求めて、その日暮らしを続けながら町から町へと渡り歩くロード・ムービーだ。泊まるのは安モーテル、食事はジャンクフード。移動は今にも壊れそうなオンボロ車。悪徳プロモーターにファイトマネーをピンハネされたり、泥んこレスリングをやらされ笑いものにされたり、レフリーに理不尽なジャッジをされたりと、散々な目にあってばかりだ。しかし、翌日には切り替えられる明るさが彼らにはある。

 

なんというか、つくづく「基礎体力」って大事だなと思った。基礎体力があるからこそ、明るさを持続できるのだ。女子プロレスというショービジネスで一攫千金を狙うなんて、リスクだらけの不健全な世界だ。この不健全さを引き受け、闇の中に呑み込まれないためには、どうしても健全な肉体が必要だ。

カリフォルニア・ドールズ」のふたりは、ケガに強い。リングに叩きつけられても、反則技でのどを締め付けられても、「3日で治るよ」と医者に呆れられるほど彼女たちは頑強だ。タバコは吸うが麻薬はやらない。(モリーはいろいろな薬を服用していたが、麻薬ではないようだ。しかも最後のビックマッチ直前に服用をやめている。)鉄アレイを持ってジョギングをし、オンボロ車がエンストすれば後ろから力強く押す。アイリスもモリーも本当にかっこいい。頑強な肉体に支えられた魂は、簡単にショービジネスの闇には呑まれたりはしない。周囲の闇や自分自身の闇に犯されそうになったら、基礎体力をつけるべきだ。

 

そして最後、100万ドルという賞金を賭けた「...ALL THE MARBLES(伸るか反るか)」の一発勝負が待っているのだが、このクライマックス・シーンにはグッとくる。観客を味方につけるために、マネージャーのハリーが奔走するのだ。「カリフォルニア・ドールズ」の映画レビューを見ると、アイリスとモリーのふたりがきらびやかな衣装で晴れやかに入場するシーンに感激したという声が多い。私も同じ気持ちだ。100万ドルの行方なんてどうでもいい。いや、どうでもよくないか。ファイトマネーの行方は、ぜひこの映画を観て確かめてほしい。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

ボッカッチョ『デカメロン』(十日物語)を読み始めた。

1月12日(金)晴れ。

【数学B】

『初めから始める数学B』10th day「漸化式」の残り(P147~159)をやる。

問題集『基礎問題精講 数学ⅡB』122~125の例題のみをやる。

【化学】

『鎌田の理論化学の講義』に取り掛かる。第1章「原子と化学量」を途中まで。(P8~23)

これまで『宇宙一わかりやすい高校化学』シリーズの「理論化学」「無機化学」の二冊をやり終えた。今まで化学を勉強したことがなかったので、テキストを「読んだ」というよりは「見た」という状態だ。少し気分を変えるためにテキストを替えて、「理論化学」をもう一度やり直すことにした。これまでとは違い、テキストの内容が「見たことのある景色」なので、心理的負担が少ない。

鎌田真彰著『鎌田の理論化学の講義』(旺文社)は別冊「入試に使える最重要Point総整理」が便利だ。20までしか覚えてなかった元素記号も36まで覚えることができた。周期表の縦列の覚え方も載っていて使い勝手がいい。

 

【ブログを訪問して下さっている皆さまへ】ー3

今、ボッカッチョ著『デカメロン』(平川祐弘訳 全3巻)を読んでいます。3冊ともかなりの分厚さですが、上巻の半分くらいまで読み進めました。

場所は14世紀のイタリア。ペストが猛威をふるっていたフィレンツェを抜け出し、郊外へと非難した若い10人の男女がせめて陽気に過ごそうと、ひとり一話ずつ面白いお話を語ります。それが十日続くので「デカ=10」「メロン=日」。別名、十日物語。

面白いのが、エッチな話が多いこと。たとえば、こんな話があります。ある美しいお姫様が船に乗ってアフリカのある国の王に嫁ぎに行くのですが、その船が遭難してしまい、たまたまそこを通りかかった城主に助けられます。この世のものとは思えないほどのお姫様の美しさに、城主はメロメロ。ついには、お姫様の寝室に忍び込んで肉体関係を結んでしまう。そこでお姫様は何と言ったかというと、「こんなに気持ちいいなら、無駄に拒んだりせずにもっと早くヤっとけばよかった」。その後、城主の弟がお姫様に横恋慕して兄の元から連れ去ったり、誘拐された先でも他の男に見初められたりと、お姫様はその美貌ゆえに多くの男たちから言い寄られ、そのたび「なんて気持ちいいのかしら」と、あっけなく寝てしまいます。

もちろんエッチな話ばかりではなく、お話にバリエーションがあるので、ちっとも飽きません。せっかく読み始めたので、注釈も念入りに読んでいます。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

