こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

「日本の黒い霧」いろいろ。

◎5月31日(木)くもり たまに小雨。

仕事帰りにいつものごとく、本屋さんに寄ってしまった。以前から読みたかった、松本清張著『日本の黒い霧』(上・下)を買う。「帝銀事件」だの「下山事件」だの、題名を見ただけでぞくぞくしてしまう。(「帝銀事件」は、以前CSで実録ドラマを見たが、不気味な事件だった。捕まった人が限りなく冤罪にみえるのも怖い。)

この本から「黒い霧」という流行語が生まれ、1969年から1971年に発覚したプロ野球八百長事件は「黒い霧事件」と呼ばれた。とはいってもリアルタイムでこの事件のことを知っているわけではないのだが、今回Wikipediaを読んで、かなりの大事件だったことを知り驚愕する。この八百長事件で多くのプロ野球選手が永久追放となった。

この時、西鉄の新人だった東尾修の話が面白い。当時、投手としてやっていく自信を失い野手転向を首脳陣に申し入れた東尾だったが、西鉄黒い霧事件で投手不足に陥ったため、野手転向を却下されたばかりか主力投手としてフル回転することになった。これがのちの200勝投手になるのだから、世の中わからない。

 

f:id:kodairaponta:20180531185108j:plain

文房具屋さんで、コクヨの100枚ノートを手に入れる。これで何冊目か?数学も現代文も歴史も化学も、全部同じノートでこなしている。そのため最後のページまで進むのが早いので、やり切ったような気になるところがいい。最後のページまで使い切ると、あっさり捨ててしまう。あまりノートは見直さないのだが・・・ダメかな?

 

*勉強日記

<現代文>

『現代文 標準問題精講』(P18-23)

2.鈴木孝夫「ことばと文化」を読む。記述問題もノートに書いてみる。

ことばがあるから世界は認識できる、という主張を述べた論説文。唯名論実在論(このテキストでは「実念論」)について書かれた文章はかなり読んだ。このテーマは現代文の頻出テーマだ。

 

<世界史>

『ナビゲーター世界史B④』の2周目。56「戦後世界(2)」のやり残しを最後までやる。次回ですべて終わらせよう。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村