こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

さっと読める本と精読する本と。+72日目~73日目(世界史、数学A)

f:id:kodairaponta:20161217125841j:plain

気楽にさっと読める本と、机に向かってじっくり読まないと頭の中に内容が入らない本がある。例えば最近読んだ、ヒキタクニオ「触法少女」(徳間文庫)、小池真理子「闇のカルテット」(双葉文庫)、湊かなえ高校入試」(角川文庫)は、「さっと読める本」だ。すべて友人に借りた本だが、どれも面白かった。最後はいったいどうなるのか?どんでん返しに次ぐどんでん返し。よくこんな緻密なプロットを思いつくものだと感心する。これらの本の特徴は、現在の問題を作者が主題にしている場合が多い点だ。作者の取材がスゴくて、例えば「触法少女」では少年法の盲点や児童虐待の現実を教えてくれる。(でも、ドロドロした暗い本ではなく、誰もが楽しめるミステリーなのでおすすめだ)ぐっと内容に引き込まれて一気に読める。

一方、机に向かってじっくり読まないと頭に入らない本もある。読書ノートにあげた「枕草子」や「イスラーム文化」や「告白」。マルクス=アウレリウス=アントニヌスの「自省録」も、直接書き込みしながらじっくり読まないとわからなくなってしまう。仕事が始まる1時間前に近くの喫茶店で開く本はこのタイプだ。シャーペンでマル印をつけたり、線をひいたり、主語に対応する述語がわからなくなって探したり。それでも古典はハズレがないので、苦労して読む甲斐はある。

今ではどちらのタイプの本も私には必要だ。

私はほんの10年前まで、比喩的な意味ではなく、本当に本が読めなかった。40歳になるまで娯楽用ミステリーでさえ、最後まで読み通すことができなかった。もったいない時間の使い方をした。高校生並みの「基礎学力」がつけば、もっと難しい本も読めるようになるだろうか。がんばろう。

 

◎勉強日記

<世界史>

「青木の世界史B実況中継」第19回「中央アジア史」。いつものように、赤字になっている部分をノートに書き写しながら、流れを理解するように努める。第13回の「内陸アジアの世界」の続きだ。

このあたりの地理はどうもぴんと来ない。352ページの地図を書き写し、天山山脈やクンルン山脈、パミール高原などの山脈や高原、サマルカンド敦煌などの都市を書き込む。まさしく未知の領域。見たこともないくせに、自分が旅をしているような気がしてわくわくしてしまう。

民族や宗教の流れもダイナミックだ。古代中央アジアにおいて、主流だった宗教はゾロアスター教、そしてアウグスティヌスが罵倒していたマニ教、目立っていた民族はソグド人(イラン人)だった。イラン人のもともとの宗教は、善悪二元論のゾロアスター教だった。イスラームではなかった。ペルシャ人とアラビア人が全く違うことを、何度も確認しておこう。

その後、トルコ人がこの地域に入り、宗教的にはイスラーム教も登場する。10世紀に成立したカラハン朝が、民族的にはトルコ人、宗教的にはイスラーム教という流れを統合する形で登場した重要な王朝だというのも興味深い。しかし、アッバース朝もサーマーン朝もカラハン朝も、どの流れで出てきたか忘れてしまっているのがまずい。前々回の「イスラーム世界(2)」を見直す。

チベット鮮卑が支配したり、モンゴル人が支配したりと目まぐるしい。チベット国家の「吐蕃」という字もすごい。「蕃」人は野蛮人のことなのだから、この漢字をあてた人間がいかにチベットを嫌がっていたかわかる。(やはり漢民族か?)清朝がモンゴル人のチベット仏教信仰に目をつけて、ダライ=ラマにチベットの支配権を与え、清朝のモンゴル人支配に協力させたという事情も初めて知った。

チベットには一度だけ行ったことがある。ラサは標高3600メートルのところにある。高山病に悩まされ、野良犬がやたらと多くて、バター茶には胸焼けした。しかし、空が近くて素晴らしい場所だった。草木がなくて、岩がごつごつした中に忽然と現れる町。「毛沢東万歳!」と落書きされ、破壊された由緒正しい寺院もあった。文化大革命の爪痕だ。チベットにはもう一度行ってみたい。勉強すればするほど、さまざまな場所に行ってみたくなる。

   ↓

問題集「ツインズ・マスター」24「トルコ化とイスラーム化の進展」の1~7までの穴埋め問題。

 

<数学A>

「初めから始める数学A」2nd day「さまざまな順列の数」の解説を読み、練習問題を解く。順列の数nPrは、高校時代の数学の授業で見たことがある。見たことがあるだけで、全く意味を知らない。(私はどうやって高校を卒業したのだろう?毎回、本当に不思議になる)解説を注意深く読みながら例題や練習問題をやる。

ところがなんと、私にも理解できた。「そういうことか!」とわかると面白い。もちろん「初めから始める数学A」が、初心者用の問題を用意してくれていることはわかるのだが、考え方さえ理解できればいい。円順列は少しあやしいので、次回もう一度やることにする。暗記しておかなければならない階乗もあった。3!=6 4!=24 5!=120。2⁵=32 も覚えておこう。

   ↓

問題集「基礎問題精講」は該当部分がよくわからないので、次回まとめてやることにする。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村