こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

東京ヤクルトスワローズvs千葉ロッテマリーンズ@神宮球場/FC東京、悔しい連敗/勉強日記(世界史、数学ⅠA、日本史、英語)

◎2019年6月23日(日)くもり。

東京ヤクルトスワローズvs千葉ロッテマリーンズ神宮球場

久々に神宮球場を訪れた。今年のヤクルトはダメダメだ。交流戦の前は16連敗。交流戦に入ったら入ったで全てのカードで負け越し。先発がふらふらしているせいで、中継ぎに過度な負担がかかっている。珍しく先発が好投したときに限って、打者がまったく打たない。いったいどうすればいいんだ。

目下、最下位街道まっしぐらの東京ヤクルトスワローズ。それでもファンは懲りずに応援するのであった。がんばれ!

f:id:kodairaponta:20190623214632j:plain

ところが先発の高橋奎二ときたら、初回からふらふらしていてどうなることかと思った。四球やら死球やら暴投やらを繰り出しておきながら、よく6回2失点で済んだと思う。6回表の時点で2-2の同点だ。

ところが6回裏、ヤクルトは機動力を使うのだ。1死1・3塁でバッターは奥村。3塁ランナーの中村悠平は足が遅いわけではないが、特に速いとも思っていなかったので、スクイズはないと思っていた。そうしたら、奥村が三塁線にまさかのスクイズ。これが成功し、ヤクルトが3-2と勝ち越す。今日一番の見せ場だった。

さらに7回には村上がタイムリー。8回にも追加点を入れ、試合は6-2で勝つことができた。高橋奎二も今季初勝利だ。よかったよかった。

f:id:kodairaponta:20190623214707j:plain

 

帰ってからDAZNベガルタ仙台vsFC東京の試合を見る。スタジアム観戦でないのでさらっと書くが、2-0で東京が敗れた。今季ワーストの試合だった。何にせよ、球の奪われ方が本当に良くなかった。攻→守の切り替えを最近では「ネガティブトランジション」と言うらしいが、その切り替えの部分が後手を踏んでいた。連敗は痛い。

でもまだ首位キープだ。次節のリーグ戦はマリノスとの対戦だ。必ず勝ってくれ。「今年こそ優勝したいんだ!」

 

*「基礎学力」勉強日記

<世界史>

『詳説世界史研究』(前回の続き~P508)を読み、『書き込み教科書』で復習する。

1956年の日ソ共同宣言では、北方四島のうち、平和条約締結後に色丹島歯舞諸島ソ連から日本に返還されると明記されている。しかしアメリカは日ソが接近しすぎるのを警戒して、日ソ平和条約が締結されるなら沖縄は返還しないと日本に告げている。敗戦国はつらい。

<数学ⅠA>

『数学ⅠA 基礎問題精講』(前回の続き~P159)第5章「整数の性質」のほとんどを終わらせる。あとは「ガウス記号」を残すのみだ。整数問題は私の考える「ザ・数学」の世界そのものだ。

<日本史>

『詳説日本史研究』(前回の続き~P480)を読み、『書き込み教科書』で復習する。

第二次世界大戦のところは読んでいて本当につらい。日本では対米交渉を粘り強く続けようとしていた人たちもいた。ハル・ノートを突き付けられる前に何とかならなかったのだろうか。戦争だけは絶対に嫌だ。二度と起こしてはいけない。

<英語>

『実践ビジネス英語』6月号を何度も声を出して読む。なめらかに読めるようになってくると楽しい。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村