読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

11日目(数学、日本史)+熊本(8~10日目)から帰宅

f:id:kodairaponta:20161016185812j:plain

益城町は家がひしゃげていて、電柱はみんな曲がっていて、道路はでこぼこだった。そんな中、プレハブ作りの「益城町復興屋台村」で、太平燕だの唐揚げだのちゃんぽんだの、びっくりするほど食べてきた。何を食べてもおいしかった。屋台村には飲食店のほかにも、洋服屋さんや花屋さんや美容院なんかもあった。

 

レンタカーで天草をまわり、人吉にも行き、あちこちの歴史資料館や教会に顔を出し、焼酎2本・味噌・からし蓮根・あおさ入りのかりんとうを購入し、馬だの豚だの野菜だの、毎日食べに食べた。温泉にも入りまくった。

 

みんなどこでも親切だった。楽しかった。ありがとうございます。

 

 <数学>

今日から第2章「集合と論理」に入る。私のイメージする「数学」はこの分野だ。

「初めから始める数学Ⅰ」5th day「集合の基本、ド・モルガンの法則」を読み、例題をやる。

「集合Aが無限集合の場合には、無限の程度(パワー)を表す尺度として、個数ではなく、”濃度”と呼ばれるものを用いる」と書かれている。意味が全く分からない。でも、いかにも数学を学んでいるようでかっこいい。「高校数学の範囲を超えるので特にやらなくていい」とも書かれてはいるが。

説明がていねいでわかりやすく、難なくクリア。高校時代、この分野あたりから全くやった記憶がないのだが、いったい私は授業中どうしていたのだろうか。

   ↓

問題集「基礎問題精講」21「集合の包合関係」と22「集合の要素の個数」の例題のみ。

 

<日本史>

「石川の日本史B実況中継」第5回「飛鳥の朝廷と蘇我氏を読む。

登場人物が意図をもって動き出し、日本史もだんだん面白くなってきた。なんといっても東アジア情勢が面白い。

朝鮮半島における利権を確保しようとして、百済と近づくヤマト政権。ヤマト政権の朝鮮半島への進出を防ごうと、筑紫国造磐井の裏で糸をひく新羅。古代に起きた出来事だがダイナミックだ。

そして、厩戸王(聖徳太子)が私がイメージしていたよりも大物だった。「和をもって貴しとなす」とか、単なる理想論を言っている「聖人」扱いの人かと。ちゃんとした政治家だった。(笑)

遣隋使も登場。遣隋使でもあり遣唐使でもあった「犬上御田鍬」という人物はどういう人なんだろうか。本物の冒険家だ。

   ↓

問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」07「推古朝」をやる。かんたん。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村