こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

ギリギリで拾った勝ち点1。まだサッカーの神様に見放されてはいないぞ!/FC東京vs湘南ベルマーレ@味の素スタジアム

◎2019年11月23日(土)雨。寒い。

1999年11月21日。FC東京がJ2からJ1に昇格した日だ。J1に昇格できるのは2位、J2最終節で東京は3位で、2位の大分トリニータに勝ち点差1だった。

あの日は新潟で試合を生観戦していた。この試合でFC東京アルビレックス新潟に勝ち、最低限の結果は残した。あとは他力本願で天に祈るしかない。私たち東京サポはドキドキしながらスタジアムで大分vs山形の試合結果を待った。大分が引き分けもしくは負けなら昇格できる。この時はスマホなんてなかったから、容易に他会場の試合結果なんてわからなかった。じーっと観客席で待っていると、東京の選手たちがもろ手をあげてピッチに走り出てくるじゃないか。大分が山形に引き分けたのだ。まさかの土壇場の逆転劇だった。私たち東京サポは喜びのあまり選手たちのいるピッチに駆け寄った。あの時の喜びは忘れられない。(その後、土足でピッチに入ってしまったことで新潟側から苦情が出たそうだ。当然です。とても恥ずかしい。深く反省しています。)

あれから20年。首位攻防戦はひりひりするが、あの時の緊張感よりはマシだ・・・と思うようにしている。

アウェイ8連戦を終え、東京は味スタに帰ってきた。残り3試合。負けたら優勝争いから脱落する。絶対に負けられない。

飛田給の駅員さんもみんな東京ユニ。駅全体で盛り上げてくれていた。

f:id:kodairaponta:20191123230721j:plain

f:id:kodairaponta:20191123230744j:plain

 <FC東京:先発メンバー>

GK 林

DF 室屋 岡崎 森重 小川

MF 大森 髙萩 橋本 東

FW ディエゴ オリベイラ 永井

交代 61分 大森→三田

   68分 永井→田川

   79分 東→ユ インス

<試合結果>

FC東京1-1湘南ベルマーレ(得点:FC東京 90+4分森重/湘南ベルマーレ 36分松田)

<観戦メモ>

湘南は素晴らしかった。残留争い真っただ中にいるとは思えない戦いぶりだった。湘南のプレスが激しいため、東京はミスが続いてしまう。相手の動き出しがいいため、セカンドボールが拾えない。パスコースも限定するように走ってくるので永井やディエゴにボールが渡らない。イライラするような展開の中、前半36分、橋本のパスがインターセプトされ、そのままきれいに崩されてしまう。

「今日は選手たちの動きが固かった。久しぶりのホーム味スタで、やってやるぞ、という気持ちが若干空回りしてしまった感が否めない」という長谷川監督のことばがすべてを物語っている試合だった。

後半、田川やユ インスのスピード系選手を入れて湘南の最終ラインを押し下げようとしたが、湘南はちっとも下がらないし足も止まらない。東京の焦りはどんどん濃くなっていく。おそらく湘南も「勝った」と確信したことだろう。

それだけに、後半ロスタイムの森重のゴールはまさかのゴールだった。勝利を確信していた湘南の選手がピッチに倒れこむ。東京サポの私たちも信じられない思いだった。まだサッカーの神様からは見放されていないぞ!

マリノスが勝ったために、首位はマリノスに。勝ち点差1で2位が東京になった。

残り2試合。次節のホーム最終戦は、東京が大の苦手とする浦和レッズだ。しかし苦手とかなんとか言ってはいられない。浦和に勝てなければ優勝することはできない。次節は今日以上の緊張感に包まれた試合になるだろう。

勝つしかない。何がなんでも優勝したいんだ!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村