読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

31日目(世界史、数学)+ラグビー日本代表テストマッチ

f:id:kodairaponta:20161105234658p:plain

銀座線が線路切替工事に伴って、一部の区間が終日運休。外苑前の秩父宮ラグビー場到着にはいつもより時間がかかった。日差しが温かく(むしろ暑い)防寒対策をして失敗した。隣の神宮球場では、六大学選抜チームとヤクルトスワローズが親善試合を行っていた。

日本代表vsアルゼンチン代表は20-54の大差で敗れた。完敗。日本側のディフェンスラインにぽっかりと穴が開いていて、何度も抜かれてしまう。スクラムも圧倒的に弱かった。連携の問題なのだろうか。これからヨーロッパ遠征に行くらしいが、チームとしての形が早くできますように。

 

<世界史>

「青木の世界史B実況中継」第11回「中国史(1)」を読む。中国文明の発生から春秋戦国時代まで。

いよいよ中国史だ。漢文で触れた孔子の話や、小説で読んだ三国志の影響で、中国は現代史より古代史の方がなじみがある。ほとんど知識のない私がいうのも変だが、イメージとしてそんな気がする。

中国歴代王朝を「アルプス一万尺」のメロディーにのせて覚える暗記法が載っているが、(もちろん何度も歌ってみた)遣隋使小野妹子でおなじみの「隋」の前に、こんなにたくさんの王朝があったとは驚きだ。

諸子百家の中でも、孔子の考えにはうなった。彼の理想とする考えは「都市国家がゆるく連合している状態」。これって、カントが提唱した国際連合の理念ではなかったか?また兵家の孫子は、ふたりの先生を合わせて「孫子」というとか、興味深い話が多かった。

漢字は難しい。「仰韶」文化とか、書けない。

   ↓

問題集「ツインズ・マスター」9「中国の古代文明Ⅰ」の穴埋め問題。地図問題は「戦国の七雄」の国を答えよという問題。秦だけは覚えた。あとは何だ?明日またやってできるだろうか。

 

<数学>

「初めから始める数学Ⅰ」11th day「2次不等式・分数不等式」を読み、例題を解く。

先を急ぐあまり雑になってしまい、あちこち間違える。もっとていねいに解こう。2次不等式をグラフで考える考え方は面白かった。中学校の頃は、2次方程式も2次不等式も「ただ何となく」単なる計算問題としてしか解かなかった。ビジュアル化してもらえると、自分が何をやっているのかがわかる。

   ↓

問題集「基礎問題精講」の43「2次不等式」から49「絶対値記号のついた2次不等式」の例題のみを解く。初めて解き方を覚えたものもあった。(47「文字係数の2次不等式」)わたしのような「基礎学力」レベルの数学は暗記だ。間違えた問題は明日解きなおして、解き方を覚えよう。計算が雑になってしまったのは反省点だ。半分寝ながらやっていたからだ。いかん。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村