フットボール三昧の週末。

◎1月9日(火)晴れ。暖かい。

【世界史】

『青木の世界史B講義の実況中継④』第68回「第一次世界大戦ヴェルサイユ体制」を読む。問題集『ツインズ・マスター』の該当部分(55)を解く。

【数学B】

『初めから始める数学B』10th day「漸化式(等差型・等比型・階差型・等比関数列型)」を途中まで。(P136~146)残りは後日に回す。

漸化式は一度やったが、忘れてしまったのでもう一度やるはめになった。時間をかけすぎるのは効率が悪く、もったいない。ところで、今やっていることが簡単なせいもあるかもしれないが、数学は楽しい。あっという間に時間がたってしまう。

 

先週末はフットボール三昧の週末だった。6日(土)は秩父宮ラグビー場に大学選手権の決勝戦を見に行った。帝京vs明治は21-20で帝京が優勝した。王者帝京を相手にどれだけ明治がやれるのかドキドキしながら見ていたが、まさかの善戦。「もしかするともしかするんじゃないか?」と大いに盛り上がった。後半フォワードがバテたことと、スタンドオフのキックが当たってなかったことが惜しかったかな。それにしても、帝京は強すぎる。どんな状況に追い込まれても慌てない。

7日(日)は日本平スタジアム市川大祐引退試合を見た。日韓W杯の日本代表メンバーのほとんどが集結したので、かなりの豪華メンバーだ。引退したとはいえ、みんなうまいしなにより楽しそうにボールを蹴っているので、観客の方も楽しめる。森島が前半からバテバテだったのには笑えた。後半は雨がざんざん降ってきて、冷たさに震えた。それでも1万人以上も観客が集まったのは素晴らしい。

市川選手、お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

正月早々、スゴイ本に出会ってしまった。李淳馹(リ・スンイル)著『青き闘球部ー東京朝鮮高校ラグビー部の目指すノーサイド』

◎1月6日(土)晴れ。

f:id:kodairaponta:20180105160555j:plain

【読書ノート】李淳馹(リ・スンイル)著『青き闘球部ー東京朝鮮高校ラグビー部の目指すノーサイド』(ポット出版

*正月早々、スゴイ本に出会ってしまった。創設当時は弱かった東京朝鮮高校ラグビー部がいかに強くなっていったかを、時系列に描いたノンフィクションだ。ラグビーの理念は「ひとりは全体のために。全体はひとりのために」だ。ラグビー部が強くなるまでの過程には、さまざまな人がかかわっている。あまりにも下手くそなラグビー部の練習風景を見るに見かねて、突然コーチを名乗り出てくれた元ラガーマンの日本人。練習相手がなかなか見つからない朝鮮高校に胸を貸してくれた強豪校。少しでも本物のラグビーを見せたいと、大型バスの免許を取得して選手たちを東京から花園まで連れて行った監督。感動的なエピソードに事欠かない。

東京朝鮮高校がどういうところか、といった知識も身につく。朝鮮高校は在日コリアンが自分の子どもを日本で育てるとき、自分の国の民族教育を授けるために行かせる学校だ。だから韓国籍だけでなく、朝鮮半島にルーツを持つ日本国籍の生徒もいる。

自分の無知をさらすようで恥ずかしいのだが、私は朝鮮高校を「北朝鮮国籍の学生が行く学校」なのだと思い込んでいた。ところが、そもそも北朝鮮と日本は国交がないので、北朝鮮国籍の人は日本に定住していないのである。「朝鮮」という”国籍”は、戦前、朝鮮半島からやってきた人々に便宜的に与えられたものだ。戦後、「朝鮮」から「韓国」に国籍を改める者もいる一方で、「朝鮮」籍のまま変更を行わない者もいた。現在「朝鮮」籍を持つ人は、韓国籍への変更を行わなかった無国籍の人たちなのである。

 

【ブログを訪問して下さっている皆さまへ】ー2

年末に読んだ中村敏雄著『オフサイドはなぜ反則か』に引き続き、『青き闘球部』も読了しました。これらの本は、家の近所にできた「こだわりの本屋さん」で買ったものです。たまたまふらりと店の中に入り、たまたまフットボールが好きなので買ってみたのですが、どちらもびっくりするほど素晴らしい本でした。独立系本屋さんだけに、置いている本に独自のこだわりが感じられます。店主自らが選び抜き、いいと思える本しか置いていないのでしょう。この書店で買った村上春樹著『走ることについて語るときに僕の語ること』も面白いです。

明日は秩父宮に全国大学ラグビー勝戦を観に行きます。その後、清水にクルマを飛ばし、翌日は日本平スタジアム市川大祐引退試合を観に行く予定です。今年もフットボール三昧の日々になりそうです。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

