こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

ここ数日間のできごとを簡単に/清水エスパルスvsガンバ大阪@IAIスタジアム日本平

日記がたまってしまったので、できごとだけ簡単に書いておく。

◎2019年2月28日(木)雨。

午前中は家で仕事。午後は実家へ行く。

◎2019年3月1日(金)小雨→晴れ。

スポーツクラブの友人と昼食。夜はクルマで清水へ向かう。清水出身で清水サポーターの夫につきあい、清水エスパルスのホーム開幕戦を見に行くためだ。深夜の東名高速はガラガラだ。新東名も快適だが、私は由比へと向かう真っ暗な道が好きだ。

◎2019年3月2日(土)晴れ。

清水エスパルスvsガンバ大阪 @IAIスタジアム日本平

Jリーグ第2節。清水ホーム開幕戦は15820人の観客が入った。私たちはホーム側のS指定席から観戦する。やはりスタジアムで見るサッカーは格別だ。

f:id:kodairaponta:20190305112320j:plain

f:id:kodairaponta:20190305112404j:plain

清水エスパルス:先発メンバー>

GK 六反

DF 立田 ファンソッコ ヴァンデルソン

MF 松原 六平 飯田 河井 金子

FW 中村 北川

交代 70分 飯田→チョンテセ

   78分 中村→飯田

   86分 金子→滝

<試合結果>

清水2-4G大阪(得点:清水/中村、滝 G大阪/小野瀬、アデミウソン(2ゴール)、ファンウィジョ)

<観戦メモ>

前半と後半でこうも違うのか、という試合を見せられた。

前半清水はスリーバックを採用してきた。アンカーの位置には六平。コンパクトにまとまっていて、決定機もかなり作り出していたように思う。清水のコンパクトさに比べ、ガンバは間延びしているような印象を受けた。前半は1-1。

ところが後半はがらりと状況が変わってしまう。後半57分、アデミウソンからのパスを受けたファンウィジョがペナルティエリア深くまでえぐる。これを止めようとしたヴァンデルソンがあっけなく交わされてしまうのだ。真ん中に飛び込んできたアデミウソンがパスを受けて難なくゴール。ヴァンデルソンはなぜあそこで飛び込んで飛びこんでしまったのか?この失点がものすごく大きかった。1-2とリードを許す展開に。

後半68分、ペナルティエリア付近で六平がファールを与えてしまう。前列で見ていたサポーターが「あんなところでファールすんなよ!」と叫んでいた。後ろを向いていたプレーヤーへのファールだったので、それほど無理をしなくてもよかったのではないか。遠藤のFKからアデミウソンが頭で合わせ、1-3。

ここで清水は4バックに切り替える。システムを切り替えても全然セカンドボールが拾えない。ガンバにシュートをばんばん放たれ、守備はばたばたしている。六反の好セーブがなかったらどうなっていただろうか。

さらにヴァンデルソンのパスミスからガンバにボールを持たれ、ファンウィジョに決められ1-4に。万事休す。帰り出す観客がちらほらと見える。ここから4点入れて逆転するかもしれないじゃないか!いや、無理か。前に座っていた子供が「勝たないとつまんないよー。ねー、つまんないよー」とぐずりだす。

最後に若い滝がゴールを決めてくれたから救いはあったものの(結局は2-4で試合は終了)、勝手に自滅したような試合だった。前半の試合運びは良かったのだから3バックが悪いわけではないとは思うが、次節はどう戦うのだろう?アンカーは誰にするのだろう?

スタジアムの帰り、幼稚園くらいの男の子が「最後、ドカーンって決めた。ドカーンって」とお父さんに何度も言いながら歩いていた。最後に滝が決めてくれて本当によかった。

この日は夫の実家で夕飯を食べ、「草薙の湯」に寄ってから帰る。

◎2019年3月3日(日)雨。

午前中はスポーツクラブ。夫は東京マラソンを見物に行った。近所がマラソンコースになっているので。午後は会社のパーティーのため、某ホテルまで出向いた。開場時間がくるまでスタバで読書をする。

◎2019年3月4日(月)雨。

一日中仕事の日。けっこうハードな一日だったので、夜帰ってから何もする気が起きない。インスタントラーメンを食べながらDAZNで先日行われた湘南ベルマーレvsFC東京戦をチェックする。試合結果は2-3でFC東京の勝利だ。1点差だが、意外とチームが躍動していたので嬉しかった。次回のホーム開幕戦が楽しみで仕方がない。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村