こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

自分の常識では考えられない「変な人」の立場で人生相談を書いてみる。

◎11月2日(金)秋晴れ。暖かい。

読売新聞がやっている「発言小町」という匿名で人生相談を書き込める掲示板サイトがある。匿名の人が悩みを掲示板に書き込み、それを読んだ読者がレスをつける。バス待ちの時間でこれを見ることがあるのだが、仕事やらお金やら育児やらさまざまなテーマで投稿されていて「世の中いろいろなトラブルや悩みがあるんだな」と感心する。

しかし、たまに「これ、真面目に書いてるのかな」と首を傾げるような内容に出会う。どう考えても、非難の集中砲火を浴びることをわかっていて投稿しているというか、わざと非難を煽って喜んでいるんじゃないかと思えるような。たとえば、こんな感じだ。

「今、婚活中です。私は45歳で一度も働いたことがないのですが、家事だけは完璧にこなすことができます。自分でいうのもなんですが、美人だし性格もいいし、偏差値の高い大学も出ています。年収1500万円以上の男性が希望なのですが(できれば名の知れた大きな企業に勤めている人がいい)、どうしたら知り合えるでしょうか?」

人生相談をそのまま引用するのはまずいので、上の例文は私が作った。でも、雰囲気は伝わるのではないかと思う。こんな投稿をすればどういう反応がくるかわかりきってるだけに、どこまで本気か限りなく怪しい。暇つぶしに投稿していないか?と疑ってしまう。「ちなみに母とも同居してくれる人がいいです」などと付け加えれば、「おいおい、何様だ」となること必至だ。

自分の「型」から外れた人物像を書くのは意外と難しいが面白くもある。話は違うが、小説やマンガには「普通の常識からかけはなれた考え方や行動をとる人」がよく出てくる。作家は日常生活でよく人を見ているに違いない。自分と似たような人物ばかり登場させるようでは作品にふくらみがでない。そして妙な人に出会うたびに「あ、これ使える」「今度、こういう人登場させようっと」と意外と喜んでいるかもしれない。

日常生活で理不尽な思いをしたら、その「嫌なヤツ」の立場に成り代わって人生相談を自分のノートにでも書いてみてはどうだろうか。意外と「嫌なヤツ」の考えを客観的に見ることができて、滑稽に思えてくるのではなかろうか。

 

*勉強日記

<世界史>

『詳説世界史研究』第Ⅳ部 第13章「帝国主義とアジアの民族運動」に入る。(P393-414)

ブール戦争(南アフリカ戦争)のあらましを初めて知る。ブール人はケープ植民地に入植したオランダ系白人だ。ケープ植民地がイギリス領になったため、ブール人は北の方に移動した。その土地からダイヤモンドと金が出ることがわかり、イギリスと戦争になる。「それ欲しい!」という駄々っ子のような理由で戦争になってしまうのが不思議でならない。イギリスが取った焦土作戦だの、一般ブール人を強制収容所に入れてしまうやり方だのが国際非難を浴びたらしいが、命がけで戦争の惨状を報道する記者がいたということか。

ヴィルヘルム2世が登場してから、ドイツはなんだかよくわからない国になってしまう。ロシアと再保障条約を結ばなかったためにロシアとフランスを近づけてしまうし、イギリスのことは建艦競争や3B政策で刺激するし、モロッコ事件でフランスとの緊張関係を自ら煽って喜んでいるし、いったい何がしたかったのか?

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村