読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

5日目(数学)+読書ノート 村上春樹「風の歌を聴け」

数学 読書ノート 勉強日記

f:id:kodairaponta:20161010111314j:plain

最近、村上春樹ばかり読んでいる。今まで意味もなく避けていたけれど、読みだしたら面白くて止まらなくなった。一気に10冊くらい読んだ。今までどうして読まなかったんだろう。

 

たとえばデビュー作の風の歌を聴けでは、親友の「鼠」に向かって吐いた「僕」のセリフがぐっとくる。

 

「でもね、よく考えてみろよ。条件はみんな同じなんだ。故障した飛行機に乗り合わせたみたいにさ。もちろん運の強いのもいりゃ運の悪いものもいる。タフなのもいりゃ弱いものもいる、金持ちもいりゃ貧乏人もいる。だけどね、人並み外れた強さをもったやつなんて誰もいないんだ。みんな同じさ。何かを持ってるやつは何かをなくすんじゃないかとビクついているし、何も持ってないやつは永遠に何も持てないんじゃないかと心配してる。みんな同じさ。だからそれに早く気づいた人間がほんの少しでも強くなろうって努力すべきなんだ。振りをするだけでもいい。そうだろ?強い人間なんてどこにも居やしない。強い振りのできる人間が居るだけさ」(『風の歌を聴け講談社文庫121ページ)

 

たとえば、お金だ。たくさんのお金を持っている人は「いつかなくすんじゃないか」と不安になっている。一方で持っていない人は「永遠に持てないんじゃないか」と、不安になっている。

才能を持っている人も持っていない人も、学歴のある人も学歴のない人も、配偶者のいる人も独身の人も、「みんな同じ」なのだ。この世界ではどれだけ「強い振り」ができるかが試される。本当に強い人間なんて、この世にいないのだ。

本当につらい時、このことばを思い出そう。

 

 <数学>

「初めから始める数学Ⅰ」4th day「1次方程式・1次不等式」を読み、例題を終わらせる。これで第1章「数と式」は終了。

   ↓

問題集「基礎問題精講」14「文字係数の方程式」から20「1次方程式の応用」の例題のみを終わらせる。

14「文字係数の方程式」の「Xについての方程式 ax=bを解け」という問題で、何を問われているのかわからず、一瞬とまる。(笑)

「方程式を解く」とは「与えられた等式を満たすxを求めること」だって。この程度の問題の意味すらわからないとは・・・。全国の高校生に笑われそうだ。 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村