こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

前半があまりにもひどくてどうなることかと・・・勝てて良かった!/J1第1節 清水エスパルスvsFC東京@アイスタ

◎2020年2月23日(日)晴れ。

2020年J1リーグ第1節。開幕戦ということもあり、日本平はほぼ満員となった。

新型コロナウイルスの影響で、観客席はマスクをしている人が目立つ。ボールボーイもみんなマスクをしている。エスコートキッズがいないのも見慣れない光景だった。

東京は大卒ルーキーの中村帆高が初先発。左サイドバックで出場した。楽しみだ。

f:id:kodairaponta:20200224113255j:plain

f:id:kodairaponta:20200224113316j:plain

f:id:kodairaponta:20200224113339j:plain

FC東京:先発メンバー>

GK 林

DF 室屋 森重 渡辺 中村

MF 三田 髙萩 橋本

FW ディエゴ オリベイラ レアンドロ 田川

交代 55分 三田→アダイウトン

   61分 髙萩→アルトゥール シルバ

   81分 田川→紺野

<試合結果>

清水エスパルス1-3FC東京(得点:清水 47分 ティーラシン/東京 77分 ディエゴ オリベイラ 80分 アダイウトン 90+2分 レアンドロ

<観戦メモ>

現地は風が強かった。風の影響を考えたからか、キャプテンの渡辺がエンド変更を選択したため、東京が右に清水が左に攻めるような形でゲームがスタートする。東京は今年から採用した4-3-3。一方、清水の布陣も4-3-3。清水の方は顔ぶれも昨年とはほとんど変わっていて新しさを感じた。

前半の東京は何もかもが本当にうまくいかなかった。清水の攻守の切り替えが速すぎてセカンドボールがほとんど拾えない。清水にはたくさんシュートを打たれているのに、東京は前に球を運ぶことすらできない。CKもショートコーナーを何度も選択するがあまり可能性を感じないし、ボールホルダーはすぐに囲まれて球を奪われるし、森重はイライラしてつまらないプレーでイエローをもらうし、田川やタマ(三田)はどこにいるのかわからないしで、よく0-0で終わることができたなと思うような前半だった。気分的には5-0くらいで負けているような、何もいいところがなかった前半だった。

後半はいくらか修正できるかと思ったが、相変わらず悪いリズムは続く。そして後半の始まり早々、西澤→ゴール前中央にいたティーラシンにゴールを決められてしまう。失点は時間の問題だと思っていたから、あーあ、やっぱりなという感じだった。

ところが55分、アダイウトンがピッチに入ってからがらりと流れが変わる。たった一人でこんなに流れが変わるものか、おそるべしアダイウトン。いきなり室屋のフィードに反応して立田の裏を取ったプレーには痺れた。田川も裏に飛び出すいかにも田川らしいプレーが出てきた。こんな田川が見たかった。清水は少し疲れたのか、アダイウトンにかき回されて混乱したのか、少しずつミスが目立ち始める。

ディエゴ、レアンドロアダイウトンという強力ブラジル人トリオが暴れまわり、結局PK2本を含む3点を取ることができた。そして後半36分に入った紺野のプレーはいつ見てもわくわくする。周囲の清水サポから「なんなのあの子」と驚きの声があがったときはちょっと誇らしかった。結局1-3でJリーグ初戦を勝ち切ることができた。

清水は去年とは全く違うチームになっていた。中村慶太がタクトをふるっているイメージだ。後半30分あたりでゲットしたPKで追いつくことができなかったら、試合の流れはどうなっていたかわからない。前半ボコボコにされたときに、我慢して失点しなかったことが勝因かもしれない。

さて、次節は強い強い横浜Fマリノスだ。今年もまさかのアウェイ8連戦が待っているので、ホームは全勝したい。マリノスは今日負けてしまったので、必死になっているはずだ。正直怖いけど、頑張れ東京!

 

この日は富士山がきれいに見えた。2月23日は「富士山の日」だそうだ。

f:id:kodairaponta:20200224113358j:plain

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村