こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

赤ちゃんパンダの名前はシャンシャン。名前を当てた人はどこから思いついたのか?+251日目~254日目(日本史、化学、世界史、数学B)

f:id:kodairaponta:20170926205601p:plain

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が「シャンシャン(香香)」に決まった。私が応募した「ミンミン(明明)」はかすりもしなかった・・・残念。最終候補に挙がった8点は「シャンシャン」「レンレン」「ヨウヨウ」「マオマオ」「シンリー」「ルールー」「シュウシュウ」「リーシン」だったという。この最終候補を見ていると、「〇ン〇ン」の形にこだわらなくても良かったということなのか?

しかし、「シャンシャン」で応募した人が5161人もいたことに驚く。いったいどこからこの名前を思いついたのだろう?中国人の友人にアドバイスをもらったのだろうか。中国にいるパンダの名前を調べ上げて、どこのパンダともかぶらないように細心の注意を払ったのだろうか。ぜひ聞いてみたい。興味津々である。

 

◎勉強日記

<日本史>

*「石川の日本史B実況中継④」第58回「金融恐慌・山東出兵」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「教科書よりやさしい日本史ノート」84「反復する恐慌」~85「田中義一内閣の内政と外交」の穴埋め問題をやる。

経済の流れがかなり詳しく書いてあった。金輸出を禁止していたから、日本は紙幣を乱発して金融恐慌を乗り切ることができた。なんとなくわかったような、わからないような。わかったことにしておこう。

張作霖爆殺事件」の流れがよくわからない。なぜ日本のヒモつきの張作霖を暗殺することが、関東軍満州地域を直接支配することとつながるのか?これについては後日、他の本を読もう。

 

<化学>

*問題集「化学基礎の必修整理ノート」3「塩の性質」~4「酸と塩基の中和」(P68-73)の問題を解く。

「宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)」で、強酸、強塩基の塩をせっかく覚えたのに、これっぽっちも記憶に残っていない。理論化学の参考書を開いて復習しなおす。一度見たことがある知識は、見直すと少しずつ思い出すことができる。

 

<世界史>

*「青木の世界史B実況中継③」第63回「帝国主義時代の世界(1)ーアフリカ、太平洋諸島の分割ー」の赤字部分をノートに取りながら、流れをつかむことを心がけて読む。

*問題集「ツインズ・マスター」52「世界分割と列強対立」の穴埋め問題をやる。

参考書に載っているアフリカの地図をノートに書き写し、どの国がどの国を支配していたかを書き込む。今さらだが、「ガーナ」やら「ナイジェリア」やら「エチオピア」やらがどこにあるのかを知る。以前、モーリシャス共和国の宗教が「ヒンドゥー教53%」だと知り、驚いたことがある。おそらくこの時代にインド人が連れてこられたに違いない。

太平洋の島々も同じように覚える。マリアナパラオ・マーシャル・カロリン諸島。これらの島々が、かつて日本だったのが不思議だ。いつか訪れてみたい。日本人町の片鱗は残っているのだろうか。

 

<数学B>

*「初めから始める数学B」第3章「数列」8th day「等差数列、等比数列」の解説を読み、練習問題を解く。

*問題集「基礎問題精講 数学ⅡB」110「等差数列(Ⅰ)」~116「等差中項・等比中項」までの例題のみを解く。

今回から数列に入る。毎回新しい単元に入るたび、高校時代に何一つやった記憶がないことに驚く。これだから落ちこぼれは恐ろしい。授業中は気絶でもしていたのか?

「初めから~」の方は基礎的なことばかりなので大丈夫だったが、「基礎問題精講」の方は苦労した。数列が一番数学のセンスが問われるような気がする。気のせいか?

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村