こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

日本100名城めぐり。兵庫・大阪の旅。

4泊5日で兵庫・大阪旅行に夫と行ってきた。日本100名城スタンプ集めを数年前からしているが、今回の旅で合計56個達成。やった!完全制覇まであと44個だ。 それにしても暑かった。移動はレンタカーを使ったものの、城の中や城下町を歩き回っているうち、す…

内モンゴルと外モンゴルはどうやって生まれたか。

『詳説世界史研究』『詳説日本史研究』を読むときは、まずノートに目標を書く。一回の分量は最低20ページを目標にしている。1つの小見出しの内容をていねいに読み、『書き込み教科書』で該当部分の穴埋め問題をやる。(気づいたことがあれば、簡単なメモは取…

「学問を志すのに遅すぎることはない。それよりも時が満ちるのを待とう」長澤信子著『台所から北京が見える』(講談社)

◎8月1日(水)晴れ。暑い。 年を取ってから勉強したくなった人、「若い頃に勉強しておけばよかった」と後悔している人に、超おすすめの本がある。語学を勉強する人にもぜひ読んでもらいたい。 長澤信子著『台所から北京が見える』(講談社) 「語学は早いう…

松本清張著『昭和史発掘』全9巻読了。この本で「二・二六事件」の全貌がわかる。

◎7月30日(月)くもり時々晴れ。 松本清張著『昭和史発掘』全9巻を読み切った。「二・二六事件」に関わるさまざまな資料が淡々と並べられていて、それだけに迫力があった。 一番ぞくっときたのが、軍司令部が将校たちに自決を促した場面だ。「全員自決」が必…

長時間机に向かうには。

◎7月25日(水)晴れ。暑い。 長時間机に座っていると、首や肩が痛くなってきて集中力が続かないので、少し工夫をすることにした。机に向かうのは70分とする。70分たったら10分間休む。その後また70分机に向かい、10分間休んで・・・の繰り返し。こうしてメリ…

『詳説世界史研究』『詳説日本史研究』20ページずつ読むって、半端ないって!

◎7月22日(日)晴れ。暑い。暑すぎる。 J1リーグが再開してから、初めての味スタだ。スタジアムに着いたとたん、汗が滝のように流れて止まらなくなってしまった。とにかく暑すぎる。 FC東京vs横浜F・マリノスは5-2で東京の快勝だった。クリーンシートで終わ…

今年の夏の目標は『詳説世界史研究』『詳説日本史研究』読破。

◎7月21日(土)晴れ。暑い。暑すぎる。 『こだいらぽんたの読書日記』に、司馬遼太郎著『国盗り物語』(2)斎藤道三<後編>のレビューを書く。『国盗り物語』は過去にも読んだことがあるが、読みっぱなしでちっとも内容を覚えていないことに気づく。もった…

宮城(皇居)占拠未遂事件。首相の身代わりとなった老人。夫を救った妻の機転。2・26事件はドラマのような実話だった!

松本清張著『昭和史発掘』<7>(文春文庫) 松本清張著『昭和史発掘』も第7巻まで進んだ。ついに二・二六事件に突入。青年将校たちが重臣たちをどのように襲撃したか克明に描かれていて、その迫力に息をのむ。 岡田啓介首相と勘違いされて殺されたのは、岡…

読書ノート二冊。司馬遼太郎著『国盗り物語』(1)/古市憲寿著『古市くん、社会学を学び直しなさい!』

司馬遼太郎著『国盗り物語』(1)斎藤道三<前編>(新潮文庫) 司馬遼太郎著『国盗り物語』(1)を、読書ブログ(こだいらぽんたの読書日記)を書く目的でじっくりと読む。久々に読んだが、圧倒的に面白い。司馬遼太郎の代表作は『竜馬がゆく』のイメージだ…

やはりワールドカップは面白い。

◎6月30日(土)晴れ。暑い。 ワールドカップはやはり面白い。いつもサッカーを見ていない人とサッカーの話ができるなんて不思議な気持ちになる。 私は日本はもちろんのこと、韓国も応援していた。チャン・ヒョンスはFC東京のキャプテンだし、他にも日本でプ…

