こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

130個の英単語を2時間で覚える方法。/お茶会スタッフ

◎2019年5月22日(水)晴れ。

f:id:kodairaponta:20190525131219j:plain

『実践ビジネス英語』5月号が面白かったので、6月号も買った。ラジオ放送も録音して時間があるときにまとめて聞くことにした。とはいえ、私のような英語がもともと不得意な(むしろ大の苦手な)人間が漫然とラジオ講座を聞いていても仕方がないので、少々荒っぽい方法だが、テキスト巻末に載っている英単語をすべて覚えてからテキストに取り組むことにした。

参考にしたのは、林尚弘著『受験合格は暗記が10割』(幻冬舎に書かれていた方法だ。ここには100個の英単語を覚える具体的な方法が紹介されている。

 

1. ノートの真ん中に線をひく。右に覚えたい単語、左に日本語訳を書く。日本語訳は1単語につき1つだけ書く。欲張ってたくさん書かないこと。

2. 10個に分けて覚える。英単語を見て日本語訳が2秒以内に言えるまで繰り返す。10個が完璧になったら、次の10個に進む。

3. 50個覚えたら、1~50個まで覚えているかテストする。完璧になるまで繰り返す。

4. 次の50個に進む。手順は1~3と同じ。

5. 最後に総復習。1~100個を覚えているかテストする。完璧になるまで繰り返す。

 

キーワードは「完璧に」だ。地味な作業ではあるが、やるべき作業が具体的に提示してあってわかりやすい。とはいえ、やってみなければ役に立つかどうかわからないので、実際にやってみた。『実践ビジネス英語』のテキスト1月分に載っている単語は約130個くらい。これを一度に覚えられるのだろうか。

・・・これがなんと、私にもできた。書き出すのに時間がかかったので2時間くらい時間はかかるものの、130個すべて覚えることができた。50過ぎで英語オンチの私にもできるのだから、おそらく誰にでも通用する方法だと思われる。

単語を覚えてしまうと、全然テキストの理解度が違う。あとは継続できるかどうかだ。

ちなみに、この本には記憶のメンテナンスの方法も載っている。100個覚えたつもりの単語も3日後には60%忘れてしまうそうだ。だから忘れそうなタイミングのときに覚えなおすと記憶は強化される。ところが完全に忘れてしまってから復習しても全く効果はない。あくまで忘れかけのときに復習するのがポイントだ。この本は親切にも、何日目にどのくらいの範囲を復習すればいいか事細かに書いてある。

ただし、この本は薄いわりには1100円と少し高い。それほどギューッと情報が詰まっているわけでもない。だからオススメです!絶対買うべし!と言えないのがツラいところだ。興味のある方は本屋さんで手に取ってみてください。

 

◎2019年5月23日(木)晴れ。

実家の母がやっている月1度の手芸教室兼お茶会の手伝いスタッフとして一日を過ごす。力仕事と活動報告書作成が主な仕事だ。昨年始まったこの会もなんだかんだで続いている。参加者のみなさんが上品なのがうれしい。

 

◎2019年5月24日(金)晴れ。

明日夫の両親が上京してくるので部屋を掃除する。フローリングや家具を雑巾がけした時の気持ちよさといったらない。クイックルワイパーのウェットシートを使って掃除をしても、雑巾がけほどきれいにはならない。雑巾がけ最強だ。

買い物に出かけたら、修学旅行と思われる学生さんたちがたくさん歩いていた。あちらこちらで写真を撮ったりお店の中に興味深そうに入っていったり、楽しそうだ。引率の先生は大変そうだったけど。

東京ヤクルトスワローズは9連敗だ。うーん、まさか貧打で勝てなくなるとは思いもよらなかった。打者のみなさん、そろそろ目を覚ましてください。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村