こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

数学

『カムイ外伝』5本足のカエルの話が印象的だった件。+297日目~299日目(数学)

◎11月8日(水)朝、小雨。午後からくもり。 *朝早くにカフェに入り、1時間ほど読書をしてから仕事に向かう。エミール・ゾラ著『ジェルミナール』(全3巻)。岩波文庫の復刻版だからか、漢字は旧漢字のままだ。「昼」が「晝」だったり「実」が「實」だった…

赤ちゃんパンダの名前はシャンシャン。名前を当てた人はどこから思いついたのか?+251日目~254日目(日本史、化学、世界史、数学B)

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が「シャンシャン(香香)」に決まった。私が応募した「ミンミン(明明)」はかすりもしなかった・・・残念。最終候補に挙がった8点は「シャンシャン」「レンレン」「ヨウヨウ」「マオマオ」「シンリー」「ルールー」「シ…

「編集者や校閲者のチェックがきいている情報は信用に値する。」 読書ノート 池上彰・佐藤優著『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社)+241日目~245日目(日本史、化学、世界史、数学B)

池上彰・佐藤優著『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社) 発売日にこの本を買ったものの、9ヶ月間ずっと積読状態だった。なぜなら、本の中で「重要だと思われる部分」にあらかじめ線が引いてあり、それが1ページの中に何か所も存在して読…

韓国と北朝鮮のサッカー合同ナショナルチームができたなら。+234日目~235日目(日本史、化学、世界史、数学B)

サッカー日本代表がW杯出場を決めたが、その裏で韓国代表もW杯出場を決めた。韓国は日本以上に危なかったけど、ライバルである韓国が出てこないと面白くないと思っていたから、(おまけに韓国が予選敗退すると、次回のW杯アジア予選で同組になりそうで面倒だ…

自分のチームを持つサポーターは、日本代表にそれほど関心がないという件について。+223日目~227日目(日本史、化学、世界史、数学B)

Jリーグやその下のカテゴリーで自分の好きなチームを持っている人は、サッカー日本代表にはあまり関心がない。もちろん応援はするし、日本代表がW杯で活躍してくれれば嬉しいには違いないのだけれど、一番大事なのは自分のチームだけだ。 もちろん、自分のチ…

田舎舘村の田んぼアート@青森県+313日目~317日目(日本史、化学、国語、世界史、数学B)

田舎館村の田んぼアート。上から色を塗っているわけではなく、色違いの稲を植えることで作られている。多くの人が展望台に立ち寄っていたし、「道の駅いなかだて」にも観光客が足を運んでいたし、この企画は大成功だと思う。展望台には過去の作品の写真が展…

ダムの貯水状況が気になる。+312日目(日本史、化学、国語、世界史、数学B)

東京は毎日雨が降っていて肌寒い。これなら水不足も解消しただろう!と思い「国土交通省関東地方整備局」のホームページを見ると、荒川水系4ダムのうち2ダムがまだ平均値を割っている。利根川水系8ダムは余裕だ。ダムの貯水状況はリアルタイムで見られる…

フランスのテレビドラマ『レ・ミゼラブル』が素晴らしかった件。+305日目~307日目(日本史、化学、世界史、数学B)

最近、映画館で映画を見ていない。私が最後に観た映画は、ヒュー・ジャックマン主演の『レ・ミゼラブル』だ。(去年の正月に見たような覚えがある。ということは、どれだけ映画から遠ざかっているのやら。)私は最後まで楽しく見たのだが、友人に言わせれば…

「読書会」に初参加してみた。+301日目~304日目(日本史、国語、化学、世界史、数学B)

先日「読書会」というものに初めて参加してみた。読書会には、参加メンバーがめいめい本を持ち寄って紹介するものと、あらかじめ決められた課題図書について話し合うものがあるらしいが、私が参加したのは後者だ。もしかすると私が最年長か?とおおいに構え…

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前に応募してみた。+299日目~300日目(日本史、国語、化学、世界史、数学Ⅱ)

今、上野動物園では赤ちゃんパンダ(メス)の名前を募集している。注目度が高いだけにものすごい応募総数になると思うが、私もちゃっかり応募した。上野動物園のホームページには「中国との協議などを経て決定します」とあるので、中国の女性が使っている名…

