読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

2日目(世界史、数学、日本史)

f:id:kodairaponta:20161005121850j:plain

床の雑巾がけをした。空気が磨かれたようで気持ちがいい。掃除してから物事に取り掛かると、何をするにも集中できる。今日は晴れているので布団も干した。

 

何を勉強しようか?と考え、方針を固めたのは数日前だ。当然、歴史は世界史も日本史もやるとして、今まで自分の生活からは遠ざけていた理系の科目をやろうか。受験するわけではないのだから、何を学ぶかは自由だ。

高校に入ったとき、勉強のレベルがぐんと高くなったので追いつかなくなった。数学は出だしでやる「因数分解」で止まったままだ。いい機会なので、数学1AからⅢまで行きつきたい。

あとは理科。理科は中学校の時から大嫌いだった。だから理科の知識は小学校レベルで止まっている。

でも、もしかしたら本当は面白いのかもしれない。食わず嫌いはもったいない。

ということで、物理やら生物やらいろいろある中で、おそるおそる「化学」をやってみることにする。参考書は「宇宙一わかりやすい高校化学」シリーズだ。この本が理科嫌いの私に化学の基本を理解させてくれたなら、スゴい参考書だということになる。

 

飽きっぽいので、世界史→数学→日本史→化学 とぐるぐる回して勉強することにした。余裕が出てきたら、このルーティンの中に、古文や現代文も入れたい。

 

英語はあまりやる気になれない。翻訳でたくさんの本が出ているので、今さら英語の勉強で苦労するくらいなら、翻訳で一冊でも多く本を読んだ方がいいような気がする。

 

 

<世界史>

青木裕司「世界史B実況中継」第2回「古代オリエント世界」を読む。

この本のイラストは本当にわかりやすい。青木先生の手書きなんだろうか。

ゾロアスター教の善悪二元論のイラストが面白すぎる。暗黒の世界を牛耳る悪魔「アーリマン」が般若のお面をかぶってるよ!マツダ自動車の「MAZDA」は、ゾロアスター教の光明神「アフラ=マズダ」から取ったという有名な話を思い出す。

それよりも、私が世界史を勉強するうえで最大の障害となっているのは、世界地図の基礎知識がほとんどないこと。シリアなんて毎日ニュースで報道されてるのに、中東のどこにあるのか知らなかった。こんなに小さな国だったっけ。

   ↓

問題集「ツインズマスター」の2「古代オリエント世界Ⅰ」と3「古代オリエント世界Ⅱ」の1から6までの穴埋め問題をやる。かんたん。

 

<数学>

馬場敬之「初めから始める数学Ⅰ」の2nd day「乗法(因数分解)公式(Ⅱ)」を読み、例題をやる。この辺までは大丈夫。

   ↓

問題集「数学ⅠA 基礎問題精講」3「式の展開」と4「因数分解」を例題のみやる。

 

<日本史>

石川昌康「日本史Bの実況中継」第2回「小国の誕生と邪馬台国を読む。

毎回同じことを言うけど、すごいハード!漢書』地理志」やら「『魏志倭人伝」やら史料がたくさんでてきて、それらを読み解く授業だ。わけがわからないから声を出して読む。クイズ番組や雑学本を、ちょっと聞きかじって日本史を知ったような気分になるのはダメで、「何かを知りたければ、必ず原典にあたりなさい」と言われているような気がする。

古代の史料に載っている話はおどろおどろしい。日本が中国に奴隷160人を献上した話とか、卑弥呼の時代には、軽い罪を犯せば妻子も殺され、重罪なら一族皆殺しだとか、卑弥呼が死ぬと奴隷が100人あまり共に墓に埋められた話とか。怖い。

   ↓

問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」04「小国の成立と邪馬台国をやる。かんたん。

この問題集は西尾鉄也さんというアニメーターが絵を描いているのだが、卑弥呼が美人すぎる。「実況中継」の史料では、卑弥呼は「年すでに長大」なんて言われてたのに。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村