こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

ロジェ・マルタン・デュ・ガール著『チボー家の人々』を注文してきた。全13巻。読むぞ!+236日目(世界史、数学Ⅱ)

f:id:kodairaponta:20170530224616j:plain

今日、本屋さんに本を注文してきた。『チボー家の人々』全13巻。題名は聞いたことはあったものの、このような長編小説だとは思いもよらなかった。著者のロジェ・マルタン・デュ・ガールはこの作品でノーベル賞を取っている。全13巻と聞いて「読めるだろうか?」と一瞬不安になったが、ぐずぐずしているとすぐに絶版になってしまうので、思い切って取り寄せてもらうことにした。13000円近くの出費になるが、桑原武夫先生が推薦してくれる名作だと思えば、これっぽっちも惜しくない。手元に届くのは10日~2週間後。楽しみだ。

f:id:kodairaponta:20161228195150j:plain

5月28日(日)に観た、FC東京vsヴァンフォーレ甲府(J1 第13節@味の素スタジアム)についての簡単なメモ。

結果は1-1のドロー。甲府の5バックの固い守備がハマっていて、スペースが全然なかったので、東京が攻めあぐねた。アタッキング・サードにまでボールは持っていけるものの、そこからの細かいパス回しで、きれいに崩そうとし過ぎていないだろうか。ミドルを打ってもいいのでは?パスミスも多かった。前半の失点もバックパスのミス。後半ではびっくりするほどパスが大きくそれるようになってきて、集中力が切れているのでは?と不安になってしまった。

一方、甲府は集中していた。カウンターで決定機をいくつも作り、後半アディショナルタイムでは完全にやられたと思った。しかし、東京はまたしてもGK林のビッグセーブに救われた。林がいなかったらどうなっていただろうか。

というわけで、東京サポーターのストレスはたまりにたまり、試合終了後は大きなブーイングが起こった。しょっぱい試合だった。残念。次回はいい試合が見たい。

 

◎勉強日記

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継③」第42回「アメリカ独立革命ー植民地アメリカ~独立戦争」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「ツインズ・マスター」40「アメリカ独立革命」の穴埋め問題をやる。

ボストンが何州にあるかとか、フィラデルフィアが何州にあるかとか、アメリカが好きな人はすぐにわかるに違いない。私は世界地図に弱いのだが(日本地図にも弱いが)、焦らず少しずつ覚えていこう。

どんどん現代の世界へと近づいている。次回のフランス革命が楽しみだ。

 

<数学Ⅱ>

*「初めから始める数学Ⅱ」12th day「三角関数の加法定理、三角関数の合成」の解説を読み、練習問題をやる。

*問題集「基礎問題精講 数学ⅡB」54「三角関数の加法定理」~62「三角関数のグラフ」の例題のみやる。

何度も書くが、三角関数が面白い。加法定理の覚え方がわかりやすい。三角関数の合成の問題は高校の授業でやったに違いないのだが、全く覚えていない。少しだけやり方に戸惑ったが、すぐに慣れた。 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村