「一人一殺」井上日召ゆかりの大洗町護国寺へ。

◎6月16日(土)くもり。肌寒い。 水戸ホーリーホックvs大宮アルディージャの試合を見に行く前に、大洗町にある「明治と幕末の博物館」に行ってきた。その隣にある護国寺に井上日召の銅像があると聞いて、立ち寄ることに。井上日召は日蓮宗の坊さんだ。そして…

スマホをほとんど見なくなった件/読書ノート 松本清張著『点と線』/世界史、数学Ⅲ

6月14日(木)くもり。たまに晴れ間。 スマホの料金プランを、使用したデータ容量に合わせて支払うプランに変更してから数か月たつ。このプランにしてから、月に1GB以内のデータ使用料で収まるようになった。というか、ほとんどスマホを見なくなってしまっ…

横浜フリューゲルス消滅から20年。

◎6月2日(土)晴れ。 フットボールチャンネルの連載記事「フリューゲルスの悲劇:20年目の真実」を読んで、涙が止まらなくなってしまった。 かつて、横浜フリューゲルスというJリーグのクラブがあった。1998年10月29日に横浜マリノスとの合併報道があり、199…

「日本の黒い霧」いろいろ。

◎5月31日(木)くもり たまに小雨。 仕事帰りにいつものごとく、本屋さんに寄ってしまった。以前から読みたかった、松本清張著『日本の黒い霧』(上・下)を買う。「帝銀事件」だの「下山事件」だの、題名を見ただけでぞくぞくしてしまう。(「帝銀事件」は…

OPEC「石油輸出国機構」の”O”はオイルの略なのかと思っていた件。

◎5月25日(金)晴れ。 やっと数学Ⅲに入った。楽しみがひとつ増える。数学Ⅲはぐっとレベルアップするそうだが、ついていけるだろうか?しかし、解説を舐めるように読み込めば何とかなりそうな気もする。 『初めから始める数学』シリーズがなければ、数学ⅠAも…

真相究明してほしいのはサッカーも同じ。

◎5月22日(火)晴れ。 公式戦15連戦を終え、Jリーグ(J1)がロシアW杯のために中断期間に入る。でも、ちっともワクワクしない。ハリルホジッチ監督の解任劇がどうしても釈然としないからだ。「1%でも勝つ確率をあげること、それが私の責任」「日本らしい、…

「天皇機関説」の美濃部達吉は本物の知識人だった。 読書ノート 松本清張著『昭和史発掘』<4>

◎5月19日(土)くもりっぽい晴れ。 複数の喫茶店をうろうろしながら、5時間くらいぶっ続けで読書。『昭和史発掘』第4巻を読み終わり、『昭和史発掘』第5巻に入る。 本を読むときは、上の余白に書き込みをしたり、線を引いたりする。書き込みをしないと、つい…

50歳までに結婚したことがない人は、男性で約23%、女性で約14%。

◎5月18日(金)晴れ。暑い。 本屋さんで、神田邦彦著『現代文 標準問題精講』(旺文社)を買う。相変わらず本は読んでいるものの、自分があまり読もうとしない類の文章にも目を通してみたいので。さっそく一問目。福岡伸一『世界は分けてもわからない』を読…

『ナビゲーター世界史B ④』を一気に終わらせる。

◎5月13日(日)激しい雨。肌寒い。 例によって、サッカー三昧の週末。昨日(5月12日)は清水エスパルスvs湘南ベルマーレの試合を日本平で見る。4-2で清水が勝利したが、快勝とまではいかなかった。クリーンシートで終わらせたかった。 東京に戻った翌日は味…

見ておいて損はない名作映画100選の7作目。映画:仁義なき戦い

「見ておいて損はない名作映画100選」の7作目。 GWに広島旅行に出かけ、あまりにも楽しかったので、そのノリでDVDを借りた。ずっと気になっていた作品だったが、やっと見ることができた。 7作目。 仁義なき戦い(1973/日本)監督:深作欣二出演:菅原文太/…

Jリーグ15連戦の異常なスケジュールはなんとかならないのか?

