こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

ラグビー大学選手権決勝、FC東京新体制発表会、読書ノート。

◎2019年1月13日(日)晴れ。あたたかい。

昨日はラグビー大学選手権決勝戦(明治vs天理)を興奮しながら見た。面白かった。訳あってテレビ観戦になってしまったのだが、どちらが勝ってもおかしくない素晴らしい試合だった。秩父宮ラグビー場に足を運んだ人が羨ましい。

ラグビー場に足を運んで見る人は本当にラグビーのことを知っている人が多くて、観戦しながら試合の解説をつぶやいているので、ど素人の私はいつも周囲に聴き耳を立てている。ヤジもウィットに富んでいて面白い。「落とせ」とか「はずせ」とか、相手の失敗を望むようなヤジはまずない。サッカーとはまるっきり違うところがいい。

 

サッカーといえば、昨日はFC東京の新体制発表会もあった。(ホームページで動画が見られる。)メディアの質問は「新加入選手にお聞きします。FC東京に入る決め手は何だったのでしょうか」とか「今シーズンの意気込みをお聞かせください」とか、正直どうでもいいものが多かった。それよりも長谷川監督が「補強で苦戦している」と明言しているのだから、どのポジションを特に必要としているのか補強のポイントが知りたかった。それからJ3との兼ね合いについても知りたい。今年は準主力の選手がかなり移籍した。レンタルに出した選手もいる。J3に回す選手が足りないのではないか?という不安はいつもある。J3に望むものは何なのだろう。その辺をはっきりと訊いてみたい。

昨年は後半に大失速してしまい、タイトルには程遠い成績で終わってしまった。今年こそ、せめてACL圏内(3位以内)に入れますように。本当はリーグ優勝がしたい。

 

本も数冊読んだ。その中の一冊。

f:id:kodairaponta:20190113200943j:plain

ロンブ・カトー著『わたしの外国語学習法』(ちくま学芸文庫米原万理訳)

著者は留学経験なしに16か国語をマスターしてしまった同時通訳者だ。単なるハウツー本でなく読み物として面白い。筆者が強く勧める勉強法は、文法を学んで語学の体系をマスターすることと原書を読破することだ。「やはりそうか」という思いだ。読書にまさる勉強法はないということを改めて教えてくれた一冊だ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村