こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

基礎的な読解力や計算力の大切さについて。

◎2019年9月11日(水)晴れ。

f:id:kodairaponta:20190123193032j:plain

【ブログを訪問して下さっている皆さまへ】-10

最近、諸事情に時間を割かれ、なかなかまとまった勉強時間が取れません。「にほんブログ村」では「勉強している主婦」カテゴリーに登録しているのに、カテゴリー違いの話ばかり書いているじゃないかと思われそうですが、勉強(基礎学力レベル)を身につけたいという気持ちには変わりがないので、もう少し続けて見ようかと思います。

やっては忘れ、やっては忘れの毎日ですが、少しずつ知識が蓄積されているようにも感じます。しかし、やってみようと思いながらもしり込みしてしまうのが英語です。

英会話にはあまり関心がなく「英会話が必要になったらポケトークを買えばいいや」と思っているのですが、(実際、ポケトークの性能はとてもいいそうです)洋書を読む力に関しては「読めたらどんなにいいことだろうか」とどこかで思っています。洋書のレビューをあげているブログを見ると、うらやましくてうらやましくてたまりません。

 

〇昨年の今頃は、新井紀子著『AI vs 教科書が読めない子どもたち』を読んで、読解力を身につけることの大事さを改めて実感した。AIには読解力がない。人間がAIに勝てるのは読解力しかない。しかし今、子供たちの読解力は下がりつつある・・・という内容だった。

最近こんなブログを目にした。「教育ボランティアで出会った小4の子の話」(旧題:小4で人生が決まってしまう話)

ここまで極端ではないが、個別指導塾の講師をしている知人から、字が読めない子の話を聞いたことがある。その子は本や漫画は絵を見て楽しむのだそうだ。また、小学生にとって「分数の壁」はかなり高いらしい。分数の計算ができなければ、中学校に入ってからの数学はもはやついていけないだろう。

基礎的な読解力や計算力がないと、将来かなりのハンデを負うことになってしまう。たとえば病気になったとき、自分がどのような補助サービスが受けられるのか調べることもできないし、自分がどのような病気になってしまったのか見通しもつけられない。できる仕事も限られてくる。

何よりも厳しいのは、自分の現在立っている位置が全く俯瞰できないことだ。危機的な状況に陥ったとき、過去読んだ本からヒントを得たり、体系的に物事を考えたりとらえたりする力は基礎的な読解力や計算力と無縁ではないと思う。

厳しい状況に立たされている子どもはどれくらいいるのだろう。なにか落ち着かない気持ちになってくる。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村