こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

Jリーグ第3節覚書き+157日目~159日目(世界史、数学Ⅱ)

f:id:kodairaponta:20161228195150j:plain

Jリーグ第3節はテレビ&ネット観戦だったので、覚書きのみ残すことにする。

FC東京は散々な結果だった。アウェイの地でガンバ大阪に3-0で敗退。ガンバには特に苦手なイメージがなかっただけに、ここまでやられるとは思わなかった。セカンドボールは拾われるし、芝は滑るし、大久保はPKを外すし、ガンバのGK東口は決定機をばんばん止めるし(くやしい!)、東京にはいいところがなかった。しかし、なんとか次につなげられるような敗戦であってほしい。だって今年こそ優勝するんだよね?私はすっかりそのつもりでいるのだが。

清水エスパルスはアウェイでアルビレックス新潟に0-2で勝利。(この試合はDAZN観戦)まさかの野津田のボランチ起用だったが、けっこう良かったのでびっくりだ。個人的には1点目につながった枝村の高速クロスに痺れた。新潟の小泉は(清水目線でいえば)イヤな選手だった。清水はケガ人が多いのに、2勝1敗はすばらしい。

私は東京サポーターだが、夫は清水サポだ。だから結局どちらの試合も見ることになる。だから清水にもずいぶん詳しくなった。

 

◎勉強日記

<世界史>

「青木の世界史B実況中継②」第31回「トルコ・イラン・インド世界の展開ー14~18世紀のイスラーム世界ー」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

サファヴィー朝ペルシアが国教とした「十二イマーム派」という文字が目に飛び込んでくる。見たことがあるというだけで嬉しい。「十二イマーム派」はイスラムシーア派の大多数派であり、現在のイランの国教でもある。

井筒俊彦イスラーム文化』によれば、イマームとはイスラーム教の霊性的最高権威者だそうだ。「十二イマーム派」は、人類の歴史にそのようなイマームが十二人だけ現れたと信じているのだ。ムハンマドの娘ファーティマと結婚したアリーが1人目。その子孫が代々イマームを受け継いでいく。第12代イマームムハンマド=イブン=ハサン。

ところが11代目の父が逝去した同じ日に、彼は地下の密室に入ったきり、そのまま行方不明になってしまう。4歳、もしくは5歳の幼いイマームはそのまま蒸発してしまった。しかしこの隠れたイマームは、終末の日にメシアとして再びこの世に姿を現してくるものと信じられている。この辺はキリスト教っぽい。

インドのシク教徒は大きなターバンが目立つ。シク教イスラーム教とヒンドゥー教の融合宗教だということは知らなかった。しかし偶像崇拝の禁止だとか、カースト制度の否定だとかいう点はイスラーム的だ。

そして、いよいよオスマン=トルコが登場する。「デヴシルメ」という、キリスト教徒の少年を強制的に徴用し、イスラーム教に改宗させたうえで、官僚や軍人に登用する方策は、なんとも不思議な感じがする。なぜイスラーム教徒でなしに、キリスト教徒?本来なら宗教が違うだけで下働き専門にさせられそうだが、官僚や軍人にしてしまうとは。この疑問に対する青木先生の解説はわかりやすかった。が、やはり不思議な感じはする。

   ↓

問題集「ツインズ・マスター」29「トルコ・イラン・インド世界の展開」の穴埋め問題。覚えているかどうか、どうもあやしい。

 

<数学Ⅱ>

「初めから始める数学Ⅱ」1st day「3次式の因数分解と二項定理」の解説を読み、練習問題を解く。

今日から数学ⅡBに入る。まったくの未知の世界なので、不安だったり嬉しかったりしている。とは言っても、たぶん高校の授業で受けていたはずなのだが、内容たるやこれっぽっちも記憶にない。数学だけではなく、他の教科もこんな調子だから、当時はみじめな落ちこぼれ生活だった。授業がわからないのにずっと教室にいるのはツライ。いったいどうやって卒業したのか謎だ。

まあいい。過ぎたことは仕方ないのでこれから何とかしよう。

因数分解は数学Ⅰの復習のようだった。初見は二項定理のみ。公式の丸暗記だとつらいが、ていねいに公式の説明がなされているのでじっくりと読み込む。こんなところでパスカルの三角形に出会えたのは嬉しい。実はパスカル『パンセ』(上・中・下)を読了したばかりなのだ。(今2周目に入った。読書ノートをつけるには、少し時間がかかりそうだ。)著作を読んだことのある人に出会うと、「やあ!」と声をかけたくなる。

繁分数も落ち着いて解けばどうということはない。面白かった。

   ↓

問題集「基礎問題精講・数学ⅡB」1「3次式の展開」から7「繁分数式の計算」の例題のみを解く。買ったばかりのぴかぴかの問題集だ。やる気がでる。とりあえず、ここまでは問題なく終えることができた。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村