FC東京のひとつの時代が終わった。+298日目(日本史、化学、国語、世界史、数学Ⅱ)

先週末はサッカー観戦三昧だった。7月29日(土)は豪雨のなか、横浜Fマリノスvs清水エスパルス、30日(日)はFC東京vsアルビレックス新潟を観に行った。どちらもドロー。ゲームの流れからすれば、どちらも妥当な結果だった。 FC東京は3バックに挑戦し…

理科の実験は「贅沢」だったのか?+290日目~292日目(国語、化学、世界史、数学Ⅱ、日本史)

化学を独学していると、実験できないことに不安を感じてしまう。実験もしないで、本当に勉強していることになるのかと。(そうはいっても、私はしがないパートに過ぎないので、どんな勉強も「そこそこ」できればいいのだが。) ところが、私立中学の理科教師…

記述問題の採点がブレるのは多少仕方ない、かな?+288日目~289日目(日本史、化学、世界史、数学Ⅱ)

旺文社の『2018年受験用 全国高校入試問題正解 国語』を買った。この本には都道府県公立高校入試問題が載っている。各都道府県が、どんな小説や論説から入試問題を作っているのか興味津々だ。 今の高校入試では記述問題が必ずあって、150-200字くらいは普通…

すぐに役立つ本は、すぐに役立たなくなる。+280日目~283日目(化学、世界史、数学Ⅱ)

『青木裕司 世界史B講義の実況中継』(いつもは省略しているが、正式名称はこうだ)第3巻のコラム「青木は『資本論』を読んだ」にじーんときてしまった。青木先生は大学生のときに、『資本論』を一日20ページずつ読むことを日課とし、三か月で全三巻を読…

新国立競技場はFC東京のホームになるのか?+272日目~276日目(化学、世界史、数学Ⅱ、日本史)

なつかしの国立競技場。いいスタジアムだった。座席にはドリンクホルダーがなくて不便だったし、トイレは狭かったし、ろくな売店もなかったし、周囲の道は細くて行き帰りは大変だった・・・と、ほめているのかけなしているのかわからなくなってきたが、ここ…

HTML&CSS。ちょっと楽しい。+267日目(化学、世界史、数学Ⅱ、日本史)

『スラスラわかるHTML&CSSのきほん』(狩野祐東著 SBクリエイティブ) 今、この本でHTML&CSSを覚えようとしている。この本の通りに仕上げると、とあるカフェのおしゃれなホームページができるようになっている。記述がとてもわかりやすい。今まで<a>とか<body>とか</body></a>…

「7回読み」は、根気のある人には最強の勉強法だと思う。+258日目~260日目(世界史、数学Ⅱ、日本史)

最近、山口真由さんの『東大首席が教える超速「7回読み」勉強法』(PHP文庫)を読んだ。自己啓発本はめったに読まない私だが、この本はそこそこ面白かった。文字通り「テキストを7回読めば定着する」という勉強法だが、誰でもできそうでなかなかできない。…

どうしても捨てられない料理本がここにある。+252日目~253日目(数学Ⅱ、日本史、化学)

去年、部屋の整理をするために大量の本を捨てた。しかし、どうしても捨てられない本というものがある。 『小林カツ代の365日のおかずノート』(主婦の友社) 小林カツ代さんの本もかなり整理したのだが、この本だけはどうしても手放せなかった。365日…

ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々』を注文してきた。全13巻。読むぞ!+236日目(世界史、数学Ⅱ)

今日、本屋さんに本を注文してきた。『チボー家の人々』全13巻。題名は聞いたことはあったものの、このような長編小説だとは思いもよらなかった。著者のロジェ・マルタン・デュ・ガールはこの作品でノーベル賞を取っている。全13巻と聞いて「読めるだろ…

久々の勉強日記や富岡製糸場のことなど。+217日目(化学、世界史、数学Ⅱ、日本史)

先週、群馬県富岡市に行ってきた。富岡製糸場が目当てだったが、上州富岡駅前で町歩きスタンプラリーの台紙を配っていたので、それにのっかってあちこちめぐることに。このスタンプラリーがなければ、小さな路地裏まで富岡のまちを歩くことはなかった。とて…

桑原武夫が選んだ教養ある日本人のための必読書「世界近代小説50選」+201日目~203日目(数学Ⅱ、日本史)

