こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

池内紀先生の訃報/国際防衛ラグビー開催!

◎2019年9月4日(水)くもり。

仕事の一日。ルヴァンカップ準々決勝第1戦でFC東京ガンバ大阪に敗れた。興味深かったのは、この試合からVARが導入され、ガンバ大阪の2点目が取り消されたことだ。東京のサッカーはびっくりするほどダメダメだったらしいから、1-0で済んでよかったと思うべきか。第2戦では何が何でも勝って準決勝に進んでほしい。

夕食(夜食)を作ろうとして冷蔵庫をあさっていたら、半分使いかけのゴーヤが出てきた。いつぞやグリーンカレーを作った時の残りだ。忘れていてごめんよと詫びつつ、豚肉や小松菜と一緒に炒めてワインでいただく。

 

◎2019年9月5日(木)くもり→晴れ。

ドイツ文学者・池内紀先生の訃報を聞き、胸がいっぱいになってしまった。

f:id:kodairaponta:20170420162211j:plain

ゲーテ著『ファウスト』は池内先生の翻訳がなければ読めなかった。

ドイツ語の原文は韻文らしいのだが、池内先生は大胆にも散文で押し通した。無理に詩句を翻訳すると、ゲーテが苦心した一切が消えてしまうからだ。

詩句をなぞるかわりに、ゲーテが詩体を通して伝えようとしたことを、より柔軟な散文でとらえることはできないか。いまの私たちの日本語で受けとめてみてはどうだろう。(ゲーテ著『ファウスト』上巻P327/集英社文庫

散文で『ファウスト』を訳すことは勇気が必要だったのではないか。しかし、池内訳のおかげで、私は『ファウスト』を最後まで読み切ることができた。『ファウスト』を最後まで読み通し、どのような話なのか見渡すことができたことは、私にとって大きな財産になった。『カント先生の散歩』や『永遠平和のために』も本棚から引っ張り出して読み返しているところだ。ユーモアたっぷりのエッセイも本当に楽しかった。

池内先生、今までお疲れさまでした。そして私のようなタダの主婦まで『ファウスト』の世界に誘ってくださって、本当にありがとうございました。

 

◎2019年9月6日(金)晴れ。暑い。

以前働いていた職場の友人が転勤先から近くに引っ越してきたので、久々にランチをした。一緒に働いていた頃より、親しく近しく感じられた。向こうもこっちも変わったんだろう。20代の頃は余裕がなかった。あまり戻りたいとは思えない苦い時代だ。

今日はラグビー日本代表vs南アフリカ代表のテストマッチだった。結果はボロ負け。でもテストマッチで出来が良すぎるとかえって縁起が悪いような気がする。それよりも、福岡とマフィーが怪我で交代したが、大丈夫だろうか。

朝日新聞の夕刊によれば、なんと各国の軍隊や自衛隊が組織するラグビーチームによるワールドカップが、日本で一足先に行われるそうだ。名付けて「国際防衛ラグビー協議会」。

www.mod.go.jp

期間は9月9日(月)~9月23日(月)で10か国で争う。日韓関係が悪いと言われつつも韓国軍も参加とのことで、わくわくする。

日本(自衛隊)の第1戦の相手はフランス軍パプアニューギニア軍の勝者だ。無料だというので行ってみようかと調べたら、なんと事前に応募しないといけないのだとか。習志野キャパシティーが小さいのだろうか。

ちなみに決勝は柏の葉でやるそうだ。自衛隊チーム、がんばれ!

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村