こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

「読書感想文の書き方」への提案。(262日目~263日目)

◎10月4日(水)曇り時々晴れ

*読書感想文の宿題に苦労している学生が多いせいか、ネットでは「どんなふうに読書感想文を書けばいいんですか!?」とか、悲鳴のような質問が飛び交っている。需要があるからなのか「読書感想文指南サイト」みたいなものもたくさんあることを最近知った。真面目に書き方を教えてくれるものやら、コピペして使ってくださいと言わんばかりのものやら、玉石混交だ。

私が「こうしたらいいんじゃないかな」と思うのは、印象的だと思った箇所を引用することだ。長い引用だってぜんぜんかまわない。(何ページから引用したのか、ページ数は必ず書く)。その引用文の終わりに自分なりのコメントをつける。なぜ印象的だと思ったのか。主人公の行動が理解できなかったからだとか、その場面に出てきた料理がとても美味しそうだったからとか、台詞がかっこよかったからとか。それを2つか3つ続ければ、原稿用紙でかなりの量になるはずだ。

正確な引用文があるだけで、国語の先生に「この生徒はきちんと読んでいるな」という印象を与えることになると思う。おすすめの方法だ。

 

◎10月5日(木)曇りのち晴れ

司馬遼太郎著『峠』を読み直す。長岡藩の家老、河井継之助の半生を描いた名作だ。かなりていねいに読んだので、今日は上巻のみ。なぜ再読したのかといえば、明日から福島県の只見町に行くからだ。河井継之助記念館に行くのが楽しみだ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村