こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

自分のチームを持つサポーターは、日本代表にそれほど関心がないという件について。+223日目~227日目(日本史、化学、世界史、数学B)

f:id:kodairaponta:20170831122555p:plain

Jリーグやその下のカテゴリーで自分の好きなチームを持っている人は、サッカー日本代表にはあまり関心がない。もちろん応援はするし、日本代表がW杯で活躍してくれれば嬉しいには違いないのだけれど、一番大事なのは自分のチームだけだ。

もちろん、自分のチームから日本代表に選出される選手がいると嬉しい。そのくせ「試合で使わないなら呼ぶな」と文句を言い、試合に出たら出たで「ケガだけはしないでくれ」「ミスをして周囲から叩かれませんように」とひやひやしながら見ている。日本代表の勝敗よりもそっちの方が大事。複雑な心境、親心。それがサポーターだ。

今日は日本代表vsオーストラリア戦だ。FC東京からは髙萩洋次郎が選ばれた。試合に出ても出なくてもいいから、ケガだけはしませんように。今のFC東京は「髙萩システム」とでも呼んでいいくらい、アンカーの髙萩に頼った戦術を取っているので、髙萩に離脱されたら完全に終わってしまう。無事に帰ってきますように。

 

 ◎勉強日記

<日本史>

*「石川の日本史B実況中継④」第55回「大戦景気・原敬内閣」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」78「第一次世界大戦終結と大戦景気」の穴埋め問題をやる。

すぐに忘れそうになるが、大正時代は1912-1926だ。原敬は東京駅で狙撃された。東京駅丸の内南口の原が倒れたところにポイントが打ってあるそうだが、何度も東京駅を訪れているのにも関わらず気が付かなかった。日本は意外とテロが多いという印象だ。

 

<化学>

*「宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)」Chapter8「アルカリ金属」に入る。8-1「ナトリウムの単体」~8-7「炎色反応」までの解説を読み、巻末の確認問題を解く。

第8章を一気に読む。炎色反応の語呂あわせは覚えやすい。

 

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継③」第57回「南アジアの植民地化」~第58回「東南アジアの植民地化」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「ツインズ・マスター」49「南アジア・東南アジアの植民地化」の穴埋め問題をやる。

東インド会社」は不思議な組織だ。軍隊を持ち、条約を結ぶことができるなんて、一種の「国家」だ。インド侵略はイギリス本国からではなく、東インド会社から始まったとのこと。

ちょっと驚きだったのが、マラッカ海峡地帯で使われていたマレー語が、イスラーム教が浸透して以来、アラビア文字で表記されていた時代があったということ。あれもこれも知らないことばかりだ。

 

<数学B>

*「初めから始める数学B」第2章「空間ベクトル」に入る。5th day「空間図形と空間座標の基本」の解説を読み、練習問題を解く。

今回は「空間ベクトル」のほんのさわりだけだ。該当部分があまりにも短いので、問題集はなし。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村