こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

理科の実験は「贅沢」だったのか?+290日目~292日目(国語、化学、世界史、数学Ⅱ、日本史)

f:id:kodairaponta:20170727203145p:plain

化学を独学していると、実験できないことに不安を感じてしまう。実験もしないで、本当に勉強していることになるのかと。(そうはいっても、私はしがないパートに過ぎないので、どんな勉強も「そこそこ」できればいいのだが。)

ところが、私立中学の理科教師をしている知人によれば、実験室を持つ中学・高校が最近減っているというのだ。実験は手間がかかるし費用もかかる。だからやりたがらない。理系の学生でも、実験の経験がない学生が多い。そんな学生がバイトで来るたび、実験の手順を教えてやらなければならないのだそうだ。この話を聞いてびっくりした。実験は贅沢だったのだ。

私の高校には、かなり立派な実験室があった。そのありがたさは、当時これっぽっちもわからなかった。今思うと、なんともったいない高校時代を送ったものかと後悔している。

 

◎勉強日記

今回から国語のカテゴリーを作った。

<国語>

*「全国高校入試問題」の北海道、青森県岩手県宮城県を一気に解く。小説も論説文も書いてあることがわかりやすくていい。今の公立高校入試は作文があるのも一つの特徴だ。(作文といっても200字程度なので短い)

例えば、宮城県。ア~オの五つから「読書週間の標語」として好きなものをひとつ選び、その標語を選んだ理由を選べという作文問題だ。

ア、読書は「旅」 イ、読書は「鏡」 ウ、読書は「夢」 エ、読書は「窓」 オ、読書は「源」

面白いので、作文問題もせっせと書いている。

 

<日本史>

*「石川の日本史B実況中継③」第48回「初期議会・条約改正」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」66「初期議会」~67「条約改正」の穴埋め問題をやる。

黒田清隆の「超然主義」だとか、品川弥次郎の民党大弾圧だとか、何でもありの時代だ。条約改正の流れは面白い。大津事件司法権の独立を守った児島惟謙がかっこいい。

 

<化学>

*「宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)」Chapter5「15族元素(窒素・リン)」5-1「窒素の単体」~5-8「リン」の解説を読み、巻末の確認問題を解く。

暗記ばかりの無機化学。ぐずぐずやっていても仕方がないので、第5章を一気に片付ける。各章の終わりに、「理解できたものに☑チェックをつけよう」というページがあるのだが、最近はこれを先に読み、「このチェック項目さえ覚えればいいんだな」という心構えで本文を読んでいる。

 

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継③」第49回「イタリアの統一とフランス第二帝政リソルジメントとナポレオン3世」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「ツインズ・マスター」44「ヨーロッパの再編Ⅰ」の6~20の穴埋め問題をやる。

ヴィクトル・ユーゴーレ・ミゼラブル』は、この時代だろうか。ナポレオン3世治世の上下水道設備の工事にジャンバルジャンは携わっていたはずだ。小説の最後に出てきた戦いは、パリ=コミューンと臨時政府の衝突だったのだろうか?記憶があいまいなので、再読が必要だ。

 

<数学Ⅱ>

*「初めから始める数学Ⅱ」19th day「不定積分、定積分」の解説を読み、練習問題を解く。

*問題集「基礎問題精講 数学ⅡB」98「不定積分(Ⅰ)」~101「絶対値記号のついた関数の定積分」の例題のみを解く。

積分微分の反対だ」といわれても、どうにもイメージがわかない。微分はかろうじてイメージできるのに。ただし、計算は簡単なのでサクサク進む。

∫ f(x)dx は「インテグラル・エフエックス・ディー・エックス」と読めばいいらしい。読み方がわかるとホッとする。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村