こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

アジアカップ準決勝/洋書をフラフラフラミンゴ読み/『風と共に去りぬ』など。

f:id:kodairaponta:20190131155155j:plain

◎2019年1月29日(火)晴れ。風が強い。

昨日の深夜はアジアカップ準決勝をTV観戦した。日本vsイランは3-0でまさかの完勝だ。イランには苦戦すると思っていたが、あっさり勝ってしまった。大迫は警戒されてかなり厳しくマークされていたが、しっかりとボールをおさめてくれる。大迫の凄さが際立った試合だった。

もうひとつの準決勝はUAEvsカタールだ。UAEカタールは国交を断絶している。だからといって、カタール国歌斉唱のときにUAEサポーターが大ブーイングを浴びせるのはいかがなものか。みっともないぞ、UAE。ところが完全アウェイ状態でもしれっと勝ってしまうカタール。決勝は日本vsカタールになった。UAEサポーターは日本を応援してくれる・・・のだろうか?

この大会には出ていないが、中島翔哉カタール1部に移籍するらしい。中東五か国と国交断絶している国って実際住んでみてどうなんだろう。特別の緊張感があるんだろうか。

 

いつもの本屋さんに行き、佐藤優著『人に強くなる極意』(青春文庫)と村上春樹著『ノルウェイの森』(上・下 講談社文庫)を買う。

本日『Next Stage』はP93まで。洋書はフラッ、フラッ、フラッ、フラッ、フラミンゴ読書でやっとP16まで進んだ。

 

◎2019年1月30日(水)晴れ。

夫をクルマで送ってから、そのままガソリンスタンドへ。久々に洗車する。洗車が終わるのを待っている間、『風と共に去りぬ』第二巻に没頭する。原作本は映画にはなかった戦争のグロテスクさがそのまま描かれている。南北戦争の死傷者がすさまじい異臭を放ち、蠅やウジがたかっているシーンなんて映画にはない。黒人奴隷と白人たちの距離感も面白い。白人たちは黒人奴隷を「家族」だと思っているし、親愛の情も持ちあわせている。「家族」のような暮らしをしているから、白人たちは自分たちが差別意識を持っていることに気がつかない。黒人奴隷も自分たちが差別されていることに気がつかない。その辺の空気が面白いというか、興味深い。

 

本日『Next Stage』はP105まで。前日間違えた問題にチェックをいれ、それを片付けてから先に進む。洋書はフラフラフラミンゴで、なんとかP24まで進む。洋書を開くには私の場合強い意志がいる。

昨日買った佐藤優著『人に強くなる極意』(青春文庫)を読了。具体的でわかりやすかった。多作の作家は作品によって当たり外れがあるけれど、佐藤さんの著作は何を読んでも外れがない。これはすごいことだ。

村上春樹著『ノルウェイの森』上巻も第5章まで読みふけってしまった。『ノルウェイの森』はブームになった1987年の初版本を買って読んでみたが、当時の私は本を読む技術も基礎知識もなかったので、すぐに放り投げてしまった。どうしてこの面白さがわからなかったのだろう。絶対に20代には戻りたくない。あれは私の暗黒時代だ。

 

◎2019年1月31日(木)くもり時々晴れ。

今日は深夜に雪が降るとの予報だ。昼間はあまり風がないので思ったほど寒くない。

現代文の力を落としてしまわないために、『中学入学試験問題集 国語編』のうち2校分を解く。中学入試程度ならそれほどややこしい問題も出ないので、いいウォーミングアップになる。

来月開催する「ヨコハマフットボール映画祭2019」が気になって仕方がない。世界のフットボール映画を集めて上映するらしいが、面白そうだ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村