こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

「フットボールが好きな登場人物が観たい」/ヨコハマ・フットボール映画祭2019

f:id:kodairaponta:20190216192520j:plain

◎2019年2月16日(土)くもりっぽい晴れ。

クルマを飛ばしてヨコハマ・フットボール映画祭2019に行く。奥の部屋ではいくつかのサークルがサッカー関連の同人誌を販売していた。面白そうだったので二冊買う。映画上映は講堂で行われたが、上映前にはアンケートの紙を渡された。アンケートには点数表がついており、映画に点数をつけて面白かった映画を決めようという企画らしい。手作り感満載でいい雰囲気だった。

f:id:kodairaponta:20190216194909j:plain

『冷たい汗』(イラン)

女子フットサルのイラン代表チームの主将を務めるアフルーズは、アジア選手権大会決勝の行われるマレーシアへ向かうべくチームメイトと共に空港で出国手続きをしようとするが、管理局に出国を止められてしまう。理由は「夫が出国を許可していないから」。出国の許可を求めるアフルーズとそれを阻止しようとする夫とのバトルが始まる、というストーリーだ。
夫の束縛モンスターぶりも大したものだったが、妻もモンスターっぽいところがあるのでどっこいどっこいの勝負だ。初めは彼女の味方をしようとしてくれた人たちがどんどん離れていってしまう様はつらい。また、アフリーズのフットサルに対する情熱があまり見られなかったのも残念だ。フットボールが好きで好きでたまらないヒロインの姿があれば、ちょっとぐらいキツい女でも共感できたのに。

f:id:kodairaponta:20190216202807j:plain

『ピッチの上の女たち』(フランス)

ランスの地方紙記者のちょっとした思いつきから、フランス初の女子サッカーチームが誕生した、というコメディドラマだ。「女がサッカーをやるのか?」という世間の偏見に曝されて大変な思いをする女性たち、というテーマは『冷たい汗』と被る。でも、こちらはそこそこ楽しめた。登場人物がサッカーを楽しんでいるからだ。

一番好きなのは、女子サッカーチームができてから選手である自分の妻を応援するおじさんサポーターだ。ピッチの上の妻はチームの主力というわけではないけれど、夫は試合のある所どこにでも出かけて行って旗を振りながら応援する。サッカーをスタジアムまで見に行く人なら、この幸せな光景がきっと好きに違いない。

 

今日は見なかったが、予告編では『蹴る』が面白そうだった。電動車いすサッカーの選手たちを追ったドキュメンタリー映画だ。ポレポレ東中野でも上映するらしい。うーん、観に行ってみようかな。

 

帰りは久々の中華街で遅い昼食を食べた。鶏おかゆ、豚チャーハン、鳥もつ、シューマイ。美味しかった。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村