こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

基礎学力(高卒程度)を身につけたい。読書も旅もしたい。フットボールも見たい。

最近見た映画2本。プロ野球開幕。

◎2020年6月21日(日)晴れ。

▷最近、劇場で見た映画2本。

地獄の黙示録(Apocalypse Now/監督:フランシス・フォード・コッポラ

f:id:kodairaponta:20200621115712j:plain

『ゴッド・ファーザー』三部作が面白かったことに気を良くして、「題名だけは知っているけれど、見たことがない名作」を見に行った。「ベトナム戦争を描いている作品だけど、観念的で難解な映画らしい」という評判を聞いたことがあったので、途中で眠くなったらどうしようかと思いつつ。

アメリカ陸軍の諜報員ウィラード大尉が、上層部の命令でカーツ大佐を暗殺しに行く。理由は、カーツ大佐はカンボジアの奥地のジャングルで自分だけの王国を築いているという「危険人物」だから。ウィラード大尉は哨戒艇で数名の兵士たちとカーツ大佐の王国を目指す。

その旅路でいろいろな異様なできごとが起こる。そのすべてが幻想的。リアルさはほとんどない。リアルな描写だと思ってしまうと、こっちの方がおかしくなる。「主人公の狂った頭の中から見たベトナム戦争」が終始繰り広げられていると思った方がいいと思う。何もかもものすごく不気味だった。すべてのできごとが「みんながみんな狂ってる」感が出ていて、目が離せなかった。

というわけで、ものすごく面白かったのだが、カーツ大佐の「王国」のシーンが長すぎた。おそらくここが「地獄」だと言いたかったのかもしれないが、チープなお化け屋敷みたいで、おまけにこのシーンがあまりにも長くてとても疲れた。ここは、10分くらいで良かったんじゃなかろうか。ラストのみがイマイチ。

初めに公開されたときは、この王国を爆破するシーンで終わったらしい。しかし私が見た完全版ではこのシーンがカット。うーん。盛大に爆破してほしかったけどなあ。

 

ストーリー・オブ・マイ・ライフー私の若草物語ー(Little Women/監督:グレタ・ガーウィグ

f:id:kodairaponta:20200621122649j:plain

ものすごく面白かった!

今年見たなかで(あまり見ているわけじゃないけれど)間違いなくナンバーワンの映画だ。

寡聞にして、オルコット著『若草物語』に続編があることを知らなかった。あの有名な四人姉妹の『若草物語』と、彼女たちのその後の話が入れ子構造となって展開されていく。子供の頃に読んだ知っているシーンが出てくるととても懐かしく思えたし、その後の物語もそれぞれの感情がていねいに描かれていて、群像劇として楽しめた。

たとえば、「私は結婚しない!小説家として生計を立てていく」と決意するジョーの物語。でも、「この小説は面白くない」とちょっと気になる男友達に批評されたり、かつて自分に夢中になってくれた人が妹と結婚したりすると、「小説家として生計を立てていく」決意が揺らいでしまう。「なんだかわからないけれど、とても寂しいの」とジョーが泣きながら母親に告白するところが、かわいくて切なくてたまらない。

四人姉妹はたまに喧嘩したり嫉妬したりするのだけれど、様々な葛藤を乗り越えて、結局は互いの幸せを願っている。そこがとても清々しかった。

超おすすめ。見て損はない。

 

▷19日金曜日からプロ野球無観客試合で開幕。ヤクルトvs中日をBSで視聴する。

ヤクルトは前半打つべき人がみんな打って、ものすごくいい感じだったのに、逆転負けしてしまった。あの試合、絶対負けちゃいかんだろう。とほほ。

スマホが壊れてしまった。ないとやっぱり不便・・・なのかな?これから直しにいく。夜は久々にクルマを転がして、大好きな入浴施設の温泉に入りに行く予定。楽しみだ。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村