こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

清水エスパルスvsセレッソ大阪/「二塁塁審よそ見問題」について

◎2019年4月20日(土)くもり。

清水エスパルスvsセレッソ大阪IAIスタジアム日本平

日帰りで清水に行ってきた。東名は事故渋滞で流れの悪いところがあったが、なんとか1時間前にスタジアムに着くことができた。当日、石毛が全治8カ月の大けがを負っていたことを初めて知る。清水にとってこれはかなり痛い。選手入場の時には、清水の選手は石毛の背番号である「8」のTシャツを着てピッチに入ってきた。

f:id:kodairaponta:20190421223243j:plain

f:id:kodairaponta:20190421223327j:plain

清水エスパルス:先発メンバー>

GK 六反

DF エウシーニョ ファン ソッコ 立田 松原

MF ヘナト アウグスト 竹内 金子 河井

FW チョン テセ 北川

交代 64分 竹内→六平

   71分 チョン テセ→ドウグラス

   89分 北川→二見

<試合結果>

清水エスパルス1-0セレッソ大阪(得点:清水/82分 北川)

<観戦メモ>

清水は4-4-2、セレッソは3-4-2-1の布陣だ。前半、清水は押され気味だった。セレッソの守備がコンパクトなのと、5バック気味になる最終ラインに手こずってなかなか球の出しどころが見つからない。セレッソはやたらと左右に揺さぶる球が多かった。清水のSBの裏狙いか、それとも左右に揺さぶることによって中央を空けたいという意図なのか。(とはいっても、左SBの丸橋からのクロスが多くて中央突破はあまりなかったような気がする。)失点するなよ!と思っているうちに前半は0-0で終了。テセは調子がいいらしくとても頼りになる。ところで北川はどこにいた?という前半でもあった。

ところが後半、この北川がやってくれる。セレッソフリーキックから六反のパンチングやら柿谷のクロスやらごちゃごちゃあって、六反がキャッチする。ここからの六反のフィードがすごかった。右サイドを駆け上がっていたエウシーニョにドンピシャでボールが渡り、キーパーが飛び出したのを見てすかさずシュート。ボールは枠を捉えきることができず左に流れていくが、猛スピードで走っていた北川がゴールライン際で追いつき、角度がほとんどないところからシュート。「これが入るのか」とスタジアム中を驚かせた技ありシュートだった。さすが清水のエースだ。

このまま試合は終了。1-0。今季初のホームでの勝利であり、今季初のクリーンシートだ。よかったよかった。

ところでボランチのヘナト アウグストは効いていた。高さもあるし、ボール奪取力が元FC東京(現・名古屋)の米本みたいだった。ドウグラスも調子が戻りつつあるようだし、これでエウシーニョが攻撃参加するようになったらかなり怖いチームになる。

f:id:kodairaponta:20190421223359j:plain

帰りはエスパルスドリームプラザに寄り「はとばキッチン」で夕食。「草薙の湯」に寄って帰る。ドリプラの広場では六反と立田が勝利報告会をやっていた。フル出場だったのにお疲れ様だ。

 

◎2019年4月21日(日)晴れ。

 知人に「友人が経営している会社を手伝わないか」という誘いを受ける。経験者募集中のその会社にはとても興味があったけれど、現在いろいろ余裕がないので泣く泣く(?)お断りする。私のことなど思い出してくれてありがとう。

 

プロ野球ニュース」では中日・ヤクルト戦の二塁塁審のよそ見事件について放送されていた。真中さんが「与田監督は抗議じゃなくてリクエストするべきだった」と言っているので何のことかと思ったら、本当は抗議の後にリクエストしてはいけないんだそうだ。しかしながら、これは恐らく審判団の対応がまずかった。2塁塁審は見ていないのに類推してセーフの判定を出してはいけない。まず自分たちで映像で確認するという姿勢を見せても良かったのではないか。

 

◎2019年4月22日(月)晴れ。

仕事の一日。またしても友人に本を借りてしまった。いつ読むの!でも自分の視野に入らない本だとつい「読む!」と調子のいいことを言ってしまう。

 

◎2019年4月23日(火)晴れ。

先日の「二塁塁審よそ見問題」でNPBが回答を出したそうだ。別にぼーっとしてよそ見したわけではなく、確認が遅れた理由はあった。
DAZNでは「ジャッジ・リプレイ」という面白い番組がやっている。毎回Jリーグの試合での微妙な判定について検証する番組だ。なぜこの判定は正しいのか。誤審ならばなぜ誤審を招いてしまったのか。審判の立ち位置から選手のプレーがどう見えるのか、競技規則がどうなっているのか、わかりやすく解説してくれるので「なるほど」と唸ることが少なくない。今までよく知られていなかったルールも知ることができる。

この「ジャッジ・リプレイ」の野球版をどこかでやってくれないだろうか。ましてや野球はサッカーよりもルールが複雑なスポーツだ。微妙な判定の時、審判はどこにいるのか、何を見ているのか、ルールはどうなっているのかといったことまで解説してくれると、観客もゲームをより興味深く観られるのではないだろうか。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村