こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

Vファーレン長崎のJ1昇格に感激。(230日目~231日目)

◎11月11日(土)くもりっぽい晴れ。

*深夜、ケーブルテレビで映画『キューブ』がやっていたので観てしまう。何度見ても面白い。グロい映画でも、何度も見たくなるものと趣味が悪くて腹立たしいものとがある。その違いはどこにあるんだろう。

 

*読書日記を書くべく、引き続き『峠』(下巻)の精読。

奥羽列藩同盟に名を連ね西軍(官軍)と戦うことを決意した長岡藩。河井継之助の演説の中に「よろしく公論を百年の後に俟(ま)って玉砕せんのみ」ということばがある。官軍と旧徳川軍、いずれが正しいか。その論議が落ち着くのは百年後でなければならない。その百年の後世に正邪の判断を任せるべきであって、今はただ玉砕するのみ、という演説だ。

これは「ミネルバのふくろうはたそがれに飛び立つ」ということばを思い起こさせる。ある思想や行動が正しかったかどうかは、その時代の夕暮れ時、つまりその時代の終わりになってみないとわからない。

『峠』は読んだつもりになっていたが、精読するとさまざまな発見がある。

 

◎11月12日(日)晴れ。

*J1に昇格したVファーレン長崎の昨日の試合を、DAZNで改めて見直した。Vファーレン長崎は今年の初め、財政危機でチームが消滅するのではないかとささやかれていただけに、J1昇格はどれほど嬉しいことだろうか。チームの選手やスタッフやサポーターの一体感が画面から感じられて感激した。観客動員数は22407人。長崎のスタジアムには天皇杯を見に1度だけ行ったことがあるが、あそこにそんなに入るのかと驚く。

ロスタイムにファンマが足を痛めたようだったが、大丈夫だろうか?この選手は長崎の生命線だ。高木監督もこんなスーパー外国人をよくぞ連れてきたと思う。長崎に来年行くのが楽しみだ。

 

水戸ホーリーホックvsモンテディオ山形。こっちはDAZNでライブ観戦。0-1で負けた。前田大然の移籍情報はまだないが、おそらく来年は水戸にいないだろう・・・と思うと寂しい。J1ですら、こんな面白いプレーヤーは見たことがない。スピードスターだというだけでなく(スピードのレベルもすさまじいけど)、技術もスタミナもある。ピッチのどこにでもいる印象だ。大然のおかげで今年の水戸は本当に楽しかった。まだ1試合を残している。最後こそ勝ってくれ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村