こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

「読書会」に初参加してみた。+301日目~304日目(日本史、国語、化学、世界史、数学B)

f:id:kodairaponta:20170808181029j:plain

先日「読書会」というものに初めて参加してみた。読書会には、参加メンバーがめいめい本を持ち寄って紹介するものと、あらかじめ決められた課題図書について話し合うものがあるらしいが、私が参加したのは後者だ。もしかすると私が最年長か?とおおいに構えて会場に向かったのだが、年齢や職業は関係なく、単なる本好きが集まっているだけの会合だったので、けっこう居心地はよかった。しかもこちらが舌を巻くような読書家が多くて楽しい。ただし、司会者(ファシリテーター)となるとさまざまな人に気を遣わなければならないので大変かもしれない。

それにしても、同じ趣味同士の人間が集まると盛り上がるものだ。課題の映画を見て話し合う「映画会」とか、野球やサッカーの特定の試合を語り合う会とか、あったら楽しいかもしれない。

 

◎勉強日記

<日本史>

*「石川の日本史B実況中継③」第51回「桂園時代・韓国併合」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」70「日露戦争と桂園時代」~71「韓国併合」の穴埋め問題をやる。

題名は忘れてしまったが、昔、北朝鮮が作った安重根の映画を見たことがある。安重根は医者で知識人だった。あの映画のおかげでハーグ密使事件はあざやかに覚えている。そこそこ面白い映画だったが、伊藤博文朝鮮語をしゃべっていたのがものすごく変だった。

石川啄木は他人の痛みを感じることのできる人だった。韓国併合に対して、「仕方がないんだよ」なんていう人ばかりじゃなくてよかった。

 

<国語>

*「全国高校入試問題」群馬県、埼玉県を解く。

問題文が「省略」とあるのは何なんだろう。著作権の問題だろうか。もしそうだとしたら、勉強したい人たちのために提供してくれてもいいのに。埼玉県なんて、この本にはほとんど問題が掲載されていない。かわいそうに。

 

<化学>

*問題集「化学基礎の必修整理ノート」3「溶液の濃度」~4「化学反応式」(P54-57)を解く。

未定係数法はかなり楽な方法だ。化学反応式の係数はこれでやろう。

 

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継③」第52回「ラテンアメリカの独立ーその経過と結果ー」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

(問題集は該当部分が短いので次回に回す。)

中米・南米の地理には暗い。どこにどんな国があるのか知らなすぎるので、またしてもノートに地図を描いてみた。なぜかチリだけは知っている。あとボリビア。「名探偵ポワロ」の第一話で「そういえば、ボリビアには海がありません!」とポワロが叫んでいたことから、いったいボリビアってどこ?と調べたことがあるので。

 

<数学B>

*「初めから始める数学B」1st day「ベクトルの1次結合、まわり道の原理」の解説を読み、練習問題を解く。

(範囲が短すぎるので問題集は次回に回す。)

ようやく数学Bに入った。数学Ⅲまであと少し。頑張ろう。

大きさと向きを持った「量」のことをベクトルという。わかったようなわからないような。しかし、問題は簡単だった。全く歯が立たない・・・なんて状況じゃなくてよかった。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村