昨年、家の断捨離を敢行し、不必要なものを徹底的に捨てまくった。すると、まさかというところに、まさかというものが見つかるものだ。タンスの奥の方から、なんと本が出てきた。桑原武夫著『文学入門』(岩波新書)だ。初版は1950年。学生時代に買ったと記…

松平定信は実は素晴らしい人だったのではないだろうか。+187日目~188日目(世界史、数学Ⅱ、日本史、化学)

今回の日本史では、松平定信が行った寛政の改革が出てくる。倹約令、言論統制、学問も朱子学以外だめ。あらゆることに不寛容で、ひたすら節約することに一生懸命。それが松平定信だと思っていた。 ところが、それがとんでもない思い違いだったかもしれないと…

ソチオリンピックで印象に残った一コマ。+185日目~186日目(世界史、数学Ⅱ、日本史、化学)

浅田真央ちゃん引退。ちょっと残念だけど、ケガも抱えていたそうだし、仕方がないのかもしれない。真央ちゃんがらみの一コマで一番記憶に残っているのは、ソチオリンピックのSPでまさかの16位になってしまった後、高橋大輔が泣いていたことだ。「いったい…

夏休みは韓国に行きたい!+183日目~184日目(世界史、数学Ⅱ、日本史、化学)

今年の夏休みは久々に韓国に行こうかと思っている。韓国に行ったのは20年以上も前になるから、何を見たかすっかり忘れてしまった。だから今回の旅行では観光地の「王道」を行きたい。南大門市場とか、明洞とか、景福宮とか、誰もが「行った!」と大声で言…

人工知能のおかげで自立した老後が送れるならありがたい。+181日目~182日目(世界史、数学Ⅱ、日本史、化学)

「読書ノート」としてはあげないが、水野操著『人工知能は私たちの生活をどう変えるのか』(青春新書インテリジェンス)を読んだ。近未来、人工知能に人間は支配される!というB級映画のイメージしかない私のような超初心者には、人工知能がどういうものか具…

勉強の進度が遅いかな?と反省。+176日目~180日目(世界史、数学Ⅱ、日本史、化学)

「高卒程度」の学力をつける勉強を始めて180日たった。6ヶ月もやっているにしては勉強の進度が少し遅いかな?と思い始めている。今やっているテキストを終えたら、別の問題集をはじめからやるといった具合に、壁塗り作戦でいかないといつまでたっても覚えら…

「日本が沈没したらどこに行けばいい?難民になることのリアル」 読書ノート 小松左京著『日本沈没』(上・下)+172日目~173日目(世界史、数学Ⅱ)

小松左京著『日本沈没』(上・下)小学館文庫 1973年に出版されたこの本を今さら読む気になったきっかけは、最近テレビでやっていた『日本沈没』の映画をたまたまチラ見したことによる。「科学の粋を集めて日本沈没の危機を救う話かな」と思っていたらと…

「自分が心底救われたいと思わなければ、信仰には意味がない」 読書ノート パスカル著『パンセ(上)』(塩川徹也訳)167日目~168日目(数学Ⅱ)

パスカル著『パンセ(上)』(塩川徹也訳 岩波文庫) パスカルが亡くなった後、さまざまな大きさと形の紙片に記された断片的な文章の堆積が見つかった。それが「パンセ」(断想)だ。 「人間は一本の葦にすぎない。自然のうちで最もか弱いもの、しかしそれは…

Jリーグ第3節覚書き+157日目~159日目(世界史、数学Ⅱ)

Jリーグ第3節はテレビ&ネット観戦だったので、覚書きのみ残すことにする。 ・FC東京は散々な結果だった。アウェイの地でガンバ大阪に3-0で敗退。ガンバには特に苦手なイメージがなかっただけに、ここまでやられるとは思わなかった。セカンドボールは拾…

「本屋さんを応援しよう。本は本屋さんで直接買おう!」+153日目~154日目(世界史、数学A)

私は超アナログ人間なので、amazonというものを使ったことがない。というか、ネット通販というものを利用したことがない。本を買うときは、いつも本屋さんだ。読みたい本が店頭にないときは、いつも取り寄せてもらう。最近では、岩波書店から最新訳が出たパ…