こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

見ておいて損はない名作映画100選の4作目。映画:藍色夏恋

見ておいて損はない名作映画100選

「見ておいて損はない名作映画100選」の4作目は台湾映画だ。ハリウッド映画のような派手なストーリー展開はないが、後からじわじわと感激が胸に迫ってくる。

 

4作目。

f:id:kodairaponta:20180130182158j:plain

藍色夏恋

(2002/台湾・フランス)
藍色大門 BLUE GATE CROSSING
監督:イー・ツーイェン
出演:チェン・ボーリングイ・ルンメイ/リャン・シューホイ

 

主人公は17歳の女子高校生、モン・クーロウだ。彼女は親友のリン・ユエチャンに恋の相談を持ち掛けられる。相手は水泳部のチャン・シーハオだ。彼にのぼせあがる親友に頼まれ、モン・クーロウはチャン・シーハオに話しかけたり手紙を渡したりするのだが、徐々にチャン・シーハオはモン・クーロウのことが好きになってしまい、モン・クーロウもチャン・シーハオに好意を抱くようになり・・・。

つまり、モン・クーロウとチャン・シーハオの微妙な関係が映画の主題となってくるわけだが、単純な恋物語ではない。思春期ってこんなに不器用で、こんなに愚かだったか?と見せつけられるようなほろ苦い映画なのだ。

17歳は自分のことで手一杯だ。だから自分の感情をいとも簡単に爆発させるし、他人を堂々と傷つけてしまう。相手を平気で困らせたりもする。モン・クーロウは、手も足も自分の思うとおりに動かすことができず、ことばもうまく使えないハリネズミみたいな女の子だ。チャン・シーハオに「付き合おうよ」と無邪気に言われたときも、面倒だと思う気持ちが先に立ち、「好きじゃない!」と噛みつくように断っている。

彼女はチャン・シーハオとつきあうことで親友のユエチャンを失いたくない。ところがこの親友たるや、「女性が嫌いな女性ランキング」の上位に躍り出そうな自分勝手なヤツなのだ。この親友のわがままにモン・クーロウは散々振り回される。それでもモン・クーロウの高校生活にとって、ユエチャンはかけがえのない居場所となっている。互いにじゃれあったり、たいした意味もない秘密を大げさに打ち明けあったりする女友達は絶対に必要だ。「なんであんなヤツと親友だったのかな」と振り返るのは、ずっと大人になってからでいい。

「なんであんなこと言っちゃったんだろう」「どうしてあんなことしちゃったのかな」と、17歳なんて恥ずかしいことばかりだ。そんなはかない体験を繰り返しながら、みんな大人になっていく。不器用に手足を振り回すだけで、何も手に入れていないかのように思える17歳の夏。でも「ほんとうのこと」は残る。相手が本気になって向き合ってくれたこととか、カッコ悪いけど誠実だったとか優しかったなとか。

 

ラストシーン。シャツをはためかせながら自転車を走らせるチャン・シーハオの後ろ姿にモン・クーロウのモノローグが重なるのだが、これには泣ける。なつかしくて切なくて、何ともいえないほろ苦さが残る。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村