こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

ダムの貯水状況が気になる。+312日目(日本史、化学、国語、世界史、数学B)

f:id:kodairaponta:20170816183133j:plain

東京は毎日雨が降っていて肌寒い。これなら水不足も解消しただろう!と思い「国土交通省関東地方整備局」のホームページを見ると、荒川水系4ダムのうち2ダムがまだ平均値を割っている。利根川水系8ダムは余裕だ。ダムの貯水状況はリアルタイムで見られるので、眺めているだけでも面白い。

過去の貯水量のグラフをみると、去年の8月の棒グラフが異様なほど伸びている。去年、関東はそんなに雨が降っただろうか?これっぽっちも覚えていないのだが。

 

明日から青森に行く。楽しみだ。

 

◎勉強日記

<日本史>

*「石川の日本史B実況中継④」第53回「資本主義の成立」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」前回やったところより少し戻って、72「産業革命」の穴埋め問題をやる。

やっと第4巻(最終巻)に入る。受験生ならせいぜい3か月くらいで読破してしまうだろうに、何か月かかっているのやら。しかし受験が目的ではないので、楽しんで読み進めることにする。富岡製糸場のように、かつて行ったことがある場所が出てくるとうれしくなる。

 

<化学>

*問題集「化学基礎の必修整理ノート」5「化学反応の量的関係」(P58-P61)を解く。

「理論化学」の中でも、この辺は意外と覚えていた。

 

<国語>

*「全国高校入試問題」の千葉県と東京都を解く。

東京都は「東京都」の入試のほかに、「進学指導重点校」「進学重視型単位制高校」「併設型中高一貫教育校」があり、それぞれ入試問題の内容が違う。同じ都立なのに、入試問題が細分化されすぎていてわけがわからない。こんなにややこしいことになっているとは思わなかった。今回解いたのは普通の「東京都」の問題だ。

 

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継③」第54回「19世紀欧米の文化(1)ー思想と文学ー」と第55回「19世紀欧米の文化(2)ー美術と科学ー」をまとめてやる。

*問題集「ツインズ・マスター」47「19世紀欧米の文化」の穴埋め問題をやる。

青木先生によれば、『レ・ミゼラブル』のラストシーンが「七月革命」だということだが、本当だろうか?ジャン・バルジャンが囚人のときに携わっていた水道工事、そしてラストシーンに駆けまわっていた下水道管、あれはナポレオン3世の治世のものではないかと思うのだが、違うのだろうか。

ヴェルディ作曲の「アイーダ」の「凱旋行進曲」。「サッカーのサポーターが応援のときに歌うヤツ」と書いてあったが何のことかわからず、YouTubeで聞いてみた。なるほど、これか!

歴史がわかると、文化史も突然面白くなる。

 

<数学B>

*「初めから始める数学B」3rd day「内分点の公式、外分点の公式」の解説を読み、練習問題を解く。

*問題集「基礎問題精講 数学ⅡB」第8章「ベクトル」138~153まで、例題のみを解く。

内分点、外分点は以前やっている。数学はさまざまな知識が繰り返し出てくる。

問題集の範囲は多いが、思い切ってやってみた。意外とサクサク進んだ。ベクトル面白い。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村