こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

読書ノート アウグスティヌス「告白Ⅰ」(山田晶訳)+42日目~43日目(日本史、化学)

f:id:kodairaponta:20161117155852j:plain

アウグスティヌス「告白Ⅰ」(山田晶訳 中公文庫)

 

アウグスティヌスは、古代ローマカトリック教会の教義を確立するために力をつくした「最大の教父」といわれる。世界史の参考書ではかなりはじめの方に出てくる。青木先生の実況中継で「告白録(「告白」のこと)は一読に値する名著!」とあったので、その言葉に誘われるままに読んでみた。全3巻かなり読み応えがあった。そこで読書ノートは1巻ずつ作ることにした。

一分冊目の「告白Ⅰ」には、「最大の教父」様がこんなぶっちゃけ話をして大丈夫なのだろうかとはらはらするような「告白」が書かれている。

子供時代から、アウグスティヌスの悪童っぷりはたいしたものだった。「遊び好きで、くだらない見せ物を見たがり、芝居のまねをして落ち着かず、数えきれないうそをつき、家庭教師、学校の先生、両親をだますので、みな私にはてこずっていました」(62ページ)家のものを盗んで友達の玩具と交換したり、遊びではいかさま勝負をしたり、注意されると暴れたり、とんでもない悪ガキだった。

16歳になると、これに女遊びが加わる。浴場で性行為?(はっきりとは書いてないが、たぶん)をしているのを父親にも見られている。「(私は)やみくもに突進し、醜行が同年輩の友人に劣るのを恥じたほどです。じっさい、私は、彼らが放蕩を誇り、醜ければ醜いほどますます自慢するのを聞いて、たんに行為にたいする情欲のみならず、賞讃による情欲にもかきたてられ、よろこんでそれをしたのでした」(78ページ)どんなに悪いことをしたか仲間と自慢しあう。「すげえ!」と言われて得意になる。古代ローマの頃も現代も、変わらないところはたくさんある。

9年間帰依したマニ教から離れたのちも、アウグスティヌスカトリックの洗礼を受けることを躊躇している。その理由のひとつが「女を抱けなくなるのは嫌だ」である。どれだけ女が好きなんだ。煩悩が深すぎて笑ってしまう。

19歳から28歳まで、アウグスティヌスマニ教に帰依した。(「実況中継」には「ウイグルで国教となった」とある。中国でもそこそこ広まったらしい。)しかし、このマニ教が実は「傲慢で気の狂った人間たち、きわめて肉的でおしゃべりな人間たち」(114ページ)による宗教だったとアウグスティヌスは考えるようになる。実際、「告白」全3巻はマニ教に対する批判がかなりの部分を占めている。

マニ教は『旧約聖書』を攻撃し、それを認めるカトリック教会をも非難していた。

「神が万物を創造したというなら、この世の『悪』を創造したのも神なのか?」

「人間が神の似姿として作られたというなら、神には髪だの爪だのがあるのか?」と。

しかし、これはもっともな疑問ではないだろうか。神が善を作ったのなら、悪も作ったのではないだろうか。そうでないとするなら、悪はどこからやってきたのだろうか。

また「人間が神の似姿として作られた」という(だいたい、人間ってそんなに偉いのか?と、少し傲慢にも聞こえる)この言葉はどう解釈すべきなのだろうか。

これにアウグスティヌスが反論する。(読書ノート「告白Ⅱ」に続く)

 

<日本史>

「石川の日本史B実況中継」第13回「平安時代の政治(1)藤原北家の台頭」を読む。

奈良時代の男の天皇は天武系だったが、平安時代は天武系を完全に排除して天智系になった」ことが重要らしいが、意味がよくわからない。もともと天智天皇天武天皇は兄弟じゃないのか?「~系」といっても、根っこは同じで血もつながっているのに何が違うのだろうか。天智天皇の息子、孫、ひ孫・・・と続いていく系統が天皇を継ぎ、天武天皇の息子、孫、ひ孫・・・の延長からは天皇は出ない、と取り合えず覚えておくことにする。

日本史は天皇とセットで政治を覚えなくてはならないのでややこしい。262ページに「(陽成天皇は)叔父の基経とうまくいかず、殺人事件を起こしたりしたために、基経によって位を奪われ」とさらっと書いてあるが、天皇が殺人事件を起こすってどういうことなんだろう。しかも藤原氏天皇のクビをすげかえることができるというのもすさまじい。藤原基経という人は今まで名前すら知らなかった。日本史ではかなりの有名人なのだろうか。藤原基経が「阿衡の紛議」と称するストライキ事件を起こして、宇多天皇を困らせているのもすごい。どれだけ権力を持った人かということがよくわかる。

   ↓

問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」14「平安初期の政治と弘仁・貞観文化」の1~7の穴埋め問題。

 

<化学>

「宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)」Chapter5「酸と塩基」に入る。5-1「酸・塩基の定義」から5-4「酸・塩基の強弱」まで読み、確認問題もやる。

イオンがでてくると、何が何だかよくわからなくなってくる。イオンが好きになれない。「マイナスイオンは体にいい」とか漠然と言っていたけれど、全くそれとは関係ないみたいだ。

とりあえず、1価~3価の酸と塩基の化学式でテキストに載っているものと、代表的な強酸・強塩基を書いて覚えることにする。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村