こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

センター試験「国語」を解いてみた。

f:id:kodairaponta:20190120212724j:plain

今朝の朝刊にセンター試験1日目の問題と解答が載っていたので、さっそく国語に挑戦してみた。現代文は論説文も物語文も読みやすい。これは楽勝だ!と思ったら、1の論説文は1問、2の物語文は2問も間違えてしまった。解答を見直して、どうしてこんなミスを犯してしまったのかと反省する。うーん。くやしい。

1の論説文は翻訳家としてのジレンマについて書かれた文章だった。原文を直訳して注をつけるやり方は読みにくい。そこで「日本人ならこういう時、こう言うだろうなあ」ということを考えて自然な表現に言い換えるわけだが、「これは果たして翻訳といえるのか?」という疑問がふと胸をよぎるわけだ。また、原文が変な時は翻訳だって変になる。ところがそういうときは翻訳家のせいにされてしまう。この短い文章の中でも翻訳家の大変さがよくわかる。

2の物語文は上林暁『花の精』より。主人公の男が月見草を求めて友人と多摩川べりに行く話だ。いつも私がサッカーを見に行っている味スタのあたりではないか?1940年の味スタ近辺が恐ろしいほどド田舎なことに驚いた。話の内容とはあまり関係ないが。

ちなみに3の古文も解いてみた。古文の知識はあまりないが、お話の内容が簡単でわかりやすかった。とあるお姫様に恋をしてしまった狐の話だ。

4の漢文はまったくわからないのでパス。参考書で勉強すれば理解できるようになるのだろうか?

 

日本史Bは初めのところだけざっと目を通してみた。全然問題と関係ない記述が意外と面白かった。

869年、東北一帯は大地震津波に襲われる。震災後に大宰府にいた新羅人は東北に移住させられ、その技術力を復興のために使うことになった・・・とか、アイヌがモンゴル軍を撃退したことがあるとか、知らない話ばかりだ。でも繰り返しになるが、この面白い部分は問題とは関係ない。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村