こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

最後の意地を見せてくれ、FC東京。(279日目~280日目)

◎10月21日(土)雨 *FC東京vsコンサドーレ札幌の試合観戦。いつもの2階上層部の真ん中に陣取る。前回札幌ドームで負けたので今回こそは・・・。しかしその願いもむなしく、東京は1-2で敗れた。 9月10日に篠田監督が「退任」して安間監督代行になってから、…

久々の勉強日記。+278日目(日本史、化学、世界史)

◎10月20日(金)雨 *久々の勉強日記。これはこれで楽しい。 <日本史> *「石川の日本史B実況中継④」第59回「昭和恐慌・協調外交」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。 *「教科書よりやさしい日本史ノート」86「昭和恐慌」…

コメントへのお返事です。

10月19日(木)にいただいたコメントへのお返事です。

「子どもの早期英語教育は、日本語読解力の低下を招く」 読書ノート 榎本博明著『その「英語」が子どもをダメにする』(276日目~277日目)

◎10月18日(水)晴れ 夜遅くから雨 *読書ノート 榎本博明著『その「英語」が子どもをダメにする』(青春新書インテリジェンス) 子どもの早期英語教育は百害あって一利なし、ということをさまざまなデータを用いて解説した本だ。日本語力があやふやなときに…

水戸でサッカー観戦。大洗町副町長の挨拶が良かった件。(272日目~275日目)

◎10月14日(土)雨 *水戸ホーリーホックvsファジアーノ岡山の試合観戦。試合前、大洗町副町長の挨拶があった。「岡山は勝ち点49で11位。水戸は勝ち点48で12位。今日の勝敗で順位が入れ替わるかもしれないという、大事な一戦です!」と、直近の水戸の状況に…

エビングハウスの忘却曲線。せっかく覚えても1日で74%も忘れてしまうなんて。(269日目~271日目)

◎10月11日(水)霧っぽい曇り *仕事と読書の日。最近、食事に野菜が足りていないような気がする。明日、野菜炒めでも鍋でもなんでもいいから、たくさん食べよう。 *足りていないといえば、「基礎学力」勉強時間も足りていない。人間は忘れっぽい。エビング…

コメントへのお返事です。

10月12日(木)にいただいたコメントへのお返事です。

齢50で、19歳年下の師匠に弟子入りした伊能忠敬を思う。(267日目~268日目)

◎10月9日(月)晴れ *ここ数年、職場の最寄りの近くのカフェで読書をしてから、仕事に行くことにしている。時間が限られているせいで、とても集中できる。 最近はロマン・ローランの『ジャン・クリストフ』を読んでいる。4分冊あるが、今読んでいるのは第…

福島県南会津郡只見町をめぐる旅。(264日目~266日目)

◎10月6日(金)曇り *朝9時30分、福島県南会津郡只見町に向けてクルマで出発。「日本100名城」のスタンプを集めているので、まずは会津若松城に行った。ここでやっていた「戊辰前夜」という企画展が良かった。特に、孝明天皇が松平容保に下賜された宸翰(し…

「読書感想文の書き方」への提案。(262日目~263日目)

◎10月4日(水)曇り時々晴れ *読書感想文の宿題に苦労している学生が多いせいか、ネットでは「どんなふうに読書感想文を書けばいいんですか!?」とか、悲鳴のような質問が飛び交っている。需要があるからなのか「読書感想文指南サイト」みたいなものもたく…

上昇志向が強すぎる子供の問いかけに何と答えるべきか。(260日目~261日目)

◎10月2日(月)曇りのち雨 *職場に行く前に、最寄り駅の駅そばで腹ごしらえ。月見そば360円。カウンターしかない小さなお店だが、女性3人がてきぱき働いていて気持ちよかった。 駅そばといえば、クルマの中で聞いた高田郁の短編「ムシヤシナイ」の朗読を思…

せっかく学ぶ意欲があるのに学べないなんてもったいない。(255日目~259日目)

