こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

まさかのオウンゴールで敗北。どうなる、FC東京!?

◎9月15日(土)雨。肌寒い。

この一週間、なかなか勉強する時間が取れなかった。9月30日までに『詳説世界史研究』『詳説日本史研究』を読了するのは無理かもしれない。とはいえど、何が何でも最後まで読み切りたい。幸い、内容が面白いので苦痛に感じることはない。このシリーズはエピソード満載で読みごたえがある。

 

今日、DAZNベガルタ仙台vsFC東京の試合を見る。まさかのオウンゴールで敗北。(1-0)。吹田スタジアムで生観戦したときはアディショナルタイムガンバ大阪に決められてしまった。あれから全然勝てていない。夏場の疲れが出てきたせいか、べた引きの相手を崩すアイデアが出てこない。いい選手はたくさんいるのに。これからどうなる、東京!?

 

*勉強日記

<世界史>

『詳説世界史研究』第10章「近代ヨーロッパ・アメリカ世界の成立」を終わらせ、第11章「欧米における近代国民国家の発展」に入る。(P307-327)

フランス革命はすさまじい。社会制度だけではなく、人間そのものも新しく作り替えようとした。キリスト教はやめて、これからは「理性」を崇拝しよう!7日からなる「週」は廃止して、新しい暦を作ろう!地方言語は撲滅しよう!

革命は「文化大革命」とセットだ。しかし、「人間」の力で「人間」を作り替えることは無理ではなかろうか。極端から極端に振り子の針が振れる世の中は生きた心地がしないだろう。

その後、フランスを救ったナポレオンは天才だということを改めて確認する。戦争が強いだけの人かと思いきや、政治の世界でも頑張った。ナポレオンの生涯を描いた小説があれば読んでみたい。

 

<日本史>

『詳説日本史研究』第6章「幕藩体制の確立」の途中まで。(P237-260)

織豊政権を経て、江戸幕府幕藩体制が成立するまでを読む。江戸幕府になっても天皇は相変わらずかわいそうな存在だ。

二代目将軍徳川秀忠の治世に、後水尾天皇は譲位をしたいと幕府に訴える。数年前から体に腫れ物ができてお灸をしたいのだが、天皇在位中にお灸の治療はできない。(!?)だから譲位したいのだという。お灸の治療もできないなんて、あまりにも不憫だ。

ところが譲位した後、誰が天皇になるのか。女一宮興子(おきこ)が即位することになるのだが、まだ彼女は6歳。秀忠は「女性天皇でもかまわないけど、さすがに6歳はちょっと・・・」と、譲位に難色を示す。

この時代は女性が天皇でも構わなかったのだ。(この後あれこれ騒動があって、結局、女性天皇が誕生することになる。)いつから女性天皇はダメになったのか?

外国人との交易の話も面白い。東京・八重洲の地名がヤン・ヨーステンから来ていたとは知らなかった。

隠れキリシタンをあぶりだすために踏み絵が実施されたというが、踏み絵なんか踏めばいいじゃないか、と思う。踏もうが踏むまいが、信仰には関係ないのではなかろうか。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村