こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

読書ノート『和菓子のアン』/宇宙戦艦ヤマトと特殊相対性理論/秩父宮ラグビー場でサッカー

◎2019年4月8日(月)雨→くもり(少し晴れ間)→夜になって大雨。

f:id:kodairaponta:20190411190723j:plain

坂本司著『和菓子のアン』(光文社文庫

午前中少し晴れ間がのぞいていたので、洗濯物を外に干して仕事に出かける。夜、雷を伴う大雨となり、帰宅した時は洗濯物がびしょ濡れだった。もう一度洗い直して部屋干しする。残念、油断した。

スポーツクラブの友人が貸してくれた本を読了。坂本司著『和菓子のアン』(光文社文庫)。一気に引き込まれた。文体が「いやいや、そうじゃないって!」といった話し言葉で書かれているので、筆者もてっきり20代くらいかと思ったら、なんと私より2つしか違わなかった。和菓子の知識や百貨店のバックヤードの話が多彩で楽しめる。和菓子の世界って奥が深いんだな。

 

◎2019年4月9日(火)晴れ。

ここ数日間の勉強記録を書いておく。

*「基礎学力」勉強日記

<古文>

『読んで見て覚える 重要古文単語315』(前回の続き~P111)

「読んで見て」はいる。覚えてはいない。でも「読んで見」るだけでも面白い。

<英語>

『話題別英単語 リンガメタリカ』(前回の続き~P73)

単語を覚えて長文を読む。長文は大学受験の過去問から引っ張っているようだが、内容が抽象的で難しすぎないだろうか。とりあえず第2章「経済」の長文までは読んだ。「読む」というよりは「見た」と言った方が正しいか。

<生物>

『これでわかる生物基礎』(前回の続き~P54)

前回やったところをざっと読み、問題に取り組む。iPS細胞の発見が画期的なことだったということを改めて知る。何のことだかあまりよく知らなかったので。DNAだのRNAだの結構面白い。

<現代文>

『ちくま化学評論選』の「光が導く時間と空間」(P131-140)を読み、記述問題も仕上げる。

特殊相対性理論をわかりやすく解説した論説文だ。時間も空間も伸び縮みするという点で絶対的ではない。時間や空間は相対的なものなのだ。

<数学ⅠA>

『数学ⅠA 基礎問題精講』(前回の続き~P57)

数学は楽しい。しかし、前回の演習問題で1問だけ解答を見てもわからない問題があった。誰かに教えてもらいたいところだが、そんな機会はないだろうからあきらめるより仕方がない。

 

◎2019年4月10日(水)雨。寒い。

昨日現代文で読んだ「特殊相対性理論」に関する論説文によれば、どんなに技術が進んでも、光の速さと同じ速度で走る乗り物は作れないのだそうだ。光のスピードに近づけば近づくほど物体の質量は増大する。わずかでも質量がある物体は光のスピードを超えられないのだ。それでは光速を超える「宇宙戦艦ヤマト」はあり得ないということか?子供の頃、宇宙戦艦ヤマトが大好きだった私にとってはなかなかショッキングな話だった。

ヤマトといえば、先月まで深夜番組で「宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち」という昔の作品をリメイクしたアニメがやっていたので1回だけ見た。いやに心象風景が多すぎて誰と誰が戦っているのか全くわからない。あれが今風なのだろうか。

 

今日は仕事の一日だった。秩父宮ラグビー場FC東京vsサガン鳥栖ルヴァンカップ)がやっているというのに、見に行くことができない。秩父宮ラグビー場でのサッカーはサポーターにおおむね好評だったらしく、「また行きたい!」という意見をネットでたくさん見た。そりゃあそうだろう。秩父宮ラグビー場に行き慣れているだけに、自分がほめられているようでとても誇らしい。FC東京久保建英のFKで勝った。東京の公式HPでダイジェスト映像を見たが、スーパーゴールだった。一目散に健太(長谷川監督)の元に駆け寄ったタケちゃんがかわいらしい。久保は東京には欠かせない戦力になってしまった。次もやってくれ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村