ブログを訪問して下さっている皆さまへ

◎2018年(平成30年)1月3日(水)晴れ。風が強い。

【ブログを訪問して下さっている皆さまへ】ー1

毎朝、家の窓をすべて開け放して掃除をしていますが、今日は特に風が強くて寒いです。正月の東京は雪がちらついたそうですが、静岡県清水の正月は比較的暖かく感じました。静鉄から大きな紫色の富士山がくっきりと見えて素晴らしかったです。

さて、このブログですが、2018年から少し書き方を変えるつもりです。2016年10月~2017年12月の記事は倉庫に格納しました。ただし、桑原武夫先生推薦の「近代小説50選」を読み切ることはライフワークの一部なので、この記事は残しています。

これまでと同様、基礎学力をつけるべく、高校生が使っている参考書を中心に勉強することは続けていこうと思っています。私は現状パートで働いているにすぎず、たいした仕事をやっているわけではないので、知的世界で自分なりの器を意識的に作って行かないと、自分のやれること考えることがどんどん狭まってしまうからです。特に資格を取ろうとか、収入に結びつくからという目的があるわけではないのですが、長い目で見てそれほどマイナスにはならないでしょう。読書とフットボール観戦にも全力を傾けたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

 

*年末は友人夫婦と一緒に築地場内に行った。混んでいるのは場外ばかりで、場内は例年に比べ空いていたように思う。年が明けてからは、新静岡セノバオリエント急行殺人事件を見る。ケネス・ブラナーのポワロはデヴィッド・スーシェのような愛嬌はないものの、これはこれで魅力的だと思った。結末ははじめから知っているものの、けっこう楽しめた。とはいえ、ポワロシリーズの中でこの話はあまり好きではないので、別の話でぜひ見たい。

2日は秩父宮ラグビー場全国大学ラグビー選手権の準決勝2試合を見た。明治vs大東文化はどちらもミスが多かった。帝京vs東海は締まったいい試合だったが、王者・帝京の強さは盤石で、東海ですら歯が立たない印象だった。7日決勝は明治vs帝京だ。明治はどこまで帝京に食らいつくことができるだろうか。

デフォー著『ロビンソン・クルーソー』<下巻>(平井正穂訳・岩波文庫を読了した。あまり読まれていないという『ロビンソン・クルーソー』続編だ。木彫りの偶像を拝んでいるモンゴル人に対して、「偶像崇拝は野蛮である」と決めつけ、村全体に火を放ち、村人たちの神様を破壊しまくるロビンソン・クルーソー。はじめは村人たちの大虐殺をも辞さない考えだったが、たまたま旅を共にしていたスコットランド人に止められている。その理由は人道的なものではなく、村が広すぎるからだ。「この村だけではなく、やろうと思えばここからほとんど百マイルにわたって始末しなければなりませんよ」(下巻 P467)ピューリタンとは、他者に対してこんなにも不寛容なのだろうか。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

桑原武夫が選んだ教養ある日本人のための必読書「世界近代小説50選」+201日目~203日目(数学Ⅱ、日本史)

f:id:kodairaponta:20170428162208j:plain

昨年、家の断捨離を敢行し、不必要なものを徹底的に捨てまくった。すると、まさかというところに、まさかというものが見つかるものだ。タンスの奥の方から、なんと本が出てきた。桑原武夫著『文学入門』(岩波新書)だ。初版は1950年。学生時代に買ったと記憶している。この頃の私は、基礎学力が根っから欠如しているせいもあって、本が全く読めなかった。でもそんな自分を恥ずかしいとは思っていたので、この本を買ってなんとかしたかったのだろう。それからずーっと暗闇の中にいて、本が読めるようになったのは40歳になってからだ。

『文学入門』の巻末には「世界近代小説50選」が載っている。桑原先生が教養ある日本人の必読書として挙げたものだ。(表記が古いものもあるが、そのまま記す。)

 

