こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

FC東京のひとつの時代が終わった。+298日目(日本史、化学、国語、世界史、数学Ⅱ)

f:id:kodairaponta:20170307162114j:plain

先週末はサッカー観戦三昧だった。7月29日(土)は豪雨のなか、横浜Fマリノスvs清水エスパルス、30日(日)はFC東京vsアルビレックス新潟を観に行った。どちらもドロー。ゲームの流れからすれば、どちらも妥当な結果だった。

FC東京は3バックに挑戦していたが、時節の川崎戦でもやるだろうか。もはや東京のリーグ優勝は無理なので、せめてわくわくするようなサッカーを見せてほしい。

 

8月2日(水)FC東京石川直宏が今シーズンの引退を表明した。東京を象徴する選手だっただけに、残念でたまらない。スピードがあって、球を持つたび何かが起こるような気がした。ナオを見てFC東京サポーターになった人も多いはずだ。ケガに泣かされてばかりの選手でもあった。チームのひとつの時代が終わった、という思いだ。

今シーズン、ほんのわずかの時間でいいからピッチに立ってほしい。

 

◎勉強日記

<日本史>

*「石川の日本史B実況中継③」第49回「日清戦争」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」68「日清戦争」の穴埋め問題をやる。

「ぐずぐずしていると、日本も列強に侵略されてしまう」という空気もわからないわけではないが、周辺諸国のものを取ってやろうという日本の態度を見るのはつらい。それ、人のものだよ?取られる方はたまったものではない。

台湾は「日本の植民地支配が最もうまくいった場所」だと聞いたことがあったが、台湾の独立運動を武力で弾圧した歴史は知らなかった。

 

<化学>

*問題集「化学基礎の必修整理ノート」第1章「物質量の化学反応式」1.「原子量・分子量と式量」~2.「物質量」(P48-53)の問題を解く。

やったはずなのに、知識がどうもふらついている。がんばろう。

 

<国語>

*「全国高校入試問題2018」秋田県を解く。

論説文も小説も読みやすい。作文は「科学技術の発展による生活の変化」について書けというもの。ありきたりだが、ブログやツイッターの普及による長所と短所について書いてみた。解答例は自動車について。要するに何でもいいんだな。

 

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継③」第50回「ドイツの統一 ビスマルクの活動、北欧諸国」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「ツインズ・マスター」45「ヨーロッパの再編Ⅱ」1-10までの穴埋め問題をやる。

ビスマルクは政治家らしい政治家だ。大河ドラマの主人公にしたらどんなに面白いだろう。社会保障政策をとり労働者を保護することで、「革命なんて考えないように!」とメッセージを送っているのがいい。

 

<数学Ⅱ>

*「初めから始める数学Ⅱ」20th day「定積分で表された関数」の解説を読み、練習問題を解く。

*問題集「基礎問題精講 数学Ⅱ」102「定積分で表された関数(Ⅰ)」~103「定積分で表された関数(Ⅱ)」の例題のみを解く。

計算問題はたいしたことないが、本当に理解しているかは疑問だ。化学ではないが、こちらもふらふらしながら解いている。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村