◎10月1日(日)晴れ *朝日新聞朝刊17面「学び直ししたいけど」。大学で学び直しをしたいと考える社会人が増えている。そこに立ちはだかるのが費用と時間の壁だという。せっかく学ぶ意欲があるのに、なんだかもったいない。定員割れで経営がおぼつかない大学…

赤ちゃんパンダの名前はシャンシャン。名前を当てた人はどこから思いついたのか?+251日目~254日目(日本史、化学、世界史、数学B)

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が「シャンシャン(香香)」に決まった。私が応募した「ミンミン(明明)」はかすりもしなかった・・・残念。最終候補に挙がった8点は「シャンシャン」「レンレン」「ヨウヨウ」「マオマオ」「シンリー」「ルールー」「シ…

「『もっとも読まれていない名作のひとつ』は本物の名作だった!」 ロジェ・マルタン・デュ・ガール著 『チボー家の人々(12)』『チボー家の人々(13)』(246日目~250日目)

ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々(12)ーエピローグⅠー』『チボー家の人々(13)ーエピローグⅡー』(山内義雄訳 白水Uブックス) 『チボー家の人々』第12巻と第13巻「エピローグ」は、第一次世界大戦終結を目前とした1918年5月から始まる…

「編集者や校閲者のチェックがきいている情報は信用に値する。」 読書ノート 池上彰・佐藤優著『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社)+241日目~245日目(日本史、化学、世界史、数学B)

池上彰・佐藤優著『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社) 発売日にこの本を買ったものの、9ヶ月間ずっと積読状態だった。なぜなら、本の中で「重要だと思われる部分」にあらかじめ線が引いてあり、それが1ページの中に何か所も存在して読…

「死が身の回りから遠ざかっている今だからこそ、この本を読んでもらいたい。」 ロジェ・マルタン・デュ・ガール著 『チボー家の人々(11)一九一四年夏Ⅳ』(236日目~240日目)

ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々(11)一九一四年夏Ⅳ』(山内義雄訳 白水Uブックス) 「一九一四年夏」の最終巻だ。月並みな感想で申し訳ないが、戦争だけは絶対に避けなければならない「悪」だと思った。「ふつうの生活」ができなくなる…

韓国と北朝鮮のサッカー合同ナショナルチームができたなら。+234日目~235日目(日本史、化学、世界史、数学B)

サッカー日本代表がW杯出場を決めたが、その裏で韓国代表もW杯出場を決めた。韓国は日本以上に危なかったけど、ライバルである韓国が出てこないと面白くないと思っていたから、(おまけに韓国が予選敗退すると、次回のW杯アジア予選で同組になりそうで面倒だ…

「普通の人々が、どのように戦争に引き込まれていったのか。そのリアルさに震える」 ロジェ・マルタン・デュ・ガール著 『チボー家の人々(10)一九一四年夏Ⅲ』(228日目~232日目)

ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々(10)一九一四年夏Ⅲ』(山内義雄訳 白水Uブックス) フランス国民の大多数は戦争反対だった。誰しも戦場で殺し合いなんてしたくなかった。ところがいつの間にかずるずると戦争に引き込まれ、「領土保全の…

コメントへのお返事です。

8月31日(木)にいただいたコメントへのお返事です。

自分のチームを持つサポーターは、日本代表にそれほど関心がないという件について。+223日目~227日目(日本史、化学、世界史、数学B)

Jリーグやその下のカテゴリーで自分の好きなチームを持っている人は、サッカー日本代表にはあまり関心がない。もちろん応援はするし、日本代表がW杯で活躍してくれれば嬉しいには違いないのだけれど、一番大事なのは自分のチームだけだ。 もちろん、自分のチ…

「第一次世界大戦はどうしても避けられなかったのか?」 ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々(9)一九一四年夏Ⅱ』(218日目~222日目)

ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々(9)一九一四年夏Ⅱ』(山内義雄訳 白水Uブックス) 第一次世界大戦は避けられなかったのだろうか。避けられたとすれば、どのような手立てがあったのだろうか。当時のフランス人たちは「戦争なんて起きる…

田舎舘村の田んぼアート@青森県+313日目~317日目(日本史、化学、国語、世界史、数学B)

田舎館村の田んぼアート。上から色を塗っているわけではなく、色違いの稲を植えることで作られている。多くの人が展望台に立ち寄っていたし、「道の駅いなかだて」にも観光客が足を運んでいたし、この企画は大成功だと思う。展望台には過去の作品の写真が展…

ダムの貯水状況が気になる。+312日目(日本史、化学、国語、世界史、数学B)

東京は毎日雨が降っていて肌寒い。これなら水不足も解消しただろう!と思い「国土交通省関東地方整備局」のホームページを見ると、荒川水系4ダムのうち2ダムがまだ平均値を割っている。利根川水系8ダムは余裕だ。ダムの貯水状況はリアルタイムで見られる…

「なぜ第一次世界大戦は起きたのか。当時のヨーロッパの雰囲気がわかる一冊」 ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々(8)一九一四年夏Ⅰ』(308日目~311日目)

ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々(8)一九一四年夏Ⅰ』(山内義雄訳 白水Uブックス) 1914年6月28日サラエボで、オーストリア次期皇帝フランツ・フェルディナントがセルビア人青年に暗殺された。この事件がなぜ、どのようにして人類史上初…

フランスのテレビドラマ『レ・ミゼラブル』が素晴らしかった件。+305日目~307日目(日本史、化学、世界史、数学B)

最近、映画館で映画を見ていない。私が最後に観た映画は、ヒュー・ジャックマン主演の『レ・ミゼラブル』だ。(去年の正月に見たような覚えがある。ということは、どれだけ映画から遠ざかっているのやら。)私は最後まで楽しく見たのだが、友人に言わせれば…

「読書会」に初参加してみた。+301日目~304日目(日本史、国語、化学、世界史、数学B)

先日「読書会」というものに初めて参加してみた。読書会には、参加メンバーがめいめい本を持ち寄って紹介するものと、あらかじめ決められた課題図書について話し合うものがあるらしいが、私が参加したのは後者だ。もしかすると私が最年長か?とおおいに構え…

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前に応募してみた。+299日目~300日目(日本史、国語、化学、世界史、数学Ⅱ)

今、上野動物園では赤ちゃんパンダ(メス)の名前を募集している。注目度が高いだけにものすごい応募総数になると思うが、私もちゃっかり応募した。上野動物園のホームページには「中国との協議などを経て決定します」とあるので、中国の女性が使っている名…

FC東京のひとつの時代が終わった。+298日目(日本史、化学、国語、世界史、数学Ⅱ)

先週末はサッカー観戦三昧だった。7月29日(土)は豪雨のなか、横浜Fマリノスvs清水エスパルス、30日(日)はFC東京vsアルビレックス新潟を観に行った。どちらもドロー。ゲームの流れからすれば、どちらも妥当な結果だった。 FC東京は3バックに挑戦し…

「死ぬのはこんなにも大変なことなのか?」 読書ノート ロジェ・マルタン・デュ・ガール著 『チボー家の人々(7)ー父の死ー』(293日目~297日目)

ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々(7)ー父の死ー』(山内義雄訳 白水Uブックス) 人は誰でも死ぬ。死ぬときは安らかに、眠るように死んでいきたい。ところが、思い通りにいくとは限らない。チボー氏の苦痛に満ちた最期は地獄絵そのもので…

理科の実験は「贅沢」だったのか?+290日目~292日目(国語、化学、世界史、数学Ⅱ、日本史)

化学を独学していると、実験できないことに不安を感じてしまう。実験もしないで、本当に勉強していることになるのかと。(そうはいっても、私はしがないパートに過ぎないので、どんな勉強も「そこそこ」できればいいのだが。) ところが、私立中学の理科教師…