◎4月29日(日)晴れ。暑い。 *先日、学生時代の友人と久々に会った。気がおけない仲間どうし、いろいろなことを正直に話せて楽しかった。 彼女は都立高校で補習授業の講師をしていたそうだ。そんな仕事があったとは知らなかった。石原都政の頃は補習専門の…

非正規労働者(パート)の心に響くこと、響かないこと。

◎4月20日(金)晴れ。暑い。 鎌ヶ谷で行われているイースタン・リーグ「日本ハムvsロッテ」をCSで見ながらこのブログを書いている。そうしたら、清宮幸太郎がホームラン!しかも二本も打ってくれた。私は東京ヤクルトスワローズのファンだが、清宮のことは応…

『新版ナビゲーター世界史B』を現代史から読み始める。

◎4月12日(木)晴れ。暑い。 *勉強日記 <世界史> 今回から、鈴木敏彦著『新版ナビゲーター世界史B』シリーズ(山川出版社)に着手することにした。全4巻。普通なら第1巻から順序良く読み進めるべきなのかもしれないが、どうしても現代史からやりたいので…

数学ⅡB終了。次回からは数学Ⅲだ!

◎4月5日(木)くもり。少し寒い。 *勉強日記 <数学B> 『初めから始める数学B』第4章「確率分布と統計的推測」を終わらせる。(12th day「確率分布と期待値・分散・標準偏差」~15th day「統計的推測」) 勉強日記を書くのが久しぶりなだけで、これだけの…

芥川龍之介の死の真相がすごい。 読書ノート 松本清張『昭和史発掘』<1>

◎3月28日(水)晴れ。暑い。 *今、松本清張のノンフィクション『昭和史発掘』第1巻を読んでいる。「うわっ、こんなことがあったのか」という驚きの連続で圧倒的に面白い。 中でも『芥川龍之介の死』に興味を引かれた。服毒自殺をはかり、36歳で死んでしまっ…

水戸ホーリーホックがまさかの首位!FC東京もリーグ戦初勝利。やはりサッカー三昧の週末。

◎3月18日(日)晴れ。 *2日連続サッカー観戦の日。昨日は水戸ホーリーホックvsレノファ山口を見に行った。 3-0で水戸が圧勝。まさかの首位だ。長谷部茂利新監督のチームは初めて見たが、誰ひとり守備も攻撃もさぼらないいいチームになっていた。大宮やセレ…

幕府も薩長も外国の介入を許さなかったからこそ、戊辰戦争の犠牲は少なくて済んだ。(『大日本史』より)

◎3月8日(木)雨。寒い。 *2月24日(土)にホーム開幕戦を迎えて以来、FC東京はリーグ戦で1分1敗。昨日のルヴァンカップも横浜Fマリノスに負けてしまった。 とはいえ、リーグ戦の内容は悪くない。(カップ戦は見ていないから何ともいえないが。)流れの中か…

読書ノート ボッカッチョ著『デカメロン』<中>(平川祐弘訳/河出文庫)+古本屋に行ったことなど。

◎3月4日(日)晴れ。あたたかい。 *最近、日常生活も仕事もバタバタしていて、なかなかパソコンを開く時間がなかった。確定申告もあるし、車検もあるし。でも読書だけはやめられない。 一週間以上前になるが、ボッカッチョ著『デカメロン』の中巻(平川祐弘…

見ておいて損はない名作映画100選の6作目。映画:流れる

「見ておいて損はない名作映画100選」の6作目だ。 幸田文の原作も改めて再読したが、原作の小説よりも映画の方が断然いい。異論は・・・認めようか? 6作目。 流れる(1956/日本)監督:成瀬巳喜男出演:田中絹代/山田五十鈴/高峰秀子/杉村春子/岡田茉…

日本史を掘り下げて知りたい人に超おすすめ! 野島博之著『三行で完全にわかる日本史』

◎2月16日(金)晴れ。 面白い本が出た。「この本を読めば日本史のアウトラインがだいたいわかる」という初学者用の本は数多くでているものの、初学者もマニアックな日本史ファンも両方楽しませてくれる本にはなかなか出合えない。 日本史に少しでも興味を持…