こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

見たいけど見られない名作映画100選の2作目「マイ・ネーム・イズ・ジョー」と勉強日記のことなど。

◎1月21日(日)晴れ。

「見ておいて損はない名作映画100選」の2作目はケン・ローチ監督の作品を選んでもらった。カンヌ映画祭で作品賞を取った「わたしは、ダニエル・ブレイク」や代表作「ケス」に勝る傑作だということなので、見たくて見たくて仕方がない。ところが、残念ながらその作品はTSUTAYAでレンタルDVDを扱っていないので、見ることができない。映画館で見るしかないのだが、さていつ上映されるのか?

 

名作映画100選の2作目。

f:id:kodairaponta:20180121144657j:plain

マイ・ネーム・イズ・ジョー

(1998/イギリス)

監督:ケン・ローチ

主演:ピーター・ミュラン/ルイーズ・グッドール

 

今取り組んでいる「世界近代小説50選」も、絶版のものが多い。どうしても読めないものは、同じ作家の違う作品を読むしかない。同様に、「マイ・ネーム・イズ・ジョー」を見ることができない場合は、ケン・ローチの他の作品を見ようかと思っているのだが・・・いや、しかし、なんとか見る機会がないものだろうか。

 

*勉強日記

【化学】

『鎌田の理論化学の講義』第1章「原子と化学量」~第2章「結合と結晶」を途中まで。(P24~68)

『化学入門問題精講』第1章「物質の構成」第2章「物質量と化学反応式」をそれぞれ途中まで。(P8~26、P36~41)

【日本史】

『石川の日本史B講義の実況中継④』第62回「日中戦争」~第63回「アジア・太平洋戦争」まで読む。

『教科書よりやさしい日本史ノート』89「ファシズムの進展」~92「太平洋戦争2」までの穴埋め問題を解く。

日本史はさらっと終えたが、化学はここまで終えるのに何日もかかっている。『鎌田の理論化学の講義』の巻末付録を見て、周期表や化学式やイオン式を暗記しているか確認してから本文に取り掛かるので少し時間がかかるが、やっただけの甲斐はある。

今年に入ってから、少しずつ細切れに勉強する方法はやめた。前やったことをすぐに忘れてしまい効率が悪いからだ。そこそこ長い範囲を数時間かけて取り組んだ方が記憶に定着するような気がする。

 

ボッカッチョ著『デカメロン』上巻も読み終えた。はじめは控えめだったエッチな話が、だんだん大胆で、どぎつくなっていく。『チャタレー夫人の恋人』くらいの小説で発禁処分なら、『デカメロン』はヨーロッパでどういう扱いをうけたのだろうか。訳者の平川祐弘氏の解説も面白い。近いうちに読書ノートにまとめるつもりだ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村