イタリー 

1.ボッカチオ『デカメロン

スペイン

2.セルバンテスドン・キホーテ

イギリス

3.デフォオ『ロビンソン漂流記』

4.スウィフト『ガリヴァー旅行記

5.フィールディング『トム・ジョウンズ』

6.ジェーン・オースティン高慢と偏見

7.スコット『アイヴァンホー』

8.エミリ・ブロンテ『嵐が丘

9.ディケンズ『デイヴィド・コパフィールド』

10.スティーブンスン『宝島』

11.トマス・ハーディ『テス』

12.サマセット・モーム『人間の絆』

フランス

13.ラファイエット夫人『クレーヴの奥方』

14.プレヴオ『マノン・レスコー

15.ルソー『告白』

16.スタンダール赤と黒

17.バルザック『従妹ベッド』

18.フロベールボヴァリー夫人

19.ユゴーレ・ミゼラブル

20.モーパッサン女の一生

21.ゾラ『ジェルミナール』

22.ロラン『ジャン・クリストフ

23.マルタン・デュ・ガール『チボー家の人々

24.ジイド『贋金つくり』

25.マルロオ『人間の条件』

ドイツ

26.ゲーテ『若きウェルテルの悩み』

27.ノヴァーリス青い花

28.ホフマン『黄金宝壺』

29.ケラー『緑のハインリヒ』

30.ニーチェ『ツアラトストラかく語りき』

31.リルケ『マルテの手記』

32.トオマス・マン『魔の山

スカンヂナヴィア

33.ヤコブセン『死と愛』

34.ビョルンソン『アルネ』

ロシア

35.プーキシン『大尉の娘』

36.レールモントフ『現代の英雄』

37.ゴーゴリ『死せる魂』

38.ツルゲーネフ『父と子』

39.ドストエーフスキイ罪と罰

40.トルストイアンナ・カレーニナ

41.ゴーリキー『母』

42.ショーロホフ『静かなるドン』

アメリカ

43.ポオ短編小説『黒猫』『モルグ街の殺人事件・盗まれた手紙他』

44.ホーソン『緋文字』

45.メルヴィル『白鯨』

46.マーク・トウェーン『ハックルベリィフィンの冒険』

47.ミッチェル『風と共に去りぬ

48.ヘミングウェイ武器よさらば

49.ジョン・スタインベック『怒りのぶどう』

中国

50.魯迅阿Q正伝狂人日記他』

 

何冊かは読んだ。でも「読書ノート」はつけていないので、ところどころ忘れている。それに、読んでいないものの方が圧倒的に多い。名前さえ知らなかった本も多い。この50冊を読もう。すでに読んだ本も再読しよう。桑原先生の本に思いがけなく出会ったのも、何かの縁のような気がする。

 

◎勉強日記

<数学Ⅱ>

「初めから始める数学Ⅱ」9th day「軌跡、領域、領域と最大・最小」の解説を読み、練習問題を解く。

図をみるとうんざりしてしまうのは条件反射だ。しかし、よくよく解説を読んでみると思ったほど難解なわけではない。そのうちリミッターは外れるのだろうか。

P106「アポロニウスの円」という名前がロマンチックだ。ギリシア神話に出てくる神様か?と思って調べたら、紀元前200年頃に実在したギリシャの数学者・天文学者の名前だそうだ。

不等式で領域を示す問題や、領域の最大値・最小値を求める問題も面白かった。図で表すと「見える世界」になるところがいい。

   ↓

問題集「基礎問題精講 数学ⅡB」の43「軌跡(1)」~51「領域内の点に対する最大・最小」の練習問題のみを解く。範囲は広いが、これを終わらせれば第3章「図形と式」を終わらせることができる。頑張って解く。

ところが、すらすらと解けない。46「軌跡(Ⅳ)」は自力で解けず、解答を見ながら手順を確認することになった。

47「軌跡(Ⅴ)」の「(y-2)m+(x-2)=0 は直線 y=2 と一致することはないので・・・」の記述にしばしとまどう。どうしてだ? そこで「初めから始める数学Ⅱ」を見直したところ、90ページに説明がきちんと書いてあった。読んで理解したつもりでもすぐに忘れてしまう。

領域の問題も理解度がどうもあやふやだが、とりあえず手順を覚えることにする。

 

<日本史>

「石川の日本史B実況中継③」第39回「文化・文政時代・天保の改革」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

時代は19世紀に突入。江戸地回り経済圏が発達し、大坂の地位が低下してくる。

天保の改革を行った水野忠邦はどうも好きになれない。寛政の改革松平定信はしっかりとした知識に支えられた人物という感じがした。しかし水野忠邦は、物価が高いのは商人が物価を釣り上げているからだとばかりに「株仲間解散令」を出したり、大名たちから豊かな土地を取り上げる「上知令」を出したり、やっていることが短絡的で、あまり学問をしてこなかったのではないかという気がする。水野忠邦も私ごときに言われたくないと思うが。また、無茶苦茶な政策を取らざるを得ないほど、幕藩体制にほころびが見えてきた時代だったのかもしれない。

そして、いよいよ薩摩藩長州藩の登場だ。特に長州藩が商社活動を始めていたことに驚く。下関で他国からの積み荷を買ったり、資金を貸し付けて儲けたり。また、他国が専売制を強化している一方、長州藩は専売制を緩和して、農民のやる気を起こさせている。長州には新しさを感じる。

韮山反射炉を作った、江川太郎左衛門(胆庵)の名前も出てくる。かつて韮山反射炉に行ったとき、江川太郎左衛門に関する資料が展示されている「江川邸」にも寄ったのだが、これがものすごく面白かった。幕府にも優秀な人材はいたのだ。

   ↓

問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」50「経済の発展と経世論」1~3、52「天保の改革と雄藩の台頭」の穴埋め